« 2013年4月21日 - 2013年4月27日 | トップページ | 2013年5月5日 - 2013年5月11日 »

2013.05.04

退任

磐田の森下監督が退任。新聞情報だと、もう負けたら最後という崖っぷちな状況だったようですね。

代表選手を抱えている中で、開幕からなかなか結果が出なかったというのは、勝負の世界では難しいところでしょうね。

比較的自分と年代が近いので、相手チームの指揮官とはいえ残念です。お疲れさまでした。

森下仁志監督 退任のお知らせ
森下仁志氏からのコメント(いずれも磐田オフィシャル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.05.03

等々力

レッズがACLのため、第9節が延期になった昨日。連れのリクエストで「川崎-名古屋」戦を観戦しに等々力へ。季節外れの肌寒さでダウンを着ての観戦でした。ショートパスを繋いで裏をとる川崎と、ロングボールと個の力で攻めきる名古屋。スピーディーでいい試合だったと思います。

他のクラブ同士の現地観戦もいろんな意味で勉強になって、充実した時間でした。

P1120797 P1120832 P1120834

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.05.02

ACLグループリーグ総括

昨日でACLグループリーグが終了。日本勢はレッズに加え、仙台、広島が敗退を喫し、唯一柏がグループHを1位で突破しラウンド16へ進出を決めました。

それぞれ敗因、勝因はあろうかと思いますが、5年前に比べるとアジア全体のレベルが上がっていると実感しました。もちろんここまできたら柏には日本を代表するクラブとして頑張ってほしいと思うのですが、ちょっと心配なのは来シーズン以降の日本の出場枠が減らされないか・・・という所ですね。

ACLグループリーグ結果&順位(Jリーグ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.05.01

【ACL Matchday6 ムアントン・ユナイテッド戦】

オフィシャルより

ACL vsムアントン・ユナイテッド
5月1日(水)、サンダードームスタジアムにて行なわれました『ACL グループリーグ第6戦 vsムアントン・ユナイテッド』の試合結果をお知らせいたします。
AFCチャンピオンズリーグ2013 グループリーグ 第6戦
2013年5月1日(水)19:00(日本時間21:00)サンダードームスタジアム
ムアントン・ユナイテッド 0-1(前半0-0) 浦和レッズ
得点者:48分 那須 大亮
入場者数:7,348人
※広州恒大vs全北現代が引き分けに終わったため、残念ながら決勝トーナメントへ進むことができませんでした。
試合速報


「旅路の終わり」

全北の結果如何とはいえ、勝たなければいけない状況において、選手達はアウェーバンコクの地で勝利という結果を出したが、そこにグループステージ突破という朗報は届かなかった。

高温多湿、かつピッチコンディションは芝が長めの状況で、パスサッカーが基本のレッズにとってはやや厳しい状況であったが、相手の状況を見極めながら慌てずにボールを展開し、徐々に相手を押し込んでいき後半早々の先制点に結びつけた。

啓太が出場停止。槙野がケガで先発が外れるというアクシデントの中、先発として起用されたベテランの坪井や若い矢島、さらに左のストッパーに起用された森脇らが奮闘したのは今後を見据えた上でも大きかった。

2008年以来5年ぶりのACLという名の旅路が微笑みの国で終わった。もちろんその中には“たられば”もあろうかと思うが、最後の2試合となる強豪の広州戦、そして灼熱のタイでのムアントン戦でしっかり勝点を積み上げて終えることができたのは成長の糧であり、そしてここまで公式戦連敗を喫していないというのがその証だと思う。

選手達は口々に敗退への悔しさと共に再びこの舞台に戻ってリベンジしたいと話していた。そうなるべく来るべきリーグ戦、そして新たなタイトルへの挑戦となるカップ戦に気持ちを切り替えて闘ってほしい。

<TV観戦>

Cimg1404 Cimg1410 Cimg1412

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.04.30

ACL Matchday6 ムアントン・ユナイテッド戦プレビュー

明日は最後の決戦。ACLグループリーグ最終戦はアウェータイのバンコクにのりこみ、ムアントン・ユナイテッドと対戦する。

現在、ムアントンは1分4敗とグループリーグ最下位ですでに敗退が決まっている。しかし唯一の1分は現在2位に位置する全北現代からホームで試合終了間際に追いついた得点という事を考えると、決して油断できない。


一方のレッズは前の試合は、Jリーグ第8節。27日の土曜日にホームで清水をむかえ対戦した。

レッズはサイドを起点に攻撃を展開するも、相手のエリアに入るとマークを引き剥がすことができず、FWバレーとGK林を除いた9人でしっかり監視されてなかなかボールをゴール前まで運べず難儀してしまう。そんな中、64分にカウンターからバレーに振り切られてしまい先制を許してまった。

レッズの追いつくべく攻撃を展開するも、なかなか相手との1対1に仕掛けることができず守備網に嵌ってしまい結局0-1で敗れ、リーグ戦連敗となった。

明日はこれまでレッズの中盤を担ってきた啓太が累積警告の出場停止で、窮地に立たされているが、代役として柏木や那須または山田暢久の起用が考えられる。また原口、梅崎は怪我の影響で遠征には帯同しておらず、清水戦で途中出場した阪野や矢島らの若い力に期待する部分もあるだろう。

レッズとしては勝つことが前提でなおかつ2位の全北現代が負けない限りグループリーグ突破が潰える。他力本願ではあるが、まずは自分達がしっかり結果を出すことが重要である。

主力を欠く中で今なお厳しい状況ではあるが、まずは自分達を信じてこそだ。グループリーグの集大成として明日の90分間、高温多湿の中での試合が予想されるが、出来うる限りの最高のパフォーマンスを魅せて闘ってほしい。

☆前回対戦
ACLグループリーグ第2戦(3/12)
浦和 4-1 ムアントン・ユナイテッド【浦和】【JFA

☆前試合の結果
【浦和】 Jリーグ第8節 (対清水 ●0-1)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.04.29

スタジアム論争

先日、山形でスタジアム論争が勃発しているとの事で、いろいろと記事を検索してみました。

普通、スタジアム建設に絡む議論というと、yesかnoという建設是非の話題が主ですが、今回の場合は隣の天童市を巻き込んだ移転論争になりつつあるようで今までの展開とはちょっと違うようです。

確かに何度か山形を訪れた時に西口の敷地は何になるんだろうね…と仲間と話していた覚えがあります。

この話題。山形新聞や全国紙の山形版では連日記事を掲載しているようで、とても興味深く読ませてもらいました。

サッカークラブがある地方都市の在り方について、一石を投ずる事になるかもしれませんね…。

モンテスタジアム問題・5氏に聞く[1]
モンテスタジアム問題・5氏に聞く[2]
モンテスタジアム問題・5氏に聞く[3]
モンテスタジアム問題・5氏に聞く[4]
モンテスタジアム問題・5氏に聞く[5](上記5件はいずれも山形新聞)

山形駅西口の県有地 どうする、県民会館 新スタジアム望む声も
山形市モンテ誘致問題 スタジアム誘致、山形で署名活動 (上記2件は毎日新聞山形県版)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.04.28

3点差

84分から3得点奪って引き分けに持ち込んだ岡山も素晴らしいですが、逆に神戸も一気の強襲で立て直す猶予もなかったんでしょうか…。

今回の神戸はドローで終わりましたが、そういえば昔々3-0から逆転されたチームがありましたねぇ…、ってもう10年前かぁ(苦笑)

J2リーグ第11節 神戸3-3岡山 【神戸】【岡山

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年4月21日 - 2013年4月27日 | トップページ | 2013年5月5日 - 2013年5月11日 »