« 2013年11月24日 - 2013年11月30日 | トップページ | 2013年12月8日 - 2013年12月14日 »

2013.12.07

【第34節 C大阪戦】

オフィシャルより

Jリーグ vsセレッソ大阪
7日(土)、埼玉スタジアムにて行われました『2013Jリーグ DIVISION1 第34節 vsセレッソ大阪』の試合結果をお知らせいたします。
2013JリーグDIVISION1第34節
2013年12月7日(土) 15:34キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 2-5(前半1-2) セレッソ大阪
得点者:24分 原口 元気、40分 杉本 健勇(C大阪)、45+1分 南野 拓実(C大阪)、53分 柿谷 曜一朗(C大阪)、72分 興梠 慎三、76分 柿谷 曜一朗(C大阪)、86分 南野 拓実(C大阪)
入場者数:54,905人
試合速報


「かくも浦和らしき幕引き」

守備崩壊の5失点。

目の前に見えていたACLはおろか、6位まで順位を落として今シーズンのリーグ戦は幕を閉じた。

試合の入りから原口の先制点までの時間帯は悪くなかった・・・というか、ようやく落ち着いたレッズのサッカーが見られたように感じた。しかし敵将が戦況に慌てず修正を施して果敢に攻めてくると、徐々に守りに綻びが見え始め、左右に揺さぶってくる相手にアプローチも緩くバタバタする時間帯が増えてきた。

いくら興梠がカラダを張ってボールを収めても、そして失ったボールに柏木が必死に追いかけて喰らいついても、その次が繋がらず相手のプレッシャーに軽く往なされては、やるせない気持ちもわからなくない。それだけにこの5失点、いや1分3敗における15失点に指揮官は何を思うのだろうか。

こればかりは新たな選手を入れようが今のままでは何も変わらないだろう。そして忠実に戦術を理解できる選手だけを配置したところでも、基本中の基本となる約束事がなければいつぞや破綻する。

指揮官は試合後のコメントで、「来シーズン何をしなければいけないかがはっきりしたと思います」と語った。しかしそれはもう言い訳ができない3シーズン目となることを彼自身理解しているのかもしれない…。

ミシャサッカーのデメリットを痛感した最終戦。しかしそれ以上にこういう幕引きをしでかしてしまうのも、かくも浦和らしいといえは浦和らしい。

今シーズンは中国広州の地で始まり、そのリベンジの夢を掴みかけて最後に失なった。そして来シーズンは再び仕切り直しとなる。新たに何を積み上げ何を創り出すのか。長いオフに先にある新たな旅路に期待したい。

Cimg4340 Cimg4379 Cimg4384

Cimg4402 Cimg4404 Cimg4409

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.12.06

第34節 C大阪戦プレビュー

いよいよ最終節。明日はホーム埼玉スタジアムにセレッソ大阪をむかえ対戦する。

セレッソは現在、15勝11分7敗の勝点56で第6位。前節はホームで鹿島と対戦。

お互い優勝への可能性が残る中で、勝点3が必要とする中、25分にCKから競ったボールのこぼれ球に大迫が押し込み先制を許してしまう。しかし38分に山口のパスを受けた柿谷が右足アウトで放ったシュートが決まり同点に追いつき前半を折り返す。

後半に入ると流れはセレッソ。エジノ、南野らの波状攻撃もゴールに結びつかず85分にセットプレーから中村に決められて追いかける展開に。攻撃の切り札に杉本を投入するも万事休す。結局1-2で敗れ逆転優勝のチャンスが潰えてしまった。


一方のレッズは、前節はアウェーで鳥栖と対戦。

開始当初こそ早い展開からサイドにボールを展開し、攻撃のリズムを作るものの、15分にCKから先制点を許し川崎戦同様に難しい展開を強いられることになった。さらに37分にスルーパスから豊田に決められ追加点を奪われ、レッズは何もできないまま前半を折り返す。

後半に入ると攻めが前掛かりとなり、何度かチャンスを作り出すも、ゴールが遠く時間だけが過ぎてゆく中で90分に啓太がPKを与えてしまいそれを決められて3失点。直後に那須のゴールで1点を返すも、カウンターから豊田にハットトリックとなる4点目を奪われ結局1-4で敗戦を喫し、優勝争いから脱落した。

とりわけ相手の早いプレッシャーに成す術がなく、固定起用の弊害もあってか選手達の動きも重く、盛り返そうにも気持ちだけが空回りしてしミスを呼び失点を喫してしまうという悪循環が続いている。相手に研究し尽されているというのもあるが、それは数字にも表れており、ナビスコ決勝を含め公式戦1分3敗。5得点11失点というのは、厳しい数字といっても過言ではない。


天皇杯も敗れたことで、明日は泣いても笑っても2013シーズンのラストゲームとなる。

上位同士の直接対決の関係で、勝てば自力で3位以内を確保しアジアに行けるチャンスを残しており、まだまだサッカーの神様はレッズを見放していないということだろうか…。

とかく今シーズンは何度もチャンスを逃し“勝負弱い”という印象が多かった。そういう中で優勝も逃したショックから立ち直れるのか選手達のメンタルもとても大事となる。

レッズに課せられたラストチャンス。それを確実に掴むために最後の90分+αをここまで積み上げてきた最大のパフォーマンスで相手を凌駕し最高の形で“彼ら”を送り出してほしい。


☆前試合の結果
【浦和】 Jリーグ第33節 (対鳥栖 ●1-4)
【C大阪】 Jリーグ第33節 (対鹿島 ●1-2)

☆今季対戦
Jリーグ第10節(5/6) 
C大阪2-2浦和 【C大阪】【浦和

ナビスコカップ準々決勝第1戦(6/23) 
C大阪0-2浦和 【C大阪】【浦和

ナビスコカップ準々決勝第2戦(6/30)
浦和1-1C大阪 【浦和】【C大阪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.12.04

入会

JFLが来シーズンから14チームで構成されるのに伴い、新たに6チームの入会が承認されたとのリリースが本日ありました。

入会クラブは、成績上位枠として全国地域サッカーリーグ決勝大会に参加した「ファジアーノ岡山ネクスト」「鹿児島ユナイテッドFC」の2クラブ。

そして入会希望申請枠からは、「ヴァンラーレ八戸」、「アスルクラロ沼津」、「マルヤス工業サッカー部」「レノファ山口FC」の4クラブとなります。

これで現所属の8クラブをあわせた14クラブで新たなJFLがスタートします。

第16回日本フットボールリーグ新入会チーム決定』(JFL)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.12.03

飛び級参入

昨日Jリーグ理事会が行われ、J3参入の最後のクラブとして「グルージャ盛岡」が決まった旨リリースされました。

グルージャ盛岡は現在東北社会人リーグ1部在籍。先日行われた「全国地域サッカーリーグ決勝大会」で優勝を果たし、JFLを飛び越してのJ3参入の最有力と言われていました。

これでJ3の参加クラブ11が決定。あと1つは現在行われている「J2・JFL入れ替え戦」での敗戦チーム(讃岐または鳥取)がJ3参戦となります。

Jリーグ入会審査(J3)結果について(Jリーグ)
史上初「飛び級昇格」 グルージャJ3、10年越し悲願成就
J3決定「これからがスタート」 グルージャ盛岡歓喜(いずれも岩手日報)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.12.02

ポストシーズン開幕

昨日はJ1昇格プレーオフ準決勝。さらにJ2・JFL入れ替え戦第1戦が行われました。

昇格プレーオフは3位京都と4位徳島がスコアこそ引き分けだったものの、規定によって成績上位の両チームが決勝進出。敗れた2チームはあと1点が遠く、昨年の大分のような下剋上はなりませんでした。

そして8日(日)国立で行われる決勝戦は「京都-徳島」。2010年以来4年ぶりのJ1復帰を目指す京都か。2005年からのJ2参入後、四国初のJ1クラブ誕生を目指す徳島か。最後の椅子を掛けた最後の90分間。いい試合を期待したいですね。

そしてJFL2位の讃岐とJ2最下位の鳥取との入れ替え戦第1戦は、讃岐のホーム丸亀競技場で行われ、1-1で終了。鳥取にとっては貴重なアウェーゴールを奪いこれが第2戦にどう影響するのでしょうか。

第2戦は同じく8日(日)に今度は鳥取のホーム、とりぎんバードスタジアムで行われます。


<J1昇格プレーオフ準決勝>
京都0-0長崎 【Jリーグ】【京都】【長崎
徳島1-1千葉 【Jリーグ】【徳島】【千葉

<J2・JFL入れ替え戦第1戦>
讃岐1-1鳥取 【Jリーグ】【讃岐】【鳥取

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.12.01

鳥栖遠征あれこれ

今シーズン最後となる「遠征あれこれ」さっそく振り返ります―。

昨年に続いてリーグ終盤での鳥栖遠征。今回は試合開始が14時という事もあり、また翌日に所用が控えていたため、日帰りでの往復となりました。

出発はいつもの新鎌ヶ谷駅。
Cimg4109

5:03発野田線船橋行きに乗車。久々の始発列車ですね。
Cimg4111 Cimg4112 Cimg4113


続きを読む "鳥栖遠征あれこれ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年11月24日 - 2013年11月30日 | トップページ | 2013年12月8日 - 2013年12月14日 »