« 2014年5月4日 - 2014年5月10日 | トップページ | 2014年5月18日 - 2014年5月24日 »

2014.05.17

【第14節 C大阪戦】

オフィシャルより

Jリーグ vsセレッソ大阪
5月17日(土)、埼玉スタジアムにて行われました『2014Jリーグ DIVISION1 第14節 vsセレッソ大阪』の試合結果をお知らせいたします。
2014Jリーグ DIVISION1 第14節
2014年5月17日(土) 14:04キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 1-0(前半0-0) セレッソ大阪
得点者:77分 関根貴大
入場者数:54,350人
試合速報
Jリーグ


「KYな裏切り」

久々の5万人超え。

敵将自らが標榜するサッカーを捨ててまでも、ミシャサッカーに勝つべく5バックで対応してきたセレッソに対し、ひたすら我慢を強いる展開。むしろそういう対策を立てられる事は上位に立つゆえの宿命なのかもしれなかったが、レッズはこれまで通り焦れることなく自分達のやり方を貫いて勝点3を積み上げた。

守備への意識が格段に高くなる中で、得点へのアプローチが毎試合の課題だが、今日は途中出場の関根がプロ初ゴールを決め、その熱気が今シーズン8試合目のクリーンシートに繋がった。

これで5試合連続無失点というクラブ新記録を達成。そして鳥栖が引き分けたため、首位というこの上ない結果で中断期間を迎えることになった。さらにGK西川の活躍もあり、いい形で彼をブラジルへ送り出すことができた。

陽射しが厳しかったものの湿度の低い五月晴れの中、注目は柿谷や山口、南野さらにフォルランといった名だたるセレッソの選手達の活躍であったが、レッズはその空気を一切読まず、いい意味で見事に裏切ってくれた。それはここ埼スタが日本代表戦ではなく俺達の浦和レッズのホームだからという意地とプライドなのである。

Cimg6350 Cimg6373 Cimg6395

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.05.16

第14節 C大阪戦プレビュー

ホーム:埼玉スタジアム2○○2
キックオフ:14:00

【2014シーズン(リーグ戦)】
浦和:勝点26:8勝2分3敗<2位> 
C大阪:勝点16:4勝4分4敗<10位>

【対C大阪 リーグ戦(カップ戦)対戦成績】
12勝5分13敗(3勝2分1敗)

【浦和予想スタメン】
GK:西川
DF:森脇、那須、槙野
MF:宇賀神、阿部、青木、梅崎、原口、柏木
FW:興梠

【展望】
今節をもってリーグ戦は中断。1つの節目となる一戦であるが、迎えるのはW杯メンバーを要するセレッソ大阪。

ACLでは広州恒大の前にラウンド16で敗退。アウェーで勝ったものの第1戦ホーム長居での惨敗が結果的に尾を引いた。火曜日の第2戦はフォルランは帯同せず、柿谷や山口、南野らはベンチスタートで明日への影響を最小限にした。

選手層からしても昨シーズンの脅威がちらつくが、今シーズンは指揮官が変わりその勢いはなかなか見られない。ただ敵将はミシャに対しては並々ならぬ意欲を示している。

レッズはこれまで4試合連続完封と高い守備意識で連戦を乗り切り、勝点10を積み上げた。前節は興梠が久々に1トップを張りゴールを奪い、シャドーに入った柏木が1ゴール1アシストと好調を維持している。青木の起用の目途が立った以上、指揮官としてもいろんな意味で起用に悩むところであろうが、ここはあまりいじる必要はないかもしれない。

世間の注目はピンクに染まった選手達の動きであろうが、明日は自分達のホーム埼スタ。昨シーズン最終節のように相手の好きなようには絶対させたくない。それは指揮官しかり選手達が一番わかっていると思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.05.14

ACL ラウンド16第2戦

先週の第1戦に引き続き行われた第2戦。

13日はセレッソがアウェーで広州恒大と対戦。メンバーを大きく入れ替えて臨み、後半開始早々のオウンゴールを守りきり1-0で勝利したものの、やはり第1戦での4点差は大きく敗退。

翌14日は川崎、広島とこちらも共にアウェーでの対戦。

川崎は最低でも2点奪った上での勝利という厳しい条件だったが、早々の8分に元レッズのセルヒオに先制点を奪われ崖っぷちに。しかし小林が1点を返し後半アディショナルタイムに森島が奪い試合は逆転しトータルスコアで追いついた。しかしアウェーゴール数であと1点が足りず、敗退が決まりました。

広島は2点差のリードを保ってシドニーへ乗り込んだものの、相手の勢いになかなかゴールが奪えず、後半に小野の起点から2失点。こちらもトータルスコアで同点も第1戦で失った1失点が最後の決め手となり、豪州の地で旅路は終わりました。

これで日本勢4クラブはまたしても秋を待たずに敗退という屈辱的な結果に終わりました。年々日程調整や移動の配慮などJリーグやJFAの協力の下、ACLでの復権を目指していましたが、またしてもその夢は途絶えました。

試合に負けてはいなくても、レギュレーションの結果負けたのであれば同じ敗者。また仕切り直して来シーズンに期待したいですね。


【ラウンド16 第2戦】
広州恒大0-1C大阪(C大阪)(Jリーグ
FCソウル1-2川崎F(川崎F)(Jリーグ
ウェスタン・シドニー2-0広島(広島)(Jリーグ

Cimg6327 Cimg6330 Cimg6338

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.05.13

サポートメンバー

昨日発表された23人の他に、サポートメンバー7人が選出。

ケガ人など不測の事態が起こった時の要員としてですが、この中での実質的な主要メンバーといえば豊田と中村、細貝なんでしょうね。

2014FIFAワールドカップブラジル SAMURAI BLUE(日本代表)FIFA登録30名およびトレーニングパートナー(JFA)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.05.12

23人

およそ1ヶ月後となるブラジルW杯。ついに本大会に向けての23人が発表されました。

レッズからはGK西川が選出。もちろんレッズから…というのは嬉しいですが、彼自身広島時代から培ってきた結果が認められたのだと思うので、喜びもひとしおだと思います。

もちろん川島という正GKもいますが、状況によっては彼にも十分チャンスがあるかと思いますので、4年後も見据えて頑張ってほしいと思います。

そして「サプライズ」としては大久保や青山の選出もそうですが、その代わりの中村や細貝の落選でしょうか…。その背景には、長谷部や内田、さらに吉田などケガで離脱していた選手の状況やチームとしての指針というのもあったのでしょう。

兎にも角にも23人が決まりました。このメンバーでブラジルの乗り込むわけですから、前回の南アフリカ大会以上の成績を残してほしいですね。

2014FIFAワールドカップブラジル キリンチャレンジカップ2014 vsキプロス代表(5/27@埼玉) SAMURAI BLUE(日本代表)メンバー(JFA)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年5月4日 - 2014年5月10日 | トップページ | 2014年5月18日 - 2014年5月24日 »