« 甲府遠征あれこれ | トップページ | 【ナビスコ杯予選第7節 名古屋戦】 »

2014.05.31

ナビスコカップ予選第7節 名古屋戦プレビュー

ホーム:埼玉スタジアム2○○2
キックオフ:15:00

【2014シーズン(リーグ戦)】
浦和:勝点29:9勝2分3敗<1位> 
名古屋:勝点16:5勝1分8敗<15位>

【ナビスコカップ予選リーグ】
浦和:勝点12:4勝0分1敗<1位> 
名古屋:勝点10:3勝1分1敗<3位>

【対名古屋 リーグ戦(カップ戦)対戦成績】
17勝5分25敗(3勝0分4敗)

【浦和予想スタメン】
GK:加藤
DF:森脇、那須、永田
MF:関口、阿部、青木、平川、柏木、原口
FW:李

【展望】
3日前に行われた甲府戦では、相手に主導権を握られながらも、那須、梅崎のゴールで2-1で勝ち越し予選リーグ突破を果たした。

タイトルへ向けての重責が解放されつつも、明日は原口が浦和レッズの最後の試合という事でいろんな意味で重要な試合となる。もしかしたら彼に与えられる時間は短いかもしれないが、指揮官が起用すると明言した以上、最後の有志を目に焼き付けたいところである。

一方の名古屋は現在予選リーグ3位ではあるが、明日勝てば自力で予選リーグ突破が決まるという相手にとっても絶対に落とせない一戦だろう。しかし闘莉王は累積警告での出場停止。さらに中村直志がケガと特に守備陣に離脱者が多く、レッズとしては手薄な網をかいくぐれるかがポイントになる。特に原口が抜けるシャドーとトップとのトライアングルが今度どう作用するかも注目になる。

正直勝負へのモチベーションは名古屋の方が上だろう。しかしレッズは原口を気持ちよく送り出したいゆえ、この試合に懸ける想いそのものは強いはずだ。それだけに気持ちだけが空回りしてしまうのは危険だ。

決して明日は華試合ではない。最後まで結果にこだわって勝点3を奪い、ベルリンへ旅立つ彼への手土産にしてほしい。

|

« 甲府遠征あれこれ | トップページ | 【ナビスコ杯予選第7節 名古屋戦】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/59738602

この記事へのトラックバック一覧です: ナビスコカップ予選第7節 名古屋戦プレビュー:

« 甲府遠征あれこれ | トップページ | 【ナビスコ杯予選第7節 名古屋戦】 »