« ACL GL第6節2日目 | トップページ | 【第9節 柏戦】 »

2014.04.25

第9節 柏戦プレビュー

アウェー:日立柏サッカー場
キックオフ:13:00

【2014シーズン(リーグ戦)】
浦和:勝点16:5勝1分2敗<3位> 
柏:勝点11:2勝5分1敗<10位>

【対柏 リーグ戦(カップ戦)対戦成績】
17勝6分11敗(1勝0分4敗)

【スタジアム成績(日立柏サッカー場)】
3勝0分1敗(リーグ戦のみ)

【浦和予想スタメン】
GK:西川
DF:森脇、那須、濱田
MF:宇賀神、阿部、柏木、梅崎、原口、興梠
FW:李

【展望】
明日から15日間で5試合という、W杯前となる前半戦の山場と言っても過言ではないGWの連戦が始まる。その皮切りとなるのが日立台でのアウェー柏戦。

すでに1ヶ月前にナビスコカップで対戦。この時は梅崎のゴールで先制するも、PKとCKで逆転。槙野の退場もあり手痛い1敗を喫した。

ミシャが就任以降、レッズとの対戦時は敵将ネルシーニョ監督は同じ3-4-2-1システムにし、1対1の個々での勝負に持ち込んでいる。昨年のナビスコ決勝でも最少スコアだったものの、レッズはポジションでの局面でごとごとく敗れ、決勝点を工藤に叩き込まれた。

今シーズンは以前ガンバ大阪で活躍したレアンドロ、さらに湘南から高山を補強。レアンドロドミンゲスと共にJ屈指の攻撃陣を誇っていたが、ここにきて両外国人が素行不良や怪我で相次いで離脱。チームも公式戦11試合中7分けと勝ちきれない日々が続くものの、負け数はわずか1敗で決して悪いイメージはないはずだ。

レッズは槙野が川崎戦での肉離れの影響で離脱。おそらく濱田がその任を務めるだろう。そして何よりも1度日立台での試合経験があるというのはメンタルの面でも大きいのではないか。あの雰囲気は、埼スタでもカシマでも感じ得ない独特の緊張感を持っているスタジアムであり、戦術も大事だがそこでのメンタルイメージの共有も必要になってくるだろう。

ここまで公式戦5連勝と波に乗ってきているが、やはり油断は禁物。選手達の蓄積疲労にも配慮しながらという難しい采配を強いられるが、まずは連戦の初戦をしっかりモノにしてほしい。

|

« ACL GL第6節2日目 | トップページ | 【第9節 柏戦】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/59530353

この記事へのトラックバック一覧です: 第9節 柏戦プレビュー:

« ACL GL第6節2日目 | トップページ | 【第9節 柏戦】 »