« ヒートアップJ2 | トップページ | 【第31節 横浜FM戦】 »

2014.11.02

第31節 横浜FM戦プレビュー

アウェー:日産スタジアム
キックオフ:17:00

【2014シーズン(リーグ戦)】
浦和:勝点58:17勝7分6敗<1位> 
横浜FM:勝点44:12勝8分10敗<10位>

【対横浜FM リーグ戦(カップ戦)対戦成績】
18勝4分25敗(6勝1分2敗)

【スタジアム成績(日産スタジアム)】
9勝1分6敗(リーグ戦のみ)

【今シーズン対戦】
J1第10節(4/29) 浦和1-0横浜FM
浦和】【横浜FM】【Jリーグ

【浦和予想スタメン】
GK:西川
DF:槙野、那須、森脇
MF:宇賀神、阿部、鈴木、平川、柏木、梅崎
FW:李

【展望】
佳境を迎えるリーグ戦。今節は分散開催でレッズ戦のみ明日の開催となる。

レッズは興梠が骨折で離脱。今シーズン最大の危機を迎えているが、嘆いている暇はなく、同じポジションには李を据えて臨むことになる。

彼は決して興梠のようなタイプではない事から、これまでのやり方は踏襲しつつも、どうやって生かしながらゴールを狙うかがポイントになる。それはシャドーを務めるであろう柏木や梅崎、さらにマルシオに懸かっている。

横浜はすでに優勝やACL圏内、さらに降格圏も関係なく、言うなればモチベーションへの材料は少ない。しかし唯一のJ1単独開催。さらに決して相性の悪くない首位を相手に多くの観客を呼ぶ事で奮起し、そう簡単には勝点は与えてくれないだろう。やはり昨シーズンもやられた中村俊輔には十分気をつけたい。

ここ数試合は自らで難しい試合にしてしまっている。ただそれでも前を向き、立ちはだかる壁を乗り越えない限りタイトルは掴めない。単独開催ゆえ受けるプレッシャーは大きいだろうが、これまで苦しみながらも積み上げた勝点1を生かすためにも、明日の勝点3は必須だということだ。

|

« ヒートアップJ2 | トップページ | 【第31節 横浜FM戦】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/60586992

この記事へのトラックバック一覧です: 第31節 横浜FM戦プレビュー:

« ヒートアップJ2 | トップページ | 【第31節 横浜FM戦】 »