« 2013年8月25日 - 2013年8月31日 | トップページ | 2013年9月8日 - 2013年9月14日 »

2013.09.07

【ナビスコ杯準決勝第1戦 川崎戦】

オフィシャルより

ヤマザキナビスコカップ準決勝第1戦 vs川崎フロンターレ
7日(土)、等々力陸上競技場にて行われました『ヤマザキナビスコカップ準決勝第1戦 vs川崎フロンターレ』の試合結果をお知らせいたします。
ヤマザキナビスコカップ準決勝第1戦
2013年9月7日(土)18:00キックオフ・等々力陸上競技場
川崎フロンターレ 3-2(前半0-1) 浦和レッズ
得点者:45分 興梠 慎三、47分 興梠 慎三、67分 レナト(川崎)、79分 大久保 嘉人(川崎)、80分 大久保 嘉人(川崎)
入場者数:19,193人
試合速報


「前半90分間」

2点のリードを守り切れず痛恨の逆転負け。この試合だけを振り返るのならもったいない敗戦だった。

とかく山田暢久が下がった60分までは完璧だった。守備面においてはマンマークで対応し、相手のチャンスの目を摘み、攻撃面においても丁寧にボールを繋ぎ、じっくり出方を見てチャンスを伺い、一気に得点に結び付けた。

負傷交代というエクスキューズは致し方ないにしても、結果的にビハインドでより圧力を掛けてきた川崎の攻撃陣の特に2列目を捕まえきれなかったのは痛かったし、同点ゴールとなった大久保のミドルシュートは敵ながらゴラッソだった。

しかしながら、今日はただの敗戦で終わらないのがナビスコカップの妙。ベストメンバーが揃わずとも、2点のアウェーゴールを奪えた事は大きい。

まだ“前半90分間”が終わっただけ。なので来月の埼スタで勝てばいい事である。それこそファイナルへ向けたレッズに与えられた単純明快な課題である。

Cimg3167 Cimg3176 Cimg3185

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.09.06

ナビスコ杯準決勝第1戦 川崎戦プレビュー

いよいよナビスコカップも大詰めに入る。明日は準決勝第1戦。アウェー等々力陸上競技場にのりこみ、川崎フロンターレと対戦する。

川崎は、リーグ戦では10勝6分8敗の勝点36で第7位。前節はアウェーでセレッソ大阪と対戦。

両チーム共に攻撃的なチームゆえ、点の取り合いが予想されたが、いざ始まってみると、お互いの長所を消す内容に終始した。注目の柿谷にこそシュート6本放たれたものの、大きなピンチとは言い難く、その前の段階で稲本や山本の両ボランチが体を張って攻撃の芽を摘み決定的な場面を生み出さなかった。

また、攻撃面においてはレナトや小林などアクセントとなる選手をケガで欠き、大久保や中村に託す機会が大きかった。もちろん彼らを起点にしてコンビネーションプレーも随所に見られたが得点に結びつかず、後半アディショナルタイムのプレーも微妙な判定でオフサイドとされ、結局スコアレスドローに終わった。


一方のレッズは前節はホームで新潟と対戦。

相手のマンツーマンディフェンスにかなり難儀を強いられ、なかなか縦へのボールが入らず苦慮していたが、この日は選手達が途中からロングボールを起点とした攻撃に主点を変えると、徐々に攻撃のリズムが出てきた。そんな中で後半からボランチに下がった柏木が62分にドリブルで持ち上がると、一瞬の隙をついて舞行龍ジェームスのマークを外した興梠にスルーパス。彼が落ち着いてゴールを決めて貴重な先制点を奪った。

その後は何度かカウンターのチャンスを伺うもゴールに至らず、逆に支配率が高くなった新潟に攻め込まれる時間帯が多くなっていった。まるで3月の対戦時でも同じような展開であったが、最後までしっかり守りきり1-0で勝利。2試合ぶりの完封勝利を飾り、順位も2位に浮上した。


明日は、槙野が代表に追加招集されたため欠場。7月のリーグ戦等々力での対戦時には、4失点完封負けと為す術なく敗れ去った。再戦を控え指揮官は昨日の練習においていろいろなシステムを試していたようだ。

とかく敵将の作戦以前にミシャ自身が川崎との相性は良くない。それゆえ相手はホーム等々力で自信を持って臨んでくるだろう。

レッズとしては何か仕掛けてくるのか期待半分不安半分ではあるが、まずは大久保やレナトをはじめとするアタッカー陣や起点となる中村の動きを食い止めなければ後がない。勝利を目指すのはもちろんであるが、まずは失点を防ぐ事でアウェーの地で主導権を握り、アドバンテージを奪いたいところだ。

2年ぶりの国立。そして久々の聖杯奪取へ向けてチャンスが巡ってきた。7月危機を修正し“倍返し”できるのか。まずは前半90分間の闘いに注目したい。


☆前試合の結果
【浦和】 Jリーグ第24節 (対新潟 ○1-0)
【川崎】 Jリーグ第24節 (対C大阪 △0-0)

☆今季対戦
Jリーグ第16節(7/13) 
川崎4-0浦和【川崎】【浦和

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.09.05

撤回

つい先日「ネルシーニョ監督辞意」の関係を書きましたが、今日になって一転撤回を発表。

それにしてもこういう展開になるとは驚きました。まあ当事者の柏サポの皆さんにしてみたら、これが一番良かっただろうと思いますけどねー。


ネルシーニョ監督辞任撤回!再指揮へ(日刊スポーツ)
ネルシーニョ監督が辞意撤回!7日ナビスコ杯で再び指揮(スポーツ報知)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.09.03

追加招集

ケガで離脱した酒井宏樹に代わり、槙野が新たに日本代表に招集。今日からのトレーニングに合流し、6日、10日の強化試合に帯同する事になりました。

レッズとしては、代表戦の裏でナビスコカップや天皇杯を闘う事になっており、正直「このタイミングかよ…」と思っていましたが、やはり代表は光栄なもの。本人のコメントにもあるように盛り上げて頑張ってほしいですね。


キリンチャレンジカップ2013 選手変更のお知らせ(JFA)
日本代表追加召集のお知らせ(レッズオフィシャル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.09.02

辞意

土曜日の試合後に飛び込んできた「柏のネルシーニョ監督、辞意表明」。今シーズン限りか…と思っていたら、“この試合をもって”という事だったので、さらに驚きました。

確かにリーグ戦は厳しい状況が続いていますが、まだナビスコや天皇杯、そしてACLもある状況で辞任というのはクラブ側にしてみたら、それこそ寝耳に水だったのでしょう。

後任人事もそうですが、現時点ではクラブ側からネルシーニョ監督が退任したというリリースはまだありません。ただ、そうこうしている間にも水曜日には天皇杯2回戦。土曜日にはナビスコカップ準決勝第1戦も控えており、当面は井原ヘッドコーチが代行監督として指揮するとの報道もあるようです。

今後フロントはどう決断するのか、クラブ側の動きにも注目ですね。


J1柏、元日本代表主将の井原氏が暫定指揮(読売新聞)
井原ヘッド、ドタバタ暫定監督 ネルシーニョ監督は練習に姿見せず(スポーツ報知)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.09.01

天皇杯開幕

元日国立決戦を目指して、第93回天皇杯が開幕。昨日と今日の2日間で1回戦全24試合が行われました。

来年J3参戦を目指すチームは、ほぼ順当な勝ち上がりで2回戦はいよいよJリーグチームとの対戦となります。ちなみにレッズは栃木県代表で現在JFL所属の「栃木ウーヴァ」と対戦します。

その他の注目カードは、JFL首位の讃岐は千葉と。2位の長野は名古屋と。そして4位の金沢は横浜FCとそれぞれ対戦となります。

一発勝負の天皇杯。何が起こるかわかりません。レッズも足元をすくわれないようにしっかり集中しないといけませんね。


第93回天皇杯スケジュール・試合結果(JFL)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年8月25日 - 2013年8月31日 | トップページ | 2013年9月8日 - 2013年9月14日 »