« 2013年8月11日 - 2013年8月17日 | トップページ | 2013年8月25日 - 2013年8月31日 »

2013.08.24

【第22節 清水戦】

オフィシャルより

Jリーグ vs清水エスパルス
24日(土)、エコパスタジアムにて行われました『2013Jリーグ DIVISION1 第22節 vs清水エスパルス』の試合結果をお知らせいたします。
2013Jリーグ DIVISION1 第22節
2013年8月24日(土) 18:04キックオフ・エコパスタジアム
清水エスパルス 0-2(前半0-2) 浦和レッズ
得点者:7分 柏木 陽介、27分 興梠 慎三
入場者数:21,420人
試合速報


「完勝の裏」

7月の第14節甲府戦以来、リーグ戦8試合ぶりの完封勝利。

前節大分戦こそ出入りの激しい内容であったが、今日はレッズらしいサッカーを存分に発揮して相手をほぼ圧倒し、完勝の出来だった。

もちろんこれまでの浦和対策の通り、バックラインの人数を揃え、攻撃の起点となる啓太を封じるられるのでは・・・と考えられたが、敵将は決してレッズのシステムに合わせることなく、自分達のサッカーを貫き通して凌駕しようと踏んでいたようだ。

しかし、いざふたを開けていると後方から対角線上のロングフィードに対し、特に右サイドバックを務めた吉田が原口を見るのか宇賀神を見るのか混乱している様子が見受けられ、個々の選手達に対する意図があまり感じられかった。また、今日の清水は2列目に大前、河合、竹内と揃えていたが、前線に張るラドンチッチに対し、単調なクロスや同じ動きを繰り返すばかりで、守備陣は逆に守りやすかったのではないかと思う。

ただ、完勝の裏には前節の反省が生かされていた。前線の選手達も懸命に汗をかいて、相手の攻撃を遅らせており、特に柏木の体を張った守備には頭が下がる思いである。決して慢心することなく90分間闘いぬいた結果が勝点3をもたらしたのだと思う。

また、プレビューで書いたように、昨年の対戦時以来1年ぶりエコパでプレーする清水に対し、レッズは今シーズン2試合目。慣れ親しんだ日本平と異なる長いピッチに苦慮したというのも少なからず勝負に影響したように感じた。

4日後にはミッドウィークながら最大の山場が訪れる。簡単な相手ではないということはわずか1ヶ月前に身をもって分かっているはずだ。中3日という厳しい日程ではあるが条件は同じ。ココロもカラダも上向きな状態でしっかりコンディション調整に費やしてほしい。

Cimg2737 Cimg2757 Cimg2775

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.23

第22節 清水戦プレビュー

真夏の連戦も佳境を迎える。明日は第22節。アウェーエコパスタジアムにのりこみ、清水エスパルスと対戦する。

清水は現在、7勝5分9敗の勝点26で第13位。前節はアウェーでC大阪と対戦した。

デュッセルドルフから期限付き移籍で古巣に復帰した大前がいきなりの先発起用。ラドンチッチ、高木俊幸らと前線3人でユニットを組んだ。彼等にトップ下の竹内が絡み開始から攻撃を展開するも、前半20分にサイドからのクロスボールにヨンアピンがファウルを犯しPKの判定。これをエジノに決められて先制点を許して前半を折り返す。

後半も主導権を握る時間帯もあったが、相手の献身的な守備に阻まれ、そこを起点に素早い速攻からエジノ、柿谷。さらにアディショナルタイムには元同僚の枝村に決められ万事休す。結局1-4で敗戦を喫した。


一方のレッズは前節はホームに大分をむかえ対戦。

前半20分の間に、セットプレー絡みから立て続けに3失点。レッズらしからぬ立ち上がりとなったが、直後の24分に興梠の技ありのゴールから反撃の狼煙が上がる。

後半開始から原口に代わりボールキープに秀でるマルシオを投入し、攻撃にスイッチを加速させると、早々の47分にFKで2点差。56分に阿部がPKを決めて振り出しに戻す。

さらに大分の攻撃も一気に影を潜める中、84分にマルシオのロングパスを受けた森脇からのクロスを那須が頭で決めて勝ち越し。クラブ史上初となる3点差からの大逆転劇を完結させ、勝点3を奪った。


もちろん勝った事はリーグ戦を闘い抜く中で何よりも意義があるが、つまらない失点が多いのは変わらない。そして各チームのレッズに対する包囲網が試合を重ねるごとに進化している中で、どのように掻い潜るのか。それは今も突きつけられている課題でもある。

清水は前述のように前線にラドンチッチ、大前、高木俊幸とパワーとスピードとテクニックを兼ね備えた前線を擁している。さらに中盤の底に鹿島から復帰した本田も加わり、春先までのチームから一気に攻撃色が強くなり反撃の駒は揃った。ただ相手は、ホームとはいえ今シーズン初めてのエコパでの試合となり、慣れ親しんだ日本平と異なったピッチがどう影響するだろうか。すでにレッズは1ヶ月前の磐田戦で経験済ゆえ、アウェーといえどそれをアドバンテージにしたいところだ。

おそらく明日も、敵将ゴトビ監督の切れる分析力に手を焼く展開が予想されるが、前節土壇場から勝点3を奪った貴重な経験は、さらなるチーム力の向上に繋がると感じた。夏の終わりを迎えつつあるエコパで、もう1つ勝ち星を積み上げて横浜に乗り込みたい。


☆前試合の結果
【浦和】Jリーグ第21節 (対大分 ○4-3)
【清水】Jリーグ第21節 (対C大阪 ●1-4)

☆今季対戦
Jリーグ第8節(4/27) 
浦和0-1清水【浦和】【清水

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.22

怒り新党

あの山田さんが…という情報が前日から入り、まさか…と思いつつも、確認するとどうやら本当とのこと。昨夜はしっかり録画予約も完了させて「怒り新党」を拝見しました。懐かしい映像もあって、見ている側は楽しかったですね。

実際に現場で観ていたのは、3番目に紹介された大分でのアウェーゲーム。あの試合は彼の脱臼もそうですが、ジャッジがどうも定まってなくて結局アルパイとネネが前半で退場処分を受けて、もう守るしかない…っていう内容だったんですが、結局負けちゃったんですよねー。

そういえばあの試合の主審って…、こないだの大分戦の主審ですな(笑)

まとめサイト(NAVER)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.21

ACL準々決勝第1戦

今宵はACLとJ2第30節が開催。唯一日本勢で勝ち上がっている柏レイソルがホーム日立台にサウジアラビアのアル・シャバブと対戦。

時折、雷鳴が響く中での試合となりましたが、結果は1-1のドローでした。

前半にFKからのこぼれ球を工藤が押し込んで先制しましたが、アディショナルタイムに同点に追いつかれて前半を折り返します。後半に入ると相手はリスクを負わずに守備に時間を割いていたような感じでした。

第2戦は、アル・シャバブのホームである首都リヤドで、日本時間9月19日(木)のAM2:15キックオフとなります。アウェーゴールを与えてしまったのは大きいですが、悲観する内容ではなかったと思います。

柏はグループリーグから通して、アウェー戦は4戦4勝としっかり結果を残しています。初めてのとなる中東での試合となりますが、頑張ってほしいですね。


AFCチャンピオンズリーグ2013 準々決勝 第1戦
柏 1-1 アル・シャバブ(柏オフィシャル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.19

戦略会議

議論する事は決して悪くありません。だけど、どうもやり方がコソコソとせこくて、それが周囲の反発を呼んでいるような気がするのですが…。あくまで個人的見解ですが(笑)

そんな中で再び持ち上がった話は、2ステージ制やらプレーオフの話。

確かに観客が頭打ちになっていたり、底辺を広げるための抜本改革というのは必要だと思いますが、そのメリットを聞いてるとどうもお金の話ばかりの夢のような話で、その信憑性は今一つなんですよね。果たしてその真意はいかに…。

で、新聞報道による最終的に絞られた2案とは、
①リーグ戦34試合消化→上位チームでのプレーオフ
②2ステージ制→ステージ優勝同士の年間優勝決定戦。

①はJ2プレーオフのようなポストシーズン制の方式で、②は従前より言われていた方式ですね。

自分としては、何かしらの改革は必要だと思いますが、レギュレーションを変える事で全てが解決できるとは思っていません。むしろこれまでJリーグが行ってきた事を“見直す”というのが大切ではないかと。

個人的には下記の2点の見直しは必要だと思いますが、どうなんでしょうかね…。
・曜日固定開催の見直し
・「リーグカップ」のJ2、J3参加

Jリーグ 2ステージ制復活&プレーオフ拡大を提案へ!(スポーツニッポン)
ポストシーズン、Jも15年から導入 戦略会議で2案に絞る(スポーツ報知)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.18

ヒートアップJ2 第29節

J2は第29節。全体の4分の3に近い試合数が消化され、いよいよ最終局面をむかえてきました。

首位のガンバは、レコンビンやフェホら攻撃陣の積極補強を行った札幌と対戦。

前半こそスコアレスでしたが、後半に入るとガンバが猛チャージをかけて先制。さらに追加点を重ね、終了間際にも奪い結局3-0で勝利し、危なげなく勝点3を積み上げました。

一方、追撃を狙う2位神戸は山形に惜敗。3位千葉も松本山雅にアウェーで敗戦。さらに4位京都、5位長崎も敗れるという波乱の中、徳島が6位から4位に浮上。さらにプレーオフ圏内に向けて中位陣も勝点を積み上げて差が縮まってきました。

次節は21日の水曜日。こちらも真夏の連戦が続きます。

J2第29節
試合結果】【順位表

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年8月11日 - 2013年8月17日 | トップページ | 2013年8月25日 - 2013年8月31日 »