« 第21節 FC東京戦レビュー | トップページ | 【第22節 大宮戦】 »

2014.08.23

【第21節 FC東京戦】

オフィシャルより

Jリーグ vsFC東京

23日(土)、味の素スタジアムにて行われました『2014Jリーグ DIVISION1 第21節 vsFC東京』の試合結果をお知らせいたします。
2014Jリーグ DIVISION1 第21節
2014年8月23日(土)18:34キックオフ・味の素スタジアム
FC東京 4-4(前半3-2) 浦和レッズ
得点者:6分 梅崎 司、9分 高橋秀人(FC東京)、15分 武藤嘉紀(FC東京)、23分 河野広貴(FC東京)、43分 興梠慎三、60分 平川忠亮、64分 武藤嘉紀(FC東京)、80分 李 忠成
入場者数:32,759人
試合速報
Jリーグ


「「イラつき」の意味」

J1最少失点を誇る浦和とFC東京との対戦。お互いの守備網をかいくぐるべく、1点を争う好ゲームを予想したが、終わってみれば4-4の打ち合いという結末。

これまで同様に先制点を奪うところまでは良かったが、わずか3分後にCKから失点。そこから相手の強烈なプレシャーと焦りからあっという間に3点を奪われ窮地に陥った。

興梠のPKで何とか1点差で前半を折り返すと、後半は相手の脚が止まってきたのもそうだが、レッズの猛チャージから同点。そして再び武藤のゴールで勝ち越しを許すも、李のPKで追いつき何とか勝点1を奪った。

その猛チャージの立役者となったのが、興梠と柏木の2人だろう。柏木は言うまでもないが、特に興梠は前線の選手ながら、後方に下がり抜群のキープ力でボールを捌き、柏木と共に自ら起点となって攻撃を組み立て得点に結びつけた。

「みんなにイラついていた」という彼のコメントこそ今のレッズの状態を表している。先制してもすぐに追いつかれるのは、やはりFWの選手としてはしんどいだろう。しかも簡単なミスからであればなおさらだ。

しかしその言葉の裏を返せばアウェーという状況下。さらに2度のビハインドを追いついたということは、長いシーズンの中で最低限の結果として評価していいと思う。

大事なのは同じミスを繰り返さないこと。修正しても再び狙われてしまうという事は、実は何も変わっていないという事だろう。

Cimg7858 Cimg7861 Cimg7873

|

« 第21節 FC東京戦レビュー | トップページ | 【第22節 大宮戦】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/60197374

この記事へのトラックバック一覧です: 【第21節 FC東京戦】:

« 第21節 FC東京戦レビュー | トップページ | 【第22節 大宮戦】 »