« 2014年6月22日 - 2014年6月28日 | トップページ | 2014年7月6日 - 2014年7月12日 »

2014.07.05

【山田暢久引退試合】

オフィシャルより

山田暢久引退試合 vs レッズ歴代選抜 Rest of the REDS
7月5日(土)、埼玉スタジアムにて行われました『山田暢久引退試合 NOBUHISA YAMADA TESTIMONIAL』の試合結果をお知らせいたします。
山田暢久引退試合 NOBUHISA YAMADA TESTIMONIAL
2014年7月5日(土) 17:04キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 5-6(前半1-4) レッズ歴代選抜 Rest of the REDS
得点者:11分 李 忠成、19分 ポンテ(レッズ歴代選抜)、26分 ワシントン(レッズ歴代選抜)、28分 山田暢久(レッズ歴代選抜)、45分 ワシントン(レッズ歴代選抜)、54分 池田伸康(レッズ歴代選抜)、62分 関根貴大、65分 矢島慎也、71分 山田樹生(レッズ歴代選抜)、77分 山田直輝、82分 山田暢久


「愛された証」

埼玉スタジアムに集った懐かしい面々。

彼等の体格や風貌こそ8年前から変わっていても、随所にみられるプレーは決して色褪せることなく、3万人以上の観客を魅了し、『華試合』と例えるにはもったいないぐらいの濃厚な90分間だった。

さらに粋な計らいもあり、親子で同じピッチに立てたことも、彼が“浦和”で愛された証だろう。そうでなければ、W杯の期間中ながらもあれだけのメンバーを集める事は難しかっただろう。

そしてレッズの選手達のこの日ばかりはヒール役に徹していたが、2種登録の選手や移籍してきたばかりのGK岩舘を起用するなど、今後を見据える上で、静岡キャンプの総仕上げを図ったように思えた。

山田暢久という記録以上に記憶に残る選手は、しばらくは現れないだろう。本当にお疲れさまでした。

Cimg7014 Cimg7030 Cimg7039

Cimg7054 Cimg7090

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.07.04

歴代選抜スタメン

まさに2006シーズンのスタメン。

8年前とはいえ、その雄姿が観られるとは・・・。

今から楽しみです。

レッズ歴代選抜 スターティングメンバー(予定)のお知らせ(レッズオフィシャル)
【レッズ歴代選抜 Rest of the REDS】
都築龍太、坪井慶介、田中マルクス闘莉王、ネネ、鈴木啓太、小野伸二、平川忠亮、ポンテ、山田暢久、田中達也、ワシントン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.07.03

背番号

いよいよ土曜日に迫った引退試合。

歴代選手達のの背番号がリリースされましたが、ほぼレッズ在籍時につけていた頃の番号の選手が多く、その分印象が深く刻まれているんだなぁ…と感じましたね。

山田暢久引退試合 レッズ歴代選抜選手 背番号決定のお知らせ(レッズオフィシャル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.07.02

違約金

このたび、柏からポルトガルのスポルティング・リスボンへの移籍が決まった田中順也選手のいわゆるリスボンから他チームへの移籍に係る違約金について、「6千万ユーロ(83億円)」と伝えられており、その反響が大きくなっているようです。

で、どういう設定でそのような金額になるのかはわかりませんが、それだけの期待なんでしょうと思いたいですけど、逆に不思議ですよね…(笑)

田中 順也選手が『スポルティング・リスボン』へ移籍 (柏オフィシャル)
違約金83億円、海外メディアが田中順也の契約に驚く「田中って誰?」(ゲキサカ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.07.01

映画

というわけで、先月公開された「We are REDS!THE MOVIE 開幕までの7日間」。先週、「ヒューマントラストシネマ渋谷」にて観てきました。

60分間という短い時間とはいえ、ぎっしり詰まった内容の中にも、笑いあり、そして心に響くものもあったり、そして考えさせられたりする場面もあったり・・・。

とにもかくにも、来年公開予定の「後編」もいろんな意味で楽しみです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年6月22日 - 2014年6月28日 | トップページ | 2014年7月6日 - 2014年7月12日 »