« 2013年5月5日 - 2013年5月11日 | トップページ | 2013年5月19日 - 2013年5月25日 »

2013.05.18

【第12節 鳥栖戦】

オフィシャルより

Jリーグ vsサガン鳥栖
18日(土)、埼玉スタジアムにて行われました、『2013Jリーグ DIVISION1 第12節 vsサガン鳥栖』の試合結果をお知らせいたします。
2013Jリーグ DIVISION1 第12節
2013年5月18日(土)19:05キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 6-2(前半1-0) サガン鳥栖
得点者:26分 阿部 勇樹、49分 槙野 智章、56分 岡田 翔平(鳥栖)、65分 興梠 慎三、66分 高橋 義希(鳥栖)、80分 原口 元気、89分 那須 大亮、90+4分 矢島 慎也
入場者数:31,175人
試合速報


「スカウティングとリスク」

スコアこそ6-2で大勝であったが、昨シーズン同様に鳥栖のプレッシングに苦しんだように見えた。

特にバックラインからの押し上げに難儀し、FW豊田は槙野や那須が対応できても、クリアミスも重なりこぼれ玉を拾われて、いずれも似たような形から2失点を喫した。

もちろんスカウティングなどで、相手の出方は分かっているとしても、そこには予測不可能なプレーもある。ただ、リスクを恐れるあまり相手のプレスを防ぎきれず、いずれも流れを途切れさせないまま失点に完結させてしまったのだから、その点はしっかり修正させなければならないだろう。

大勝とはいっても、スタッツを確認するとボール保持率以外はほぼ互角。試合の流れ次第では結果がどっちに転がってもおかしくはなかったのである。

ただこの日は久々となる大量得点。その産物となる得失差+4は必ずどこかで効いてくるはずである。相手は中央に鍵を掛けて、サイドに追いやる手法をとったが、レッズの得点は全てサイドで勝負し起点となって生まれたゴールだったのだから、それもスカウティングした結果でもあり、忠実にプレーに反映させた選手達は素晴らしいと思う。

全得点が全て異なる選手だったのは偶然なのかもしれないが、それこそミシャサッカーの進化の部分だと思っても何らおかしくはないだろう。

Cimg1666 Cimg1683 Cimg1707

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.05.17

第12節 鳥栖戦プレビュー

明日は第12節。ホーム埼玉スタジアムにサガン鳥栖をむかえ対戦する。

鳥栖は現在、2勝4分5敗の勝点10で第15位。前の試合はナビスコカップ予選リーグ第6節。アウェーでセレッソ大阪と対戦。

連戦を考慮し、豊田や金民友ら主力選手を入れ替え試合に臨み、開始早々1分と経たずに金井のゴールで先制。その後は、ほぼベストメンバーで臨むセレッソの波状攻撃に遭うも、リードを保ち前半を折り返す。

後半に入っても主導権はセレッソ。楠神、南野と投入し攻勢を強められると、守備ラインが後退し反撃の機会を得る事も難しくなった。そして72分には丸山の直接FKが決まり同点に追いつかれ、さらに86分に途中から起用された播戸のアシストから最後は南野に決められ逆転を喫し、結局1-2で敗戦した。

これで先週末のリーグ戦から連敗。そして彼らは鳥栖には戻らず東上して調整を行い中2日で臨むことになる。


一方、レッズの前の試合は、埼スタで鹿島との試合。『Jリーグ20周年アニバーサリーマッチ』と銘打ち、両チームのレジェンドが来場し、華やかなムードだったが、試合が始まると一変。前半からしっかり攻め切る鹿島に対し、守る浦和の構図となりゴール前では激しい攻防が見られた。

スコアレスで前半を折り返し、後半に入ると63分。クリアミスを奪った野沢が鮮やかに左足でミドルシュートを決められ先制点を許してしまう。しかしその3分後にCKから那須がニアでの競り合いから頭で決めすぐさま同点に追いつく。

前半終了間際にケガの宇賀神に代わり起用された梅崎が攻撃のリズムを生み出し、さらにマルシオも投入され森脇を1枚上げて攻撃のスイッチを入れると、78分に左サイドを起点に興梠のゴールで逆転。その判定にスタジアムが異様な雰囲気になったが、終了間際の89分にクリアボールを興梠が収め、すぐさま原口に受け渡しカウンター。彼の放ったシュートが1度はGK曽ヶ端に弾かれるも、詰めた梅崎が決めて貴重な追加点。結局3-1で勝利し、勝点3を積み上げてアニバーサリーマッチに花を添えた。


ACLグループリーグでの敗退が決まり、結果的に日程に余裕が出てきたが、これまでの連戦の影響からか満身創痍の選手達が多い。離脱が決まった宇賀神もそうだが、出続けている槙野の状態も気になるところである。また、キャプテンとして奮闘する阿部もセレッソ戦での不在でその大きさを痛感したところであるゆえ、起用する側も難しい所であろう。しかしここ数試合は、セットプレーで那須が決めるという新たなバリエーションも見られるようになり、楽しみも増えてきた。

明日は下位に低迷しているとはいえ、持久力溢れる鳥栖との対戦に昨シーズンはとても苦しんだ。内弁慶と言われたほどアウェーでの成績は微妙だったが、今シーズンここまでリーグ戦アウェーは1勝3分1敗と決して悪くない。

レッズとしては、苦杯を舐めた相手に対し反省を生かしてどう対峙するのか。そこが勝点3への大きなポイントになるだろう。

☆前試合の結果
【浦和】 Jリーグ第11節 (対鹿島 ○3-1)
【鳥栖】 ナビスコカップ予選リーグ第6節 (対C大阪 ●1-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.05.16

原点回帰?

以前にも2ステージ制復活か?という話題を書いたような気がしましたが、またしても湧きだした話。

記事によれば動員数が頭打ちで話題性を…というような話もあるようですが、実際の所どうなんでしょうか?

もちろん日本人気質として優勝を決める争いとか勝負を決する試合というのは、煽りやすいし注目されやすいと思いますが、果たしてそれが要因の全てなんですかね。

何だか秋春制への布石なのかな…って思いつつも、変化を求めるのなら、カップ戦改革や開催曜日固定のその後の反響とか、もっとやる事とか調べる事が他にあるんじゃないのかなぁと思うんですがね…。

Jリーグ 2ステージ制復活も!来月合同委で協議へ(スポーツニッポン)
J1、来季2ステージ制復活か 6月に実行委で協議(スポーツ報知)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.05.15

20歳になった君へ

まずは20歳の誕生日おめでとう。

20年前の今日。君は日本に新しいスポーツ文化を吹き込みましたね。

そういう自分は社会人間もない頃。サッカーどころかプロ野球にどっぷり浸かり、メガホン片手に東京ドームや所沢などに遊んでいた日々でした。

君が巻き起こしたブームの波に自分はその怖さを思い知らされ、当時はそれを僻みに思っていたのか、君の事は正直いい印象はありませんでした。

だけど自分も95年頃から浦和レッズというチームに愛を注ぎ、それからはJリーグ全体も観る機会も増えて、君の事を心から楽しむ日々ができました。

そんな今では君は日本のサッカーになくてはならないプロスポーツの1つとなり、20年の間に何度も色を変えてきましたね。さらに当初は10クラブだけだったけど、今年は40もの地域に、「チーム愛」そして「郷土愛」を生み出しそれが形になっています。

さらに来年以降は「J3」という新たな仲間も増え、さらに底辺が広がって夢のまた夢だったと思っていた「百年構想」は現実のものになりつつありますね。

まだ20年。色々な課題があるだろうけど、愛するクラブと共にこれからも「Jリーグ基準」で君を支えていきたいので、またよろしくね。

20thAnniversary!!
「おめでとう」そして「ありがとう」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.05.14

結論

まあ、そういうことになりますよねぇ…。

JFA11日浦和-鹿島戦の誤審認める(日刊スポーツ)
審判委員長、誤審を認める 11日の浦和-鹿島戦(毎日新聞)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.05.12

ロビーin埼スタ

試合前に行われたJリーグ20周年のアニバーサリーセレモニー。

埼スタでのレッズの試合絡みのセレモニーって、2001年の埼スタ最初の試合となったマリノス戦以来ですかね…。

ロビーやアルシンドの挨拶は面白かったのですが、とかくビッグサプライズだったのは、試合後のウイダイの時ににロビーが加わった事ですかね。

どうやら槙野が仕込んでいたようで、スタジアムが今まで以上に一体感が増していたように感じました。

そういえば2人の通訳をしていた、かつて「ジーコの分身」と言われた鈴木さんも久々にお見かけしましたね。

Cimg1576 Cimg1580 Cimg1649

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年5月5日 - 2013年5月11日 | トップページ | 2013年5月19日 - 2013年5月25日 »