« 入れ替え戦 | トップページ | 【第32節 G大阪戦】 »

2014.11.21

第32節 G大阪戦プレビュー

ホーム:埼玉スタジアム2○○2
キックオフ:14:00

【2014シーズン(リーグ戦)】
浦和:勝点61:18勝7分6敗<1位> 
G大阪:勝点56:17勝5分9敗<2位>

【対G大阪 リーグ戦(カップ戦)対戦成績】
18勝8分19敗(6勝2分2敗)

【今シーズン対戦】
J1第1節(3/1) G大阪0-1浦和
G大阪】【浦和】【Jリーグ

【浦和予想スタメン】
GK:西川
DF:槙野、那須、森脇
MF:宇賀神、阿部、青木、平川、柏木、梅崎
FW:李

【展望】
ナビスコカップ、代表戦ウィークを経て3週間ぶりのJリーグ再開。

残り3試合という佳境の中、明日は2位ガンバ大阪をホームに迎え、今シーズン大一番の試合となる。

やはり傍から見れば、ガンバの勢いを強く感じるだろう。それもそのはず。リーグ戦後半を驚異的な成績を残し上位へと駆け上り、さらにナビスコカップを奪い、唯一3冠の可能性を秘めているだけに、その期待値たるや勢い以上の自信というオーラを放っている。

また相手の2トップ。パトリックや宇佐美に気を付けることはもちろんであるが、それ以上に攻撃の起点となる遠藤をどう封じるかが勝負のポイントになるだろう。

再び代表に復帰し、高いポテンシャルそして存在感をまざまざと見せつけられた。それこそガンバにとって大きなモチベーションになっているかと思う。

無論レッズもここまでしぶとく勝ち星を積み上げて首位をキープしてきた。しかしここ5試合は2勝2分1敗と勝ちきれない試合が続いている。

相手が引いてゴール前を固められると、アイディアが欠乏してしまいたちまち得点不足に陥ってしまう。さらに興梠の戦線離脱という非常事態下であったが、前節は途中出場の関根がゴールを奪い、再び調子を取り戻してきたように見える。しかしまだまだ貪欲さと奮起が必要だと感じる。


明日はこれ以上ない舞台が整った。しかし、あたかも決勝戦のような雰囲気を至る所で感じるが、気になるのはまだ3試合あるということ…。

こういう書き方は逆行するかもしれないが、相手は勝つしかないのだから、むしろ3試合で勝点4を奪えれば…というメンタル面での余裕を持たないと、逆襲を喰らう可能性も大いにある。だからこそこれまで積み上げてきた力を信じながらも、局面を見極めながら引き分けも視野に入れる事も必要で、それゆえまずは失点を喫さないことが大切だ。

まずは目の前の相手に集中する事。結果はそれからだ。

|

« 入れ替え戦 | トップページ | 【第32節 G大阪戦】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/60687953

この記事へのトラックバック一覧です: 第32節 G大阪戦プレビュー:

« 入れ替え戦 | トップページ | 【第32節 G大阪戦】 »