« 2013年9月22日 - 2013年9月28日 | トップページ | 2013年10月6日 - 2013年10月12日 »

2013.10.05

【第28節 大宮戦】

オフィシャルより

Jリーグ vs大宮アルディージャ
5日(土)、埼玉スタジアムにて行われました『2013Jリーグ DIVISION1 第28節 vs大宮アルディージャ』の試合結果をお知らせいたします。
2013Jリーグ DIVISION1 第28節
2013年10月5日(土)16:05キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 4-0(前半1-0) 大宮アルディージャ
得点者:11分 阿部 勇樹[PK]、72分 原口 元気、76分 興梠 慎三、83分 関口 訓充
入場者数:47,790人
※那須大亮がJ1通算300試合出場を達成
試合速報


「特別な勝点3」

4-0の大勝。スコアこそ圧勝であったが、大宮のシュート数がわずか4本であっても、1本でも入っていればその局面は大きく変わっていたかもしれない。ただ一瞬の攻撃の力をもっていたとしても、レッズは最後まで攻めの姿勢を貫いた。

もちろん相手の開始早々の退場というエクスキューズや守備の拙さもあったが、それを抜きにしても大宮の戦意をそぐ積極的なプレーや縦へのボールの繋ぎが、何度も上手い具合に嵌った。

公式戦としてはおよそ半月ぶりの勝利。この1試合だけで全てが取り戻せたかというと、そこまでは至っていない。しかしダービーマッチという異様な空間でこれまで苦汁を舐めていた大宮相手に勝利したというのは、この上ない喜びと共にシーズン終盤へ向けて失いかけた自信を少しでも取り戻すきっかけになってほしいと思う。

それだけ特別な勝点3だという事であるし、ダービーマッチに勝つというのはそういうことなのだとつくづく思うのである。

Cimg3549 Cimg3559 Cimg3571

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.10.04

第28節 大宮戦プレビュー

10月最初の公式戦。明日はホーム埼玉スタジアムに大宮アルディージャをむかえ対戦する。

大宮は現在、12勝3分12敗の勝点39で第9位。前節はホームでFC東京との対戦だったが、目まぐるしい展開の試合だった。

開始わずか7分に先制を許すも、13分に下平のクロスに渡邉が決めて同点。さらに37分に左サイドチョヨンチョルのクロスにノヴァコヴィッチが頭で決めて逆転に成功する。しかしアディショナルタイムにセットプレーから再びルーカスに決められ同点で前半を折り返した。

後半に入ると、一進一退の攻防が続くも66分にルーカスにハットトリックを決められ逆転。ここから瞬く間にボールが奪えなくなり防戦一方。終了間際に三田、平山と相次いで決められ崩壊。結局2-5と大量失点で敗戦を喫し、リーグ戦3連敗となってしまった。


一方のレッズは前節はアウェーで湘南と対戦。

ケガ人の関係でなかなか選手起用が難しい中で、この日はGKに山岸、リベロに山田暢久をリーグ戦3試合連続で先発起用。そして出場停止の那須に代わり啓太が復帰しボランチの位置に起用という陣容となった。

開始からパスを繋いでゴール前に侵入を試みるも、1トップ興梠へのプレッシャーが厳しく、なかなか得点への糸口が見いだせないまま時間だけが過ぎてゆく中で、18分CKから槙野が決めて先制点を奪う。その後もカウンターからチャンスを伺うも追加点が奪えないまま前半を折りかえす。

後半に入っても状況が変わらず我慢の時間が続いていたが、73分にミシャが2枚代えを敢行すると、一気に流れが変わってしまった。直後の75分にPKを宣告され、ウェリントンに決められ同点。さらに81分に右サイドからのクロスに遠藤が頭で決めて逆転を喫してしまう。

しかし89分に大竹が2枚目の警告で退場で湘南のバランスが崩れると、直後に柏木が難しい体勢からシュートを放ち同点に追いついて試合終了。何とか敗戦は免れたが甲府、湘南と下位相手にわずかに勝点2を積み上げたにすぎず、なんとか上位に喰らいつくので精一杯のドローだった。


明日は、那須が復帰し山田暢久に代わりリベロでの起用が予想されるが、ここ数試合における停滞した流れを変えられるかどうかがポイントになる。このダービーに勝つことで再浮上のきっかけを掴みたいところであろうが、相手も快進撃を続けていた前半戦から急降下している状況において、最大の敵をいわば踏み台にしてトンネル脱出の糸口を見つけ出したいところであろう。

4月の対戦時では、厳しいチェックとマンマークに苦しみ攻撃パターンを封じられた。おそらく明日も同様に封じ込んでワンチャンスを狙ってくるだろう。ただこれだけ急降下しているチームゆえ気持ちだけでは封じられない穴もあろうかと思う。

チームの力量も順位も関係ないダービーマッチ。それに見事に嵌ってしまっているのがレッズであり、特に直近4試合では1分3敗とことごとく大宮の軍門に下っている。それゆえ選手達が口々に「普段以上の気持ちで・・・」とモチベーションを上げてくるのは分かるが、空回りだけは禁物だ。

浦和に凱歌を揚げるために、まずは90分間集中して勝点3を狙ってほしい。


☆前試合の結果
【浦和】 Jリーグ第27節 (対湘南 △2-2)
【大宮】 Jリーグ第27節 (対FC東京 ●2-5)

☆今季対戦
Jリーグ第7節(4/20) 
大宮1-0浦和 【大宮】【浦和

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.10.03

ACL準決勝第2戦

決勝に進むためには、最低でも4点を奪わなければならない柏にとって、広州でのアウェーゲームはとてもハードルの高いものでした。

ケガ人などでベストメンバーが揃わない状況の中で攻め手に欠き、逆にコンカやムリキら個に秀でている選手に突破を許してしまい、終わってみれば4失点での完敗。

相手が強すぎたという印象もありますが、レイソルもここまでよく頑張ってきたと思います。

レッズとしても久々に出場したACLですが、各国のレベルも格段に上がっています。それゆえやはりいいコンディション、いいモチベーションで臨むには、協会やJリーグ側の柔軟な対応というのも必要になってくるのではないかと改めて感じた今年のACLでした。

レイソルの選手、スタッフの皆様、お疲れさまでした。

AFCチャンピオンズリーグ2013 準決勝 第2戦
広州恒大 4-0 柏(柏オフィシャル)


☆ここまで溜めこんでしまった「遠征あれこれ」ですが、ようやくアップできます。お待たせしましたー。
名古屋遠征あれこれ
エコパ遠征あれこれ<清水戦編>
等々力遠征あれこれ(カップ戦編)
平塚遠征あれこれ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.10.01

クラブライセンス

昨日、Jリーグより「2014シーズンクラブライセンスの交付」についてのリリースがありました。

来シーズン、J1ライセンスを取得したのは36クラブ。その中で注目されたのが、財務状態による是正通達でしょか。特に3期連続赤字でライセンスがはく奪されるということで、かなり厳しい姿勢で通達されたようです。

“身の丈にあった経営”というのは難しい所があるかと思いますが、火を消さないためにも、クラブ自体のスリム化しかり周囲の支援しかり、方策を練って解消に向かって言ってほしいと思います。

ちなみに方策の1つとしては、横浜FMの『チケット価格改定』というのがあるのかもしれませんね。

クラブライセンス交付第一審機関(FIB)による2014シーズンJリーグクラブライセンスの交付について(Jリーグ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.09.30

契約更新

昨日、クラブよりミシャの契約が更新された旨、リリースがありました。

これで来シーズンは3年目の采配。ギドと並びますね。

今シーズンは続いていますが、まだまだチャンスがあるだけに、1つでも多くタイトルを獲らせてあげたいですねー。

ミシャ監督契約更新のお知らせ」(レッズオフィシャル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.09.29

平塚遠征あれこれ

今回は東海道線での単純往復だったので、簡単に振り返りますー。

いつもの新鎌ヶ谷駅より、7:50発野田線船橋行きに乗車。
Cimg3398 Cimg3399

8:11船橋駅着。8;17発総武線快速に乗り換え、8:35東京駅着。
Cimg3401 Cimg3402 Cimg3404


続きを読む "平塚遠征あれこれ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年9月22日 - 2013年9月28日 | トップページ | 2013年10月6日 - 2013年10月12日 »