« ACL ラウンド16第1戦 | トップページ | 【第13節 大宮戦】 »

2014.05.09

第13節 大宮戦プレビュー

アウェー:NACK5スタジアム大宮
キックオフ:16:00

【2014シーズン(リーグ戦)】
浦和:勝点23:7勝2分3敗<2位> 
大宮:勝点12:3勝3分6敗<16位>

【対大宮 リーグ戦(カップ戦)対戦成績(リーグJ2対戦含む)】
9勝5分8敗(6勝0分0敗)

【スタジアム成績(NACK5スタジアム大宮)(J2含む)】
15勝1分7敗(リーグ戦のみ)

【浦和予想スタメン】
GK:西川
DF:森脇、那須、槙野
MF:宇賀神、阿部、柏木、平川、原口、興梠
FW:李

【展望】
GWの連戦もいよいよ大詰め。その最後は「さいたまダービー」というこの上ない舞台が用意された。

選手達の蓄積疲労が気になるところであるが、なんとかやりくりをして大きなケガ人を出すことなくここまできた。

前節甲府戦はスコアレスドロー。ミラーゲームかつ明確な守備意識の前に決定的チャンスも少なかった。おそらく明日も敵将大熊監督の下、他チームの浦和対策と同じようなやり方で攻撃を封じてくるだろう。

しかしレッズは3試合連続無失点が続く中で、守備意識は格段に向上しており、アウェーでの戦いを考慮するならば、これまでと同様に1点を争う試合になろうかと思われる。

一方の大宮は前節FC東京戦で久々の勝利。システムを変えてくる中でようやくチームとしての形が見え始めたところ。しかし攻撃の軸となるFWズラタンが負傷。そうとなると好調な家長を封じることがが、相手の生命線を閉ざすポイントになるのではないか。

「ダービーマッチ」こそ特別な一戦。昨シーズンは1勝1敗であっても、アウェーナクスタでは3年間勝利がなく苦汁をなめ続けている。

明日こそは勝利の女神が微笑んでくれるのか・・・。それは独特なスタジアムの雰囲気もそうだが、ここまで常に課題として突きつけられているミラーゲームへの対策。これらのモヤモヤを打ち破ってこそ、初めて結果と歓喜がついてくるものだと思う。

|

« ACL ラウンド16第1戦 | トップページ | 【第13節 大宮戦】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/59614991

この記事へのトラックバック一覧です: 第13節 大宮戦プレビュー:

« ACL ラウンド16第1戦 | トップページ | 【第13節 大宮戦】 »