« 2014年5月11日 - 2014年5月17日 | トップページ | 2014年5月25日 - 2014年5月31日 »

2014.05.24

【ナビスコ杯予選第5節 新潟戦】

オフィシャルより

Jリーグヤマザキナビスコカップ vsアルビレックス新潟
5月24日(土)、デンカビッグスワンスタジアムにて行われました『2014Jリーグヤマザキナビスコカップ予選リーグ 第5節 vsアルビレックス新潟』の試合結果をお知らせいたします。
2014Jリーグヤマザキナビスコカップ 予選リーグ 第5節
2014年5月24日(土)14:01キックオフ・デンカビッグスワンスタジアム
アルビレックス新潟 0-1(前半0-0) 浦和レッズ
得点者:88分 オウンゴール
入場者数:15,965人
試合速報
Jリーグ


「走りきったゆえの賜物」

これまでのように、相手に枚数を合わされて難しい試合になるとは予想していたが、今日は相手の素早くかつ粘り強いチェックに、サイドも含めてなかなか押し上げられず、これまでとは違う我慢を強いられた。特に川又の後ろに控える田中達也の動きをなかなか捕まえられず、何度もチャンスを作られてしまった。

しかしフィニッシュの精度の助けられ無失点。特に終了間際には高い選手を揃えた相手に苦慮したが、何とかしのぎ切って、大きな勝点3を積み上げた。

得点シーンもなかなか前線にパスが繋ぎきれていない中での、相手のオウンゴール。新潟との試合はいつもタフな展開だが、これもお互い懸命に走りきったゆえの賜物だけに、運も味方につけたといっても過言ではないだろう。

この日の攻撃陣は李をトップに据え、シャドーの位置に興梠、柏木を配置。しかし相手のマークも厳しく、これといって目立つ成果はなかった。ただ、このような形で試したという事は、連戦を控えているという意味ではなく、その先を見据えた采配だったのだと思う。

Cimg6545 Cimg6556 Cimg6576

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.05.23

ナビスコ杯予選第5節 新潟戦プレビュー

アウェー:デンカビッグスワンスタジアム
キックオフ:14:00

【2014シーズン(リーグ戦)】
浦和:勝点29:9勝2分3敗<1位> 
新潟:勝点22:5勝7分2敗<7位>

【ナビスコカップ予選リーグ】
浦和:勝点6:2勝0分1敗<4位> 
新潟:勝点7:2勝1分1敗<3位>

【対新潟 リーグ戦(カップ戦)対戦成績(リーグJ2対戦含む)】
17勝4分3敗(2勝0分1敗)

【スタジアム成績(デンカビッグスワンスタジアム)】
7勝2分1敗(リーグ戦のみ)

【浦和予想スタメン】
GK:加藤
DF:森脇、那須、槙野
MF:宇賀神、阿部、青木、梅崎、原口、柏木
FW:興梠

【展望】
リーグ戦が中断し、戦いの舞台はナビスコカップに移る。予選リーグも折り返しを過ぎ、W杯前の最後の連戦が始まるが、最初のアウェー2連戦が予選リーグ突破のカギを握る。

新潟は2勝1分で予選リーグ首位だったが、水曜日は柏に完敗を喫し、その状況が安泰ではなくなった。明日はリーグ戦でも結果を残している川又や田中達也が先発起用される見込みで、ホームの利を生かしてクラブ初の決勝トーナメント進出へ向けて鼻息が荒い。

レッズはGK西川がW杯メンバー選出のため欠場以外は大きな変更点はない。その穴は加藤が務めることになる。また1週間空いたことで、主力をそのまま起用する可能性も高く、リーグ戦での好調を維持できるかどうかがポイントになるだろう。

敵将柳下監督は、これまでレッズとの対戦ではほぼマンマーク守備を徹底。おそらく明日も同じ形で臨んでくる事が予想されるが、焦れずに我慢するという術を身につけた選手達のアウェービッグスワンでの戦い方こそ、この試合を左右する注目すべきポイントだと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.05.20

J3参戦?

記事を読む限り、悪くはない話ですね。

どれだけのJ1クラブが前向きな意向を示しているかわかりませんが、今シーズンから発足した『J3』が、U-22選抜の参戦もある中で興業として成り立っているからこそ、こういう話が持ち上がったのかもしれません。

もちろん選手の確保、資金面の確保などクリアすべき問題も多々あろうかと思いますが、サテライトリーグが消滅してから、若い選手達はもはやトップチームのスパーリング化になっています。

有望な選手を獲得したい…だけど即戦力までに時間を要する…というような状況こそ、先行投資ではないですが、J3参戦への道も十分ある話だと思います。

J3にJ1「2軍」参加案=複数クラブが前向き(時事通信)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.05.19

横浜決戦

今日、JFAより第94回天皇杯の開催概要がリリースされました。

来年の年明け早々にアジアカップが行われるため、選手休養の観点から今年は日程が前倒しされ、決勝戦はリーグ最終節の翌週となる12月13日(土)に日産スタジアムでの開催となります。

ちなみにレッズの初戦(2回戦)は7月12日(土)。浦和駒場スタジアムで、岩手県代表と千葉県代表の勝った方と対戦する事になります。まだまだ都道府県予選が真っ最中ですが、おそらく岩手県は現在J3に参戦しているグルージャ盛岡。そして千葉県代表は浦安SCと柏レイソルU-18との決戦になります。

天皇杯大会要項等(JFA)
第64回岩手県サッカー選手権大会(岩手県サッカー協会)(※PDFファイル)
第19回千葉県サッカー選手権大会(千葉県サッカー協会)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014.05.18

W杯へ

ベトナムで行われてる女子アジア杯。1勝1分で迎えたGL最終戦はヨルダンとの対戦。

レッズレディースから選出された5人全員が先発起用という事で、W杯出場を掛けた一戦以上に期待が高まる試合になりました。

そして結果は7-0の圧勝。そのうち吉良が代表初得点の含む2ゴール。さらに猶本も前半はボランチ。後半は左サイドバックを務め勝利に貢献しました。

これで来年のW杯出場が決まりましたが、悲願のアジア制覇へ向けてはあと2試合。これからが本当の闘いになりそうです。


AFC女子アジアカップベトナム2014
ヨルダン0-7日本(スポーツナビ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年5月11日 - 2014年5月17日 | トップページ | 2014年5月25日 - 2014年5月31日 »