« 2014年4月6日 - 2014年4月12日 | トップページ | 2014年4月20日 - 2014年4月26日 »

2014.04.19

【第8節 川崎戦】

オフィシャルより

Jリーグ vs川崎フロンターレ
4月19日(土)、埼玉スタジアムにて行われました『2014Jリーグ DIVISION1 第8節 vs川崎フロンターレ』の試合結果をお知らせいたします。
2014Jリーグ DIVISION1 第8節
2014年4月19日(土)17:04キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 1-0(前半0-0) 川崎フロンターレ
得点者:68分 宇賀神友弥
入場者数:35,239人
試合速報
Jリーグ


「充実感と活性化」

迫力ある攻撃陣に対して、決して引き込むことなく真っ向勝負で臨んだレッズ。久々となる川崎からのリーグ戦勝利は、とても価値のある勝点3だった。

スコアこそ1-0であったが、それ以上にお互いの持ち味が存分に発揮できた今シーズンのベストゲームといっても過言でないぐらい見応えと充実感を得た90分間。

常にボールポジェッション率が相手より上回るレッズにとって、この日川崎の方が上だったことは、それだけ押されていた時間が長かったという見方もあるが、逆にボールを持たせて攻め入る隙とタイミングを与えなかった見方もでき、自分達で試合をコントロールできたという証でもある。

槙野のアクシデントで後半開始から起用された濱田や、柏木から交代した青木しかり、最初はなかなか試合に入れなかった部分もあったが、最後はしっかりと勝利に貢献した。

次節以降はGWの連戦が始まるが、彼らバックアッパーの選手達の活躍こそ、チームとしての競争意識も働き厚みが出てきて、より活性化させるのだと強く感じた。

Cimg5868 Cimg5883 Cimg5906

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.04.18

第8節 川崎戦プレビュー

ホーム:埼玉スタジアム2○○2
キックオフ:17:00

【2014シーズン(リーグ戦)】
浦和:勝点13:4勝1分2敗<4位> 
川崎:勝点11:3勝2分2敗<7位>

【対川崎 リーグ戦(カップ戦)対戦成績】
7勝5分6敗(4勝0分3敗)

【浦和予想スタメン】
GK:西川
DF:森脇、那須、槙野
MF:宇賀神、阿部、柏木、梅崎、原口、興梠
FW:李

【展望】
ミッドウィークのカップ戦を経て、今シーズン初の中2日での試合に臨む。

相手は昨シーズン1勝3敗、特にリーグ戦では7失点と叩きのめされた川崎フロンターレ。チームとしての成熟度しかり、レッズに対するスカウティングしかり、とても大きな壁である。

ACLとの過密日程で厳しい闘いを強いられているものの、ここまで公式戦6試合を5勝1分と負けなし。調子が上がっており、3月の不調期を脱したように思える。

特に川崎の生命線はFW大久保とMF中村の縦のライン。そこに森谷や復帰間近のレナトさらにボランチの山本などが絡んでくると、その攻撃力はさらに威力を増す。昨シーズンは何度となくDFの裏を取られて餌食にされたゆえ、どこまで相手の攻撃に我慢できるかが勝負の分かれ目になるのかもしれない。

レッズは水曜日は控えメンバー主体で闘ったが、唯一柏木がシャドーの位置でフル出場。好調な中で明日への影響が懸念されるが、ボランチとして前線のトライアングルとの繋ぎ役を果たせるか期待したい。

攻撃的でありながらも、実は守備がしたたかな川崎との対戦。昨シーズンの借りが返せるか楽しみな90分間になりそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.04.16

【ナビスコ杯予選第3節 徳島戦】

オフィシャルより

Jリーグヤマザキナビスコカップ vs徳島ヴォルティス
4月16日(水)、埼玉スタジアムにて行われました『2014Jリーグヤマザキナビスコカップ予選リーグ 第3節 vs徳島ヴォルティス』の試合結果をお知らせいたします。
2014Jリーグヤマザキナビスコカップ 予選リーグ 第3節
2014年4月16日(水)19:30キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 4-3(前半1-1) 徳島ヴォルティス
得点者:19分 窪田 良(徳島)、32分 阪野豊史、50分 矢島慎也、61分 小暮 大器(徳島)、68分 ドウグラス(徳島)、85分 OWN GOAL、90+1分 濱田水輝
入場者数:16,294人
試合速報
Jリーグ


「3失点からの教訓」

2試合連続のアディショナルタイムでの決着で、終わってみれは合計7得点の乱打戦。3度の逆転劇が生まれ、傍から見ればスリリングな展開であったが、サポートする側にしてみたら落ち着かずやきもきした内容だった。

それもそのはず。控えメンバー主体のスタメンの中、失点シーンのいずれも1対1の対応のまずさから引き起こされたものであり、決して“してやられた”という感じはなかった。

リーグ戦を見据える中で結果的にフルタイムで柏木を起用し続け、槙野、李をベンチから出さざろう得ない展開になってしまった事は、反省すべき点であろうし、逆にそこまで追いつめた徳島の小林監督や選手達を称えるべきだと思う。

勝った事そのものは評価されても、やはり3失点という結果はチームとしての積み上げや底上げの材料には程遠い。それだけにこの教訓は生かされるのか。それは今後の連戦が続く中で、必要とされる選手達の意識に深く刻まなければならないだろう。

Cimg5819 Cimg5835 Cimg5853

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.04.15

ナビスコ杯予選第3節 徳島戦プレビュー

ホーム:埼玉スタジアム2○○2
キックオフ:19:30

【2014シーズン(リーグ戦)】
浦和:勝点13:4勝1分2敗<4位> 
徳島:勝点0:0勝0分7敗<18位>

【対徳島 リーグ戦(カップ戦)対戦成績】
対戦なし

【浦和予想スタメン】
GK:加藤
DF:坪井、永田、濱田
MF:関口、青木、鈴木、平川、柏木、山田
FW:阪野

【展望】
今週はミッドウィークを挟んだ連戦となり、明日はナビスコカップ第3節。徳島ヴォルティスを初めて埼玉スタジアムに迎える。

徳島は昨シーズンJ2リーグで4位。その後の昇格プレーオフを勝ち上がりJ1昇格を果たした。しかし主立った戦力補強は行わず、ここまで公式戦8連敗。総得点3、総失点25と窮地に追い込まれている。

第5節広島戦では相手同様に3-4-2-1システムではめ込んで揺さぶったものの、セットプレーから3失点を喫した。おそらく明日も敵将小林監督のスカウティングの下、同じような戦い方で臨んでくるだろうが、植え付けるべきチームコンセプトに依然としてチームの力がそこまで備わっていない印象が強い。

ただ戦力差ゆえ、割り切られて強固に守られてしまうと、それを打ち破るのに時間を要するかもしれない。攻略される前に先制点を奪い相手の戦意を削ぐことができるかがポイントになろうかと思うが、名古屋戦のように決して焦らずに自分達のやり方を貫けば、結果はついてくるだろうと思いたい。

明日はお互いに週末のリーグ戦を見据えて、メンバーを大幅に変えてくるかもしれない。レッズはケガ明けの永田。さらに成長著しい関根の起用も予想される。一方の徳島もレッズから移籍している小島や高崎の起用が予想される。

現在レッズは公式戦3連勝中でようやく調子が上がってきた。しかしそれは主力選手達が残した結果であり、カップ戦に起用される選手達にとってみれば、ここでこそ絶好のアピールチャンスになる。大宮戦では青木が鮮烈なレッズデビューを果たしたが、明日も印象に残る選手が現れる事を期待したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.04.13

豊田遠征あれこれ

では振り返りますー。

昨シーズンに引き続き、名古屋ファンの連れと観戦。ただ試合開始が早く、なおかつ翌日に用事があった事から、日帰りでの参戦となりました。ただそのままの往復ではつまらないと思い、いろいろ考えて行程をつくりました。

出発はいつもの新鎌ヶ谷駅。6:18発、北総線アクセス特急西馬込行きに乗車。
Cimg5541 Cimg5542 Cimg5543

6:22東松戸駅着。6:37発、武蔵野線しもうさ号大宮行きに乗り換え。
Cimg5548 Cimg5549 Cimg5550


続きを読む "豊田遠征あれこれ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年4月6日 - 2014年4月12日 | トップページ | 2014年4月20日 - 2014年4月26日 »