« 2013年5月12日 - 2013年5月18日 | トップページ | 2013年5月26日 - 2013年6月1日 »

2013.05.25

第13節 柏戦プレビュー

中断まであと2試合。明日はアウェー国立競技場にのりこみ、柏レイソルと対戦する。

柏は現在、5勝1分5敗の勝点16で暫定の第10位。前の試合は水曜日にACLラウンド16第2戦でホームに全北現代をむかえ対戦。

第1戦を2-0で勝利し、ある程度のアドバンテージをもって臨んだものの、21分にFKからオウンゴールを誘われ、失点を喫してしまう。しかし41分に渡部が決めて同点とし、前半を折り返した。

後半に入ると、相手のラフプレーに苦しめられるも、早々の51分にジョルジワグネルのゴールで逆転。さらに69分にクレオを起点に工藤が決めて3点目。ほぼ試合を決定付けた。86分に1点を返され、アディショナルタイムにも相手との交錯で不穏な空気が流れるも結局3-2で勝利。ラウンド16を2戦2勝。トータルスコアも5-2とし、日本勢としては久々の準々決勝を駒を進めた。


一方のレッズは、前節はホームで鳥栖をむかえ対戦。

序盤から鳥栖のハードワークに押される場面も見られたが、レッズもサイドを起点に攻撃を展開。24分に興梠がPKを獲得すると、阿部がしっかり中央に決めて先制。その後もチャンスを作るも1-0で前半を折り返す。

後半に入ると早々の49分に左サイドを突破した梅崎からのパスを受けた槙野がグラウンダーのシュートが決まり追加点を奪う。しかし鳥栖もようやく反撃の狼煙をあげると、56分に岡田に決められ1点差。65分に平川のクロスから興梠が鮮やかなヘッドで決めるも直後に豊田のシュートのこぼれ玉を拾った高橋が鮮やかなシュートを決められ3-2と打ち合いの展開となる。

そして体力も落ちてくる時間帯にレッズは平川からマルシオを投入すると再びエンジンが加速。80分に右サイドからのクロスから原口が詰めてゴール。さらに89分にはセットプレーからの流れで那須が公式戦4試合連続ゴールとなるヘディングシュートが決まり5点目。最後はアディショナルタイムにマルシオからの絶妙なクロスから途中出場の矢島がヘッドでリーグ戦初ゴールを決めて試合終了。結局6-2という大勝で勝点3を奪った。

ただ大勝の裏には鳥栖のハードワークしかり豊田という決して競り負けないFWがゴリゴリと自陣の懐に入ってくると、そのこぼれ玉を拾われ、なかなか自分達で主導権を握れなかった時間帯もあり、展開次第では試合の流れが相手に渡る可能性も十分あったように思えた。


明日は、相手は中3日でレッズは中7日と日程的なアドバンテージはある。さらに柏はACLで激戦を制し、その代償としてリーグ戦へのモチベーションが気になるところである。現に先週はホーム日立台でセレッソに敗れており、敵将ネルシーニョ監督の切り替えがチームにどう変革をもたらすのか注目したい。

またレアンドロ・ドミンゲスがケガで離脱。ジョルジワグネルも状態が思わしくなく、チームとしては満身創痍の状態で試合に臨んでくると思われるが、その中でもボランチの大谷や先日日本代表に初選出されたFW工藤の動きにも注意したいところだ。


リーグ戦の中断まであと2試合。レッズも試合を重ねるごとにケガ人が増えてきたが、代わりに起用された選手達がしっかりカバーしてその穴を埋めている。さらに相乗効果でポジション争いも激化しており、いい意味でチームの状態が良くなっているように思える。

久々となる神宮の杜でしっかり勝点3を奪い、水曜日に繋げてほしい。

☆前試合の結果
【浦和】 Jリーグ第12節 (対鳥栖 ○6-2)
【柏】 ACLラウンド16第2戦 (対全北現代 ○3-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.05.23

ベスト8

22日(水)にACLラウンド16の第2戦が行われ、唯一日本勢で勝ち残ってる柏がホームに全北現代をむかえ対戦。

先制点を許し、トータルスコアで1点差に迫られたものの前半のうちに同点。さらに後半開始早々に逆転し、第1戦での2点差のリードを保ち、結局2戦2勝。トータルスコア5-2で、準々決勝へ駒を進めました。日本勢ではC大阪が進出して以来2年ぶりのベスト8となります。

元々柏は昨年のリーグ戦では6位。その後の天皇杯で元日にガンバ大阪を破り、最後の出場権を手にしました。それから決して他チームより長くないオフを経て、今大会はグループリーグを首位で抜けて、ベスト8まで上がってきました。

これからは中東勢との対戦も予想されますし、Jリーグとの連戦もありますが、ここ数年苦戦している日本勢として頑張ってほしいですね。

ACLラウンド16第2戦 柏3-2全北現代(柏オフィシャル)
柏レイソルが全北現代モータースを破りベスト8に進出!(JFAトピックス)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.05.22

ナビスコ予選L総括

今宵の第7節をもって、予選リーグが終了。

Aグループは横浜FMと川崎F。BグループはC大阪と鹿島の計4クラブが決勝トーナメント進出を決めました。

我がレッズはACL出場によるシードですが、決勝トーナメント参加となると2009年以来ですね。

注目の抽選は30日(木)に行われるとの事。準々決勝は、H&A共に日曜日の開催という事を考えると、遠方対戦は避けたいですね…(苦笑)

川崎フロンターレ、横浜F・マリノス 決勝トーナメント進出決定! 川崎フロンターレは3年ぶり、横浜F・マリノスは2年ぶり(Jリーグオフィシャル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.05.21

前倒し

昨日に続いて天皇杯の話。

来年の第94回大会の決勝戦は、アジアカップ本大会の影響で例年の元日開催から12月13日に変更となるそうで、この措置は今回限りとのこと。

となると、来シーズンのサッカーカレンダーは、結構厳しくなるのかもしれませんね・・・。

それと国立に変わる会場公募ですが、『3万人以上の集客ができるスタジアム』が条件となると、関東だったら埼スタか日産。それ以外だったら、豊田か長居ですかね…。

来年度天皇杯12・13決勝!全国から会場公募(サンケイスポーツ)
来年の天皇杯決勝、12月13日に決定(スポーツ報知)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.05.20

第93回天皇杯

年末の風物詩となる天皇杯の3回戦までの組み合わせと、大会要項がリリースされました。

レッズの初戦は9月7日(土)ですが、ナビスコカップ準決勝に進出した場合は、9月11日(水)に変更になります。

まだ今年は半分も過ぎていませんが、天皇杯の話を聞くと、もう年末まであっという間なのかな・・・って感じますね(笑)

第93回天皇杯全日本サッカー選手権大会 大会実施要項(JFA)
3回戦までの組み合わせ(JFA ※PDFファイル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年5月12日 - 2013年5月18日 | トップページ | 2013年5月26日 - 2013年6月1日 »