« 2013年6月16日 - 2013年6月22日 | トップページ | 2013年6月30日 - 2013年7月6日 »

2013.06.29

ナビスコ杯準々決勝第2戦 C大阪戦プレビュー

6月最後の公式戦。明日はナビスコカップ準々決勝第2戦。ホーム埼玉スタジアムにセレッソ大阪をむかえ対戦する。

1週間前に行われた長居スタジアムでの第1戦は、前半9分にマルシオからのスルーパスに興梠が反応。相手GKをかわして無人のゴールに流し込み、先制点かつ待望のアウェーゴールを奪った。その後も緩急をつけた縦パスやサイドチェンジが決まり、試合の主導権を握る。

後半に入ってもレッズの勢いが変わらず、56分にカウンターから右サイドを走る柏木に啓太からボールが渡る。すぐさま中へ折り返し、ファーサイドから抜け出した興梠が決めて貴重な追加点を奪った。その後も何度かチャンスが訪れるものの決め切れなかったが、2-0と勝利し、大きなアドバンテージを持って埼スタに戻ってきた。

もちろん相手のコンディション不足があったようだが、レッズはそれ以上にパススピードに緩急をつけて相手を往なし、特にセレッソの顔である柿谷に仕事をさせずほぼ封殺していた。しかし明日はセレッソは最低でも3点を奪わなければならず、より攻撃的になることが予想され、もちろん柿谷自身もこのままでは終われないだろう。

しかしレッズの選手達のコメントを聞く限り、決しておごりはなく、むしろ久々の埼スタで勝つことを重要視しており、あとはプレーにしっかり反映できるかがポイントになろうかと思う。まずは次の1点を先に奪えれば一気に次のステージへの道筋が開けると思う。

明日は、第1戦の勝利の立役者である興梠の欠場が予想される。その穴を埋めるのはマルシオと、先週は欠場した原口で柏木と共に1トップ2シャドーを担うことになるだろう。もちろん興梠の欠場は厳しいが、今のレッズはそれを補えるだけの攻撃力を兼ね備えており、バックラインとの連係を密にとれれば大きな心配はしていない。むしろセレッソに押し込まれたときの対応には、十二分に気をつけたいところだ。

“前半90分”を終えて2-0。決して安心できないスコアだというのは誰もが知るところ。それゆえ指揮官も選手達も、明日は第1戦の結果とは別に勝つことを強く意識して試合に臨んでくるだろう。

自分もそうだが、代表よりもレッズに飢えている人たちにとっては、ほぼ1ヶ月ぶりの埼スタでの試合。まずはホームで結果をだして、次のステージへ進み、さらに来週からのリーグ戦再開に向けて弾みをつけてほしい。


☆前試合の結果
Jリーグヤマザキナビスコカップ準々決勝第1戦(6/23) 
C大阪0-2浦和 【C大阪】【浦和

☆今季対戦
Jリーグ第10節(5/6) 
C大阪2-2浦和 【C大阪】【浦和

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.06.27

参加意思

来シーズン発足予定の「J3」に19前後のクラブが参加意思があるとのこと。

来月には参加クラブの数が決まり、さらにクラブからの申請を受けて審査をし9月頃には決定する見通しのようです。

J3に参加申請しているクラブにはより地域密着色が強い所が多いようですが、まずは財政基盤と地元との連係が大切だと思うので、その審査結果やその後の開幕までをしっかり見ていきたいですね。


19クラブ前後が参加意思=来年発足のJ3(時事通信)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.06.25

アウェーゴール

先日のナビスコカップ準々決勝第1戦。久々に“アウェーゴール”の醍醐味を思い出しました。2点を奪ったのはよかったですが、それ以上にクリーンシートで終えたのは大きかったですね。

とりあえず第2戦は、勝ちか引き分けで準決勝進出。仮に敗れても1-2、0-1のスコアなら得失点差で決まります。逆にセレッソはまずは3点差をつけて勝たないといけなく厳しい状況ですが油断大敵。やはり“慢心”に気をつけたいところ。

で、もしレッズが準決勝に進出した場合、対戦相手となる川崎-仙台戦は等々力で行われ、2-1で川崎の勝利でしたが仙台が奪った1点がユアスタでの第2戦にどう影響するのか注目です。

川崎は勝ちか引き分けで決まりですが、仙台は1-0での勝利でも得失点差が同じとなり最終的にあのアウェーゴールが響いてくるので、最後の最後までわかりませんね。


ヤマザキナビスコカップ大会概要(Jリーグオフィシャル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.06.24

3連敗

前半こそスコアレスで折り返すも、後半早々に失点を喫すると、3バックに変えてさらにCKから失点。

1点返すも、悪い流れを断ち切れないまま敗れてしまいグループリーグ3連敗を喫し、日本代表にとってのコンフェデレーションズカップが終了。

W杯予選からの連戦でコンディション調整が・・・など言われていますが、本番の舞台で強豪国と対戦できたのは貴重な経験。これを糧に1年後に向けて仕上げてしっかり結果を出してもらえればいいのではないかと・・・。

自分達の位置がどこにあるのか。それを再認識した大会だったと思います。


『FIFAコンフェデレーションズカップ ブラジル2013 グループA』
日本 1-2 メキシコ(スポーツナビ)
SAMURAI BLUEはメキシコに敗れ、大会を終える
公式記録(PDFファイル)(いずれもJFA)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.06.23

【ナビスコ杯準々決勝第1戦 C大阪戦】

オフィシャルより

ヤマザキナビスコカップ準々決勝第1戦 vsセレッソ大阪
23日(日)、大阪長居スタジアムにて行われました、ヤマザキナビスコカップ準々決勝第1戦vsセレッソ大阪の試合結果をお知らせいたします。
2013年6月23日(日) 19:04キックオフ・大阪長居スタジアム
セレッソ大阪 0-2(前半0-1) 浦和レッズ
得点者:9分 興梠 慎三、56分 興梠 慎三
入場者数:16,602人
試合速報


「再確認と上積み」

スコアこそ2-0であったが、ホーム&アウェーでの連戦における先勝。さらにアウェー2ゴールという大きなアドバンテージを得て、前半の90分間を終えた。

相手の準備不足こそあったものの内容ではほぼ圧倒。特に縦への意識が強く表れ、たとえ相手の厳しいチェックに遭っても、選手間でしっかりと距離感を保ち、意識を高め危機を未然に防ぎボールを繋げていった。

これこそ北海道キャンプで再確認し、それが試合で結果が出た証でもあり、さらに自信を積み上げたのだと思う。また実戦練習を多くこなす上で、見逃せない反省点を選手個々であぶり出し修正できたのも大きいと思う。そして彼の一件も関係なかったとは言い難い。

5月のACLムアントン戦以来、公式戦6試合ぶりの完封勝利とはいっても、まだ前半90分間を終えたばかりで何も得ていない。次週、今度は迎え撃つ埼スタの90分間こそ本当の勝負所となるだろう。

<テレビ観戦>

Cimg1885 Cimg1860 Cimg1880

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年6月16日 - 2013年6月22日 | トップページ | 2013年6月30日 - 2013年7月6日 »