« 2014年1月5日 - 2014年1月11日 | トップページ | 2014年1月19日 - 2014年1月25日 »

2014.01.18

宮崎キャンプ

昨日、選手やスタッフが宮崎入り。27日までの恒例の宮崎キャンプは今回で6年連続6回目となります。

チームにとって、例年より長い1ヶ月近いオフでしたが、開幕まであと1ヶ月余り。

じっくり体を動かして厳しいトレーニングを経て、戦術的要素を積み重ねていってほしいです。

キャンプ初日、宮崎に到着
宮崎トレーニングキャンプ、スタート(いずれもレッズオフィシャル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.01.17

岐阜の本気度

昨シーズンJ2で21位と残留ギリギリだった「FC岐阜」。

一時は債務超過問題も絡み、チーム存続さえ危ぶまれていましたが、ここにきて地元出身の強力なスポンサーが現れたことで事態が一変する事になりました。

監督にラモス氏を招聘。そして選手の目玉は栃木から三都主、そして今日になって磐田からGK川口と元日本代表選手を複数獲得し、かなり積極的な補強を行っています。

近い将来のJ1昇格を目標に、まずチームとしての土台作り、そして新たなFC岐阜というクラブの魅力を発信すべく動き出しましたが、やはり結果も残していかないと難しいところ。

現場とフロント、そして支援する人たちが一体となれるかどうか、今シーズンの岐阜の動きは興味深いですね。

ラモス岐阜誕生、J1昇格へ無制限支援(25年12月6日付デイリースポーツ)
川口 能活選手、ジュビロ磐田より完全移籍加入のお知らせ
ラモス瑠偉氏との監督契約合意について(いずれもFC岐阜オフィシャル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.01.16

新加入

こちらも西川同様に以前から噂されていたFW李忠成選手の加入が決まりました。

直前に、サウサンプトンとの契約解除が報じられ、あとは時間の問題でしたが、今朝早々にオフィシャルにリリースされ、メディカルチェックの後正式に決まるようです。

昨シーズンは、興梠の加入で攻撃に幅が広がりましたが、逆に彼に相当な負担がかかっているのは事実。各クラブが浦和対策を施してくる中で李の起用がどれだけはまるのか注目したいですね。

李 忠成選手 完全移籍加入のお知らせ(レッズオフィシャル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.01.15

始動と退任

いよいよ今日から大原でトレーニングが始まり、チームが始動しました。

ミシャ体制での3年目。指揮官曰く、

『この2年間は敗戦やうまくいかないことから学び、成長してきたと思います。今年は3年目ですから、その成長し前進したチームを持って、学んできた結果を見せていきたいと思っています。』

と語りましたが、各クラブの浦和対策が進む中で、積み上げてきた力をさらに上積みできるのか。そういう意味では勝負の年と言っても過言ではないでしょう。とにもかくにも、大きな怪我がなくいい形で開幕をを迎えられればと思います。

そして5シーズンに渡り、クラブの代表を務めた橋本代表が退任する事になりました。

難しい時期での仕事でしたが、最後は2ステージ制への異議などサポーターの声を反映し、真摯に立ち向かう姿がとても印象的でした。今後もクラブに留まるという事ですが、ひとまずお疲れさまでした。

「3年目、学んできた結果を見せていきたい」ミシャ監督
役員人事について(いずれもレッズオフィシャル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.01.14

2014シーズン始動

本日、埼スタにて加入選手の会見などが行われ、いよいよ2014シーズンが動き出しました。それにあわせて新ユニフォームのお披露目や背番号の発表もありました。

注目は原口の「9」と直輝の「6」ですかね。それだけクラブからの期待というのもあろうかと思います。

新ユニも今年は1stが赤、2ndが白、そして3rdは黒の3パターン。個人的には3rdユニが興味ありますね。

2014シーズン トップパートナーについて
ユニフォーム2014モデル発表
2014シーズン、トップチーム選手背番号について
2014シーズン加入選手記者会見(いずれもレッズオフィシャル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.01.13

高校サッカー決勝

つくづく2-0というスコアは難しい・・・そう感じた決勝戦。

敗れた星稜高校が試合の主導権を握り、あと数分まで相手を追い詰めましたが最後まで及ばず、逆に富山第一は、絶体絶命の状況で87分に1点を返し、アディショナルタイムにPKで同点。さらに延長後半109分に逆転と、この日その瞬間を目撃した48,000人あまりの観客にとって劇的な逆転劇でした。

北陸隣県同士の決勝戦は、最後まで手に汗握る素晴らしい試合だったと思います。

第92回全国高等学校サッカー選手権大会 決勝戦(JFA)
富山第一(富山県) 3(延長)2 星稜(石川県)

Cimg4581 Cimg4583 Cimg4585

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.01.12

セレッソ女子

Jリーグ全体の動員が減っている中で、女子をひきつけるセレッソの手法は面白いですね。まあイケメンが揃っているっていうのは負けますが…(笑)

たしかに今思えば、最終節の埼スタはセレッソのレプリカユニを着た女性が多かったような気がしましたねー。

「セレッソ女子」満開 イケメンぞろい、ひたむきプレーで心つかむ(産経新聞)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年1月5日 - 2014年1月11日 | トップページ | 2014年1月19日 - 2014年1月25日 »