« プライオリティー | トップページ | 【第34節 名古屋戦】 »

2014.12.05

第34節 名古屋戦プレビュー

ホーム:埼玉スタジアム2○○2
キックオフ:15:30

【2014シーズン(リーグ戦)】
浦和:勝点62:18勝8分7敗<2位> 
名古屋:勝点45:12勝9分12敗<11位>

【対名古屋 リーグ戦(カップ戦)対戦成績】
17勝5分25敗(4勝0分4敗)

【今シーズン対戦】
J1第7節(4/12) 名古屋1-2浦和
名古屋】【浦和】【Jリーグ

【浦和予想スタメン】
GK:西川
DF:槙野、那須、森脇
MF:宇賀神、阿部、青木、平川、柏木、梅崎
FW:李

【展望】
師走に入り、いよいよJリーグ最終節。正直なところ、こういう複雑な心境で迎えるとは思いもしなかった。

前節、難攻不落のベアスタで、アディショナルタイムに痛恨の失点を喫し1-1のドロー。2試合とも目の前のシャーレに手をかすめることなく、首位の座をガンバ大阪に明け渡してしまった。

守備陣は、ここ2試合強力なFWを相手にしっかり対応し仕事をさせなかった。それだけに体幹の強い川又やスピードのある永井と両極端の特徴を持つFWを相手に封じることができるか。さらにボランチにはダニルソンというJ屈指のボランチが鎮座しているだけに、その穴を掻い潜るのは容易ではない。

攻撃面では李の1トップが機能しているとはやはり言い難い。彼自身のパフォーマンスは上がっているものの、そこに繋がるシャドーとの連係が不可欠である。

今は中央が行き詰ると、サイドチェンジを多用し、両サイドからの仕掛けこそが攻撃の起点となっているものの、有効打ではない。ここ2試合起用されている青木からの縦パスが繋がってきているだけに、もう1度ミシャサッカーの特徴である縦からの崩しに期待したい。

わずか2週間前は、優勝まであと1歩という状況であったが、足踏みどころか1分1敗とプレッシャーに押されたと言っても過言ではなく、ついに迎えるべきところまできた。

もちろん優勝はあきらめていない。鳥栖戦終了直後の選手達の姿はとても痛ましいものであったが、こればかりは自分達で犯してしまったものだから、己を奮い立たさなければならない限り、何も転がり込んでこない。

だからこそ他力本願であろうと、最後の90分間+αまで勝利だけを希求し闘ってほしい。そして笑顔で2014シーズンを締めくくりたい。

|

« プライオリティー | トップページ | 【第34節 名古屋戦】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/60764425

この記事へのトラックバック一覧です: 第34節 名古屋戦プレビュー:

« プライオリティー | トップページ | 【第34節 名古屋戦】 »