« ACL改編? | トップページ | 【第18節 神戸戦】 »

2014.08.01

第18節 神戸戦プレビュー

ホーム:埼玉スタジアム2○○2
キックオフ:19:00

【2014シーズン(リーグ戦)】
浦和:勝点36:11勝3分3敗<1位> 
神戸:勝点25:6勝7分4敗<6位>

【対神戸 リーグ戦(カップ戦)対戦成績】
15勝3分11敗(5勝0分2敗)

【今シーズン対戦】
J第5節(3/29) 神戸3-1浦和
神戸><浦和><Jリーグ

【浦和予想スタメン】
GK:西川
DF:槙野、那須、森脇
MF:宇賀神、阿部、青木、平川、梅崎、柏木、
FW:興梠

【展望】
8月に入りリーグ戦も後半戦突入。気力体力ともに真夏の正念場を迎える。

神戸は前節、ホームでガンバとの阪神ダービーで1-5の完敗。今節背水の陣で臨むも、攻撃のキーマンで前回対戦では2点を奪われたペドロ・ジュニオールとチョンウヨンが累積警告による出場停止。要となる選手を欠き厳しい状況で埼スタへ乗りこんでくる。

しかしFWマルキーニョスの脅威は変わらず、その能力の高さゆえ彼を封じることが1つのポイントになろうかと思う。またレッズからジェフを経て移籍した高橋峻希はチームに欠かせない存在として成長。その雄姿を久々に埼スタで見ることになるがどうなるだろうか…。

レッズは前節は鹿島と1-1のドロー。決め手に欠く中での相手の猛攻にGK西川の好セーブが光った。指揮官は試合が続く中でシャドーやサイドの選手を入れ替えて2勝1分で凌ぎ切った。特に関根がリーグ戦初先発を果たすなど、ターンオーバーでの起用ではあるものの、貴重な戦力として計算が立てやすくなった。

3月のアウェーでの対戦時には3失点を喫し、今の攻守を支える上でターニングポイントとなった試合。相手の厳しいプレシャーにボールロストを繰り返し、カウンターを浴び失点を重ねてしまった。もちろん相性が悪いノエスタという環境もあるが、その不甲斐ない試合を経験してこそ今の最少失点のレッズがあると思っている。

4ヶ月後のリターンマッチは悔しさを歓喜に変えられるか、選手達の奮闘に期待したい。

|

« ACL改編? | トップページ | 【第18節 神戸戦】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/60077641

この記事へのトラックバック一覧です: 第18節 神戸戦プレビュー:

« ACL改編? | トップページ | 【第18節 神戸戦】 »