« 第7節 名古屋戦プレビュー | トップページ | 豊田遠征あれこれ »

2014.04.12

【第7節 名古屋戦】

オフィシャルより

Jリーグ vs名古屋グランパス
4月12日(土)、豊田スタジアムにて行われました『2014Jリーグ DIVISION1 第7節 vs名古屋グランパス』の試合結果をお知らせいたします。
2014Jリーグ DIVISION1 第7節
2014年4月12日(土) 15:04キックオフ・豊田スタジアム
名古屋グランパス 1-2(前半1-0) 浦和レッズ
得点者:10分 永井謙佑(名古屋)、64分 原口元気、90+5分 興梠慎三
入場者数:19,505人
試合速報
Jリーグ


「ラストチャンス」

時間もほぼ使い果たしたCK。梅崎の放ったボールをケネディがクリア。それを拾った那須のシュートは興梠に触れて軌道が変わり、まるで吸い込まれるようにゴールに収まり逆転。豊スタで5年振りとなる勝点3を奪った。

開始わずか10分で連係ミスから失点。しかし早い時間だった事もあり、慌てることなく両サイドバックの裏を徹底的に衝くも、中央を固める相手に手を焼いた。

しかしその壁を打ち破り風穴を開けたのが名古屋キラー原口。プロ初出場、さらにプロ初ゴールとなったこの豊スタの地で得意のドリブルから相手を交わし、一気にゴールに結びつけた。ただそこまでに至るチームとしてのパスの繋ぎは絶妙で、いわばゴールは必然的なものだったのかもしれない。そして永井の退場以降、数的優位の状況の中で攻め疲れの感もあったが、あきらめない姿勢がラストチャンスに繋がった。

昨シーズンもそういうような試合をモノにしてきただけに、サッカーは最後の最後までわからない。それをいい意味で痛感した試合だったし、その成功体験を積み上げてこそ次に繋がるのだと思う。

Cimg5719 Cimg5735 Cimg5741

|

« 第7節 名古屋戦プレビュー | トップページ | 豊田遠征あれこれ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/59456322

この記事へのトラックバック一覧です: 【第7節 名古屋戦】:

« 第7節 名古屋戦プレビュー | トップページ | 豊田遠征あれこれ »