« 第13節 大宮戦プレビュー | トップページ | 23人 »

2014.05.10

【第13節 大宮戦】

オフィシャルより

Jリーグ vs大宮アルディージャ
5月10日(土)、NACK5スタジアム大宮にて行われました『2014Jリーグ DIVISION1 第13節 vs大宮アルディージャ』の試合結果をお知らせいたします。
2014Jリーグ DIVISION1 第13節
2014年5月10日(土) 16:04キックオフ・NACK5スタジアム大宮
大宮アルディージャ 0-2(前半0-1) 浦和レッズ
得点者:29分 興梠慎三、68分 柏木陽介
入場者数:13,348人
試合速報
Jリーグ


「氷川の杜で魅せた自信と誇り」

お互いの順位も戦力も関係ない特別な一戦。アウェーであるがゆえ厳しい闘いが予想されたが、いざ始まってみると、昨年苦しめられた厳しいマンマークはなく、ただスペースを埋めるだけというある意味緩い大宮の守備網。前節甲府の堅牢な守備をこじ開けられられなかったレッズにとっていささか拍子抜けの感があったかもしれない。

そうなると得点は時間の問題。2得点の起点はいずれも柏木が相手ボールをカットしてからだった。

先制点は浮き球のパスが興梠に繋がり反転して放ったシュートが決まった。そして2点目はボールを奪った柏木自身がドリブルで攻め込み、柔らかく放たれたシュートがGK江角の指先をかすめてゴールに突き刺さった。

いずれも相手への厳しいチェックから生まれたもの。これも昨シーズン身をもって痛感し守備の約束事をしっかり決めて選手達が実践して形に現れた結果であり、それに加えGK西川の貢献度も大きく、そのような守備に対しての強固な自信と誇りが4試合360分間無失点やJ1最少失点(9失点)という記録に繋がっているのだと思う。

さらにこの日古巣相手にフル出場した青木や、クローザーとして最後に起用された濱田の今後の目途が立った事が大きい。これまで選手固定に頼らざろう得ない部分もあったが、彼らの起用で戦術にも幅が広がり、より高い競争意識が繰り広げられるようになる事は先々を考える上でとても大きい。

これでGW5連戦は3勝1分1敗の勝点10と上々の出来。とかく疲労がピークだったであろう連戦の最後で大宮相手に氷川の杜で勝点3を積み上げられたのは、この上ない喜びだった。

Cimg6283 Cimg6291 Cimg6314

|

« 第13節 大宮戦プレビュー | トップページ | 23人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/59618512

この記事へのトラックバック一覧です: 【第13節 大宮戦】:

« 第13節 大宮戦プレビュー | トップページ | 23人 »