« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014.01.31

日程発表

本日、Jリーグより詳細な日程がリリースされました。

レッズ絡みでは、5月6日の第12節アウェー甲府戦が、国立競技場ラストマッチとなります。そしてアウェー柏戦はカップ戦、リーグ戦共に2004年以来となる日立台での開催。さらにシーズン最後のアウェーは3年連続で鳥栖との対戦となります。

日程が発表されると、スケジュールがどんどん埋まってきて、もうすぐシーズンが始まるんだなぁって実感しますねー。

2014Jリーグ J1リーグ戦、ヤマザキナビスコカップ、J2リーグ戦 日程発表(Jリーグオフィシャル)
2014 明治安田生命 J3リーグ日程発表(J3リーグオフィシャル)
2014シーズン 試合日程(レッズオフィシャル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.01.30

明治安田生命J3リーグ

昨日、Jリーグより今シーズン新たに発足する「J3リーグ」の概要がリリースされました。

タイトルパートナーに「明治安田生命」迎え『明治安田生命J3リーグ』と銘打って、11クラブと“Jリーグ・Uー22選抜”を加えた12チームでの3回戦制で行われます。

ベンチ入るメンバーは、スタメンとリザーブ含めて16名ですが、交代は5名以内とJ1、J2リーグに比べ若干異なる部分があります。

スカパーでもハイライト番組を放送するという事で、契約している身としては幅広くみられるチャンスがあるので楽しみですね。

2014明治安田生命J3リーグオフィシャルサイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.01.29

引退会見

今日は、引退を発表した山田暢久選手の引退会見が行われました。

引退を決断したのはつい最近という事で、やはり他のクラブからのオファーもあったようでかなり迷っていたようですが、会見の写真をみると、スッキリとした表情が印象的ですね。

第二の人生のスタートとして、まずはクラブスタッフとして強化部に籍を置くという事なので、今後は別な形からチームに貢献してほしいですし、最終的には指導者を目指すようなので、いろんな視点からサッカーを観てほしいですね。

山田暢久 現役引退会見」(レッズオフィシャル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

離脱

昨シーズン終盤から離脱していたマルシオですが、母国ブラジルへ帰国し手術を受けたとの事。

全治6カ月とリハビリ期間も含めれば、今シーズン中の復帰は難しいかもしれませんね。

苦しい場面でもボールを収められる貴重なプレーヤーの離脱はとても大きいですが、焦らずじっくりと治療とリハビリに励んでほしいと思います。

マルシオ リシャルデス選手について」(レッズオフィシャル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.01.28

二次キャンプ

クラブより、鹿児島県指宿市で行われる二次キャンプの詳細についてリリースがありました。

期間は来月6日(木)から16日(日)までの11日間。トレーニングマッチも3試合予定されているようです。

対戦カードをみると、FCソウルやV長崎といずれも元レッズの選手が在籍しており、シーズン開幕へ向けても仕上がり具合もそうですが、いろんな意味で楽しみな試合ですね。

とにもかくにも、ケガには気を付けてほしいですねー。

2/6(木)から指宿市でトレーニングキャンプ実施」(レッズオフィシャル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.01.27

一次キャンプ終了

17日から宮崎で行われてきた1次キャンプが昨日で終了。選手達は無事に浦和へ戻ってきたようです。

実戦形式となるトレーニングマッチも、鹿児島ユナイテッドFC、ホンダロックSCと2試合行われ上々の結果だったようです。

新加入選手も合流し、まずは連携を高めて開幕までコンディションを上げていってほしいですね。

「トレーニングマッチ vs鹿児島ユナイテッドFC
トレーニングマッチ vsホンダロックSC
ミシャ監督 宮崎キャンプ総括
宮崎トレーニングキャンプ終了」(いずれもレッズオフィシャル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.01.26

金の卵

U-21の10番を背負う東京ヴェルディの中島翔哉選手が、FC東京への完全移籍と同時にカターレ富山への期限付き移籍が発表されました。

新聞報道によると、クラブが資金難ということで、FC東京側に話を持ち込み急転直下で決まったとの事。

ヴェルディにとってはアカデミーから育て上げて、今後を担ういわゆる「金の卵」を手放す形となりましたが、結果的に現場とフロントが納得いく形だったのかそれは分かりません。

ただクラブは今後もそういう動きがありそうだということで、開幕まであと1ヶ月程という中での動きに注視したいですね。

中島翔哉選手移籍のお知らせ(東京ヴェルディオフィシャル)
中島翔哉選手 完全移籍加入およびカターレ富山へ期限付き移籍のお知らせ(FC東京オフィシャル)
中島翔哉選手 FC東京より期限付き移籍加入のお知らせ(富山オフィシャル)
“金の卵”中島放出の東京V、深刻な資金難で“ドタバタ劇”今後も…(スポーツニッポン)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.01.25

引退その2

昨日の暢久の引退に続き、昨シーズン山形で活躍していた元レッズの堀之内選手が現役引退を発表しました。
彼も今年からレッズのクラブスタッフとして活動するとの事。

レッズでは10年間、そして横浜FC、山形とそれぞれ1年間の合計12年間。お疲れさまでした。

堀之内聖選手引退のお知らせ(山形オフィシャル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.01.24

引退

クラブより、山田暢久選手の現役引退が発表されました。

新聞報道によると、今後はクラブスタッフとして別な形からレッズをサポートするとの事。

20年間、本当にお疲れさまでした。

山田暢久 現役引退のお知らせ(レッズオフィシャル)
浦和退団の山田暢久が引退(日刊スポーツ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.01.23

大物

何かと騒がしかったウルグアイ代表フォルランの獲得報道ですが、どうやらセレッソとの契約が合意に達した模様との事。Jリーグとしては久々の大物外国人選手の獲得となりますね。

Jリーグを盛り上げるためには、資金力のあるクラブが先駆けて、大物外国人選手などを獲得した方がいいという声もあります。しかし現状は資金力があっても「クラブライセンス制度」の縛りが大きく、その壁を破れないというのが現状です。

セレッソは柿谷や山口など若い選手がブレイクし、それによってチームの知名度が上がりました。それに加えフォルラン獲得という社会的にも大きな話題を振りまくわけですから、その影響はとても大きいものと思います。

大阪と言えばこれまでは「ガンバ」が注目上位だと思いますが、「セレッソ」が名実ともにその地位を逆転できるのかは、今シーズンの結果に左右されるものだと思います。

フォルランがC大阪との契約発表(GOAL)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.01.21

開幕戦

本日、JリーグよりJ1、J2のホーム開幕戦のカードが発表されました。

レッズは新聞報道通り、開幕戦は3月1日(土)にアウェー万博記念競技場でガンバ大阪との対戦。第2節は3月8日(土)、ホーム埼スタにサガン鳥栖をむかえて対戦します。

ガンバとの開幕戦は、2006年以来8年ぶり。その時は1-1の引き分けでした。

日程が出てくると開幕まで待ち遠しくなるこの時期ですが、詳細な日程は31日(金)にリリースされるという事なので、それまで楽しみに待ちたいですねー。

2014 J1・J2リーグ戦 ホーム開幕カード決定!(Jリーグ)
2014Jリーグホーム開幕カード決定のお知らせ(レッズオフィシャル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.01.20

2ステージ制

JFLは今シーズンより2ステージ制を導入。加盟14チームによる各ステージ1回戦総当たり(13試合)でステージ優勝を決め、11月に年間優勝を決めるチャンピオンシップが開催されます。

変更の趣旨としては、「複数のタイトルを争い、より多くのチームにそのチャンスが生まれることで、リーグの活性化につなげていきたいと考え決定した」との事。

これまでアマチュア最高峰のリーグ戦として君臨してきましたが、今シーズンからJ3発足に伴い、その位置づけが難しくなってきました。しかし今シーズンから新たにチームも加わり、リーグ自体がリニューアルする事で、より一層の注目度の図りたいという意向もあるようです。

しかし、わずか13試合でステージ優勝を決めるというのは、どうなんですかね。試合数が少ないような…。

それだけスタートダッシュが大事になるということで、逆に連敗を喫すると命取りになるかもしれませんね。

第16回日本フットボールリーグ参加チーム
第16回JFL開幕戦のお知らせ!
第16回日本フットボールリーグ大会方式変更のお知らせ(すべてJFLオフィシャル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.01.19

インカレ女子決勝

プロサッカーはまだシーズンオフ。先週は高校サッカーが決勝戦でしたが、今日は西が丘でインカレ女子の決勝戦が行われるということでテレビ観戦でした。

先週末に行われた「高校女子サッカー選手権」も、そして今回のインカレ女子も、地上波でないながらもテレビで生中継されるというのはやはりなでしこJAPANの影響は大きく、今後を支える世代にもスポットライトが当たるというのは、普及の面からしても、そして今まで興味を持たなかった層の人たちに観てもらうという観点からも、とても大事なことだと思います。

現に自分もなかなかインカレ世代まで観る機会がなかったのですが、なでしこリーグにも参戦している吉備国際大学と筑波大学の決勝戦は延長戦までもつれ、とても白熱したいい試合でした。

第22回全日本大学女子サッカー選手権大会 決勝
筑波大学1(延長)2 吉備国際大学
(JFA)

Cimg4593 Cimg4609 Cimg4610

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.01.18

宮崎キャンプ

昨日、選手やスタッフが宮崎入り。27日までの恒例の宮崎キャンプは今回で6年連続6回目となります。

チームにとって、例年より長い1ヶ月近いオフでしたが、開幕まであと1ヶ月余り。

じっくり体を動かして厳しいトレーニングを経て、戦術的要素を積み重ねていってほしいです。

キャンプ初日、宮崎に到着
宮崎トレーニングキャンプ、スタート(いずれもレッズオフィシャル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.01.17

岐阜の本気度

昨シーズンJ2で21位と残留ギリギリだった「FC岐阜」。

一時は債務超過問題も絡み、チーム存続さえ危ぶまれていましたが、ここにきて地元出身の強力なスポンサーが現れたことで事態が一変する事になりました。

監督にラモス氏を招聘。そして選手の目玉は栃木から三都主、そして今日になって磐田からGK川口と元日本代表選手を複数獲得し、かなり積極的な補強を行っています。

近い将来のJ1昇格を目標に、まずチームとしての土台作り、そして新たなFC岐阜というクラブの魅力を発信すべく動き出しましたが、やはり結果も残していかないと難しいところ。

現場とフロント、そして支援する人たちが一体となれるかどうか、今シーズンの岐阜の動きは興味深いですね。

ラモス岐阜誕生、J1昇格へ無制限支援(25年12月6日付デイリースポーツ)
川口 能活選手、ジュビロ磐田より完全移籍加入のお知らせ
ラモス瑠偉氏との監督契約合意について(いずれもFC岐阜オフィシャル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.01.16

新加入

こちらも西川同様に以前から噂されていたFW李忠成選手の加入が決まりました。

直前に、サウサンプトンとの契約解除が報じられ、あとは時間の問題でしたが、今朝早々にオフィシャルにリリースされ、メディカルチェックの後正式に決まるようです。

昨シーズンは、興梠の加入で攻撃に幅が広がりましたが、逆に彼に相当な負担がかかっているのは事実。各クラブが浦和対策を施してくる中で李の起用がどれだけはまるのか注目したいですね。

李 忠成選手 完全移籍加入のお知らせ(レッズオフィシャル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.01.15

始動と退任

いよいよ今日から大原でトレーニングが始まり、チームが始動しました。

ミシャ体制での3年目。指揮官曰く、

『この2年間は敗戦やうまくいかないことから学び、成長してきたと思います。今年は3年目ですから、その成長し前進したチームを持って、学んできた結果を見せていきたいと思っています。』

と語りましたが、各クラブの浦和対策が進む中で、積み上げてきた力をさらに上積みできるのか。そういう意味では勝負の年と言っても過言ではないでしょう。とにもかくにも、大きな怪我がなくいい形で開幕をを迎えられればと思います。

そして5シーズンに渡り、クラブの代表を務めた橋本代表が退任する事になりました。

難しい時期での仕事でしたが、最後は2ステージ制への異議などサポーターの声を反映し、真摯に立ち向かう姿がとても印象的でした。今後もクラブに留まるという事ですが、ひとまずお疲れさまでした。

「3年目、学んできた結果を見せていきたい」ミシャ監督
役員人事について(いずれもレッズオフィシャル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.01.14

2014シーズン始動

本日、埼スタにて加入選手の会見などが行われ、いよいよ2014シーズンが動き出しました。それにあわせて新ユニフォームのお披露目や背番号の発表もありました。

注目は原口の「9」と直輝の「6」ですかね。それだけクラブからの期待というのもあろうかと思います。

新ユニも今年は1stが赤、2ndが白、そして3rdは黒の3パターン。個人的には3rdユニが興味ありますね。

2014シーズン トップパートナーについて
ユニフォーム2014モデル発表
2014シーズン、トップチーム選手背番号について
2014シーズン加入選手記者会見(いずれもレッズオフィシャル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.01.13

高校サッカー決勝

つくづく2-0というスコアは難しい・・・そう感じた決勝戦。

敗れた星稜高校が試合の主導権を握り、あと数分まで相手を追い詰めましたが最後まで及ばず、逆に富山第一は、絶体絶命の状況で87分に1点を返し、アディショナルタイムにPKで同点。さらに延長後半109分に逆転と、この日その瞬間を目撃した48,000人あまりの観客にとって劇的な逆転劇でした。

北陸隣県同士の決勝戦は、最後まで手に汗握る素晴らしい試合だったと思います。

第92回全国高等学校サッカー選手権大会 決勝戦(JFA)
富山第一(富山県) 3(延長)2 星稜(石川県)

Cimg4581 Cimg4583 Cimg4585

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.01.12

セレッソ女子

Jリーグ全体の動員が減っている中で、女子をひきつけるセレッソの手法は面白いですね。まあイケメンが揃っているっていうのは負けますが…(笑)

たしかに今思えば、最終節の埼スタはセレッソのレプリカユニを着た女性が多かったような気がしましたねー。

「セレッソ女子」満開 イケメンぞろい、ひたむきプレーで心つかむ(産経新聞)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.01.10

今日付けの複数のスポーツ新聞にて、今シーズンの開幕カードの記事が掲載されていました。それによるとレッズはアウェーでガンバ大阪と対戦との事。

J2を独走で駆け上がってきて、再び復権を目指すガンバとの対戦は確かに注目カードの1つになりそうですね。

とりあえず21日に開幕カードが正式発表になるようですが、とりあえずその先の日程とキックオフの時間が早々に知りたいです(笑)

3・1J1開幕カード決定!連覇・広島はC大阪と激突(スポーツニッポン)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.01.09

Wレアンドロ

去年夏までガンバで活躍し、その後はカタールのアル・サッドへ移籍していたFWレアンドロが、柏へ移籍することになったそうです。

Jリーグで84得点を挙げたストライカーと、司令塔となるもう1人のレアンドロ・ドミンゲスとの競演。ジョルジワグネルがチームを離れるものの、そういう意味では今シーズンの柏はさらなる脅威を感じますね。

レアンドロ選手が移籍加入(柏オフィシャル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.01.08

人事往来3

ここにきて若手選手達の移籍情報が相次ぎました。

6日には、今シーズンまで千葉へレンタル移籍していた高橋峻希が神戸への完全移籍。さらに今日はMF小島秀仁の徳島へのレンタル移籍がリリースされました。

峻希はフィンケ監督の頃に右サイドで活躍してましたが、その後千葉へレンタル移籍となり、J1昇格へ向けて1シーズン半に渡り活躍してきましたが、今回は神戸へ完全移籍ということで、浦和復帰という道はなくなりました。ただ、期待されての移籍だと思いますし、いずれ対戦する事もあると思うので、その成長した姿を楽しみにしたいと思います。

また小島はプラチナ世代と言われ、前橋育英からレッズへ加入。1年目から起用されることも多く細貝の後釜として期待されていましたが、ミシャ体制になってからは主力との壁は厚く、今シーズンは徳島でプレーする事になりました。

どちらも2年前のどん底のレッズを支えた貴重な人材。移籍はやむを得ないですが、やはり新天地でレギュラーを勝ち取って活躍する事が何よりの成長の証だと思うので、頑張ってほしいですね。

高橋峻希 ヴィッセル神戸に完全移籍のお知らせ
小島秀仁 徳島ヴォルティスへ期限付き移籍のお知らせ(いずれもレッズオフィシャル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.01.06

新たなる聖地

昨日、JFAは国立競技場改修に伴って、次回大会の開会式と開幕戦を駒沢競技場で。そして準決勝及び決勝戦を埼玉スタジアムで行う旨、発表がありました。

埼スタは高円宮杯での決勝戦や高校サッカーでも会場の1つとして開催してきた実績が買われたのかもしれませんね。

第93回全国高等学校サッカー選手権大会(次回大会)
開会式・開幕戦/準決勝/決勝 試合会場決定のお知らせ
(JFA)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.01.05

人事往来2

かねてから噂のありました広島GK西川周作選手の加入が決まりました。

この補強自体、どういう経緯で彼に白羽の矢が立ったのかはわかりませんが、この話は相当前から噂はありました。代表GKの獲得という事からも、現場サイドからの強い意向があったのだろうと思います。

そして契約満了とはいえ、2連覇を果たした広島から、またしても浦和に移籍するというのは、これまで移籍をしてきた選手を見る限り、彼自身も相当の覚悟をもってきているのだろうと感じます。

そうなると残すべきものは結果。GKとしてはそれは難しいものかもしれませんが、これまで大分や広島、さらに代表で培ってきたコーチングで、チームを最後方から牽引してほしいですね。

そしてこれまで辛抱強く練習に励んでいた大谷が北九州へ期限付き移籍。出場にはあまり恵まれませんでしたが、新天地で試合に出られるように頑張ってほしいと思います。

西川周作選手 完全移籍加入のお知らせ
大谷幸輝 ギラヴァンツ北九州へ期限付き移籍のお知らせ(いずれもレッズオフィシャル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.01.02

天皇杯決勝

今大会の決勝戦は、季節はずれの暖かい陽気の中、Jリーグ首位と2位の対戦。

スコアこそ2-0でしたが、やはり横浜がしっかりと対策を施した事で、広島の攻撃陣を封じ21大会ぶりの天皇杯制覇を果たしました。

うちがやられたパターンと同じように、広島にとってその対策を打破するには、とても厳しいものだったと思います。

元日国立決勝はひとまず終了。たくさんの思い出が詰まった国立。そして元日の決勝戦こそ素敵な場所でした。


第93回天皇杯全日本サッカー選手権大会 決勝戦
<Match87> 横浜FM2-0広島

P1160313 P1160354 P1160373

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.01.01

謹賀新年

明けましておめでとうございます。

また、この国立から観戦始めです。

皆様にとって良き年になるよう祈念し、今年も弊ブログをよろしくお願いいたします。

P1160346 P1160350 P1160381

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »