« 第1節 G大阪戦プレビュー | トップページ | 万博遠征あれこれ »

2014.03.01

【第1節 G大阪戦】

オフィシャルより

Jリーグ vsガンバ大阪
3月1日(土)、万博記念公園陸上競技場にて行われました『2014Jリーグ DIVISION1 第1節 vsガンバ大阪』の試合結果をお知らせいたします。
2014JリーグDIVISION1第1節
2014年3月1日(土) 19:04キックオフ・万博記念公園陸上競技場
ガンバ大阪 0-1(前半0-1) 浦和レッズ
得点者:43分 槙野智章
入場者数:18,438人
試合速報
Jリーグ


「静かなるウノゼロ」

開幕戦の華々しさには少し寂しい小雨模様となった2年ぶりの万博。

しかしレッズは前半終了間際で奪ったゴールをしっかり守りきり、完封勝利で2014シーズンのスタート。昨年10月27日以来のリーグ戦勝利となり、久々に歌う凱歌は感慨深かった。

特に目を引いたのは前線からの守備。昨シーズン終盤に崩れたのは守備の連動が曖昧になったという見方もあっただけに、この日はシャドーに配置された原口や梅崎、さらに途中出場の李も絶妙な距離感で相手のボールホルダーにアタックをかけていた。

もちろん守備ばかりの重きをおいていたわけではなく、攻撃も決定機こそ少なかったものの放ったシュート数は15本。その中でセットプレーをものにし貴重な先制点を奪った。

相手の攻撃の軸となる宇佐美が怪我で離脱。さらにチームの心臓ともいえる遠藤が本調子ではないというエクスキューズもあったが、まずは目の前のタスクを忠実にこなすことができたのは大きい。

また75分に那須の負傷によって投入された永田も緊迫した状況で任務をこなし、81分に3枚目のカードとして投入された啓太も、相手に押される時間帯の中、ボールの出所をしっかり押さえ試合をクローズさせた。

同じ大阪の地でも長居のように華やかなものではなかったが、過去に激闘を繰り返したガンバを相手にウノゼロで制したことは、勝点3以上の価値があったと思う。

Cimg4814 Cimg4823 Cimg4851

|

« 第1節 G大阪戦プレビュー | トップページ | 万博遠征あれこれ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/59220100

この記事へのトラックバック一覧です: 【第1節 G大阪戦】:

« 第1節 G大阪戦プレビュー | トップページ | 万博遠征あれこれ »