« 【第10節 横浜FM戦】 | トップページ | 【第11節 FC東京戦】 »

2014.05.02

第11節 FC東京戦プレビュー

ホーム:埼玉スタジアム2○○2
キックオフ:16:00

【2014シーズン(リーグ戦)】
浦和:勝点19:6勝1分3敗<4位> 
FC東京:勝点14:4勝2分4敗<10位>

【対FC東京 リーグ戦(カップ戦)対戦成績】
12勝5分7敗(2勝2分1敗)

【浦和予想スタメン】
GK:西川
DF:森脇、那須、永田
MF:宇賀神、阿部、柏木、梅崎、原口、興梠
FW:李

【展望】
チームマネジメントが問われる連戦の3試合目。

選手達の疲労の色が濃い中で興梠の調子が気になるところ。彼のキープ力はチーム随一であるが、ポジション的にも起点として狙われているゆえ、続けて起用されるか注目される。

一方の守備陣は前節は那須、永田を同時起用し、阿部をカバー役に据えて4バック気味に対応していたが、キーマンとなる中村をマンマークで封じ、リーグ戦5試合目の完封を果たした。

一方の東京は今シーズンからイタリア人監督となるフィッカデンティ氏が就任。戦況に応じてシステムや変える戦い方で着実に勝点を積み上げており、観る側にしてみたら、攻守の切り替えがはっきりしており、その点ではFC東京らしいサッカーと言っても過言ではないと思う。

その中で浦和対策としてボランチの高橋秀人の動きが気になるところ。おそらく守備時には彼も最終ラインに入り、レッズの攻撃5枚に対して同数で対応してくるものと思われる。

相手にはレッズに強い平山や渡邉が控えており、1つのミスが一気に失点に繋がってしまう可能性もある。明日もどれだけ我慢し辛抱し続けられるかがポイントになるだろう。そして前節のようにセットプレーこそ勝負の分かれ目になるかもしれない。

明日も今日と同様に夏日の予想。選手達の体力消耗も気になるが、それは相手も同じ条件。ホームアドバンテージを生かして勝点を積み上げてほしい。

|

« 【第10節 横浜FM戦】 | トップページ | 【第11節 FC東京戦】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/59572565

この記事へのトラックバック一覧です: 第11節 FC東京戦プレビュー:

« 【第10節 横浜FM戦】 | トップページ | 【第11節 FC東京戦】 »