« 2013年4月7日 - 2013年4月13日 | トップページ | 2013年4月21日 - 2013年4月27日 »

2013.04.20

【第7節 大宮戦】

オフィシャルより

Jリーグ vs大宮アルディージャ
4月20日(土)、NACK5スタジアム大宮にて行なわれました『第7節 vs大宮アルディージャ』の試合結果をお知らせいたします。
2013Jリーグ DIVISION1 第7節
2013年4月20日(土)16:04キックオフ・NACK5スタジアム大宮
大宮アルディージャ 1-0(前半1-0) 浦和レッズ
得点者:45+2分 ズラタン
入場者数:13,016人
試合速報


「悔しき氷川の杜」

悔しい敗戦。この一言に尽きる。

出足からゴールに襲い掛かる大宮の攻撃に、普段では見られない及び腰だったように感じた。

大宮はしっかりレッズの攻撃パターンをマンツーマンで封じ、特に生命線でもある縦へのパスを遮断。レッズは1つのポジションでマークを剥がしても次が続かず、横パスや再び後方から攻撃を立て直さざろう得ない展開が続く。ただ結局その繰り返しで90分間通じてビックチャンスを生み出すことができなかった。

失点シーンに関しては、結果的には那須の負傷で1人足りない状況において、ズラタンをフリーにさせてしまった連係ミスと言っても過言ではない。さらにそれに起因する止血時の戻りの対応もヒューマンエラーで明らかにレッズは冷静さを欠いていた。ただ決定的な場面はここだけだっただけに悔いもあるはずだ。

終始気持ち気迫の両面で相手を凌駕できる場面は少なく、またしても氷川の杜で相手の軍門に下った。ダービーに敗れるということはそういうことである。

しかしレッズは水曜日にはACLを控えており、こっちも今後を左右する大事な試合である。今シーズンは敗戦を喫してから、しっかり次に向けて修正を施してきた。まずは前を向いて切り替える事が大事だ思う。

Cimg1285 Cimg1290 Cimg1295

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.04.19

第7節 大宮戦プレビュー

明日は第7節。アウェーNACK5スタジアム大宮にのりこみ、大宮アルディージャと対戦する。

大宮は現在、4勝2分の勝点14で第3位。前節はアウェーでC大阪と対戦。

開始わずか30秒で試合が動く。金澤がハーフウェーライン付近からロングシュート。長い弾道が相手GKの頭上を越えゴールネットを揺らし、早々にリードを奪う展開となった。しかしその後は一進一退。柿谷を中心とした相手攻撃陣に翻弄されると、終了間際に同点に追いつかれ前半を終えた。

さらに後半に入ると事態が一変。64分にDF高橋が立て続けの警告2枚で退場となり窮地に追い込まれた。相手のカウンターになんとか体を張り防ぐ中、85分にヘディングの競り合いからズラタンにボールが渡ると、ワントラップから鮮やかに左足を振りぬくと、ゴール左隅に突き刺さり勝ち越し。これが決勝点となり、2-1で勝利し昨シーズンから続く連続無敗記録を17とし、J1タイ記録に並んだ。

特に今シーズンの大宮は、守備と攻撃のバランスが絶妙で簡単には崩れない。守備面に関してはほぼ全員がボールホルダーに対し厳しく当たり比較的高い位置でのボール奪取に成功している。そこを起点に展開する攻撃面も、ボールを運べるチョヨンチョルや金澤らが試合を組み立て、前線にはズラタンや売り出し中の富山がフィニッシャーとして控えており、敵将ベルデニックが作り上げるチームの結果としては決してフロックとは言い難い。


一方のレッズは、前節はホームで湘南と対戦。

強風吹き荒れるコンディションに苦しめられるものの、決して相手のプレスは厳しくなくレッズとしては自分たちのペースで試合を組み立てていくことができた。それが得点に結びついたのが30分。自陣左サイドからパスを繋ぎ、最後は柏木の絶妙な浮き玉のパスからDFの裏へ飛び出した興梠がつま先を伸ばしワンタッチゴール。彼にとって移籍後待望の初ゴールを決めた。

前半を1点リードで折り返すと、後半もほぼレッズペース。何度かチャンスがあったものの決めきれず、結局追加点は73分の柏木のCKが直接枠に吸い込まれたゴールだけだったが、しっかりクリーンシートで試合を終え、勝点3を積み上げた。


明日は2位と3位の上位直接対決であるが、それ以上に「さいたまダービー」という順位を超えたプライドを懸けた一戦となる。そしてこの日ばかりは負けられない気持ちはより強くなる。

ナクスタという独特の雰囲気での試合となるが、コンパクトなスタジアムで自分達のサッカーができるのかどうか。そして相手の土俵でどう懐に入り、試合を展開できるかポイントは尽きない。それだけ興味深い試合となる。

相手の記録うんぬんは雑音に過ぎない。難しい試合が予想されるが、狙うのは勝点3のみだ。

☆前試合の結果
【浦和】 Jリーグ第6節 (対湘南 ○2-0)
【大宮】 Jリーグ第6節 (対C大阪 ○1-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.04.17

ヒートアップJ2 第9節

今夜は、J2第9節の11試合が各地で行われました。ミッドウィークでは初めてですね。

首位の神戸は北九州を相手に小川、マジーニョの2ゴールで突き離し首位をキープ。ガンバは松本山雅と対戦し、ホーム万博では昨年8月以来の勝利。参入組の長崎は、アウェー三ツ沢で横浜FCを相手に粘りの逆転勝ちで4連勝を果たし、一気に3位に浮上しました。

まだまだシーズンの5分の1が過ぎただけのJ2リーグ。首位神戸が一歩抜けている感じですが、2位以下はまだ混沌としていますね。

【J2:第9節】本日の試合結果(J'sGoal)
J2順位表(Jリーグオフィシャル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.04.16

アニバーサリーマッチ

Jリーグ20周年の記念として、来月の埼スタでの鹿島戦が「アニバーサリーマッチ」として決定したようです。

でも、それ以上にサプライズだったのは、あのポンテさんが来場予定とのことで、これはすごい楽しみだし、絶対勝ちたいですね。

Jリーグ20周年記念 第11節 浦和レッズvs鹿島アントラーズを「Jリーグ20thアニバーサリーマッチ」として開催(Jリーグオフィシャル)
Jリーグ20thアニバーサリーマッチ(レッズオフィシャル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.04.15

日曜開催

先日の湘南戦は風が強かったものの、天気も上々でこの日は36,477人が来場。

久々の日曜開催ということで、自分は土曜日に他のJ1クラブの対戦をスカパーでチェックしたり、久々の土日分催を楽しみました。

昨シーズンから原則J1は土曜日開催になったことを考えると、なんだか妙な感じでしたが、やっぱりこういう分催スタイルも悪くないかな…って思います。

あと、日曜日だからスタジアムへ来たっていう人達とかもいるんじゃないですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.04.14

【第6節 湘南戦】

オフィシャルより

Jリーグ vs湘南ベルマーレ
4月14日(日)、埼玉スタジアムにて行なわれました『第6節 vs湘南ベルマーレ』の試合結果をお知らせいたします。
2013Jリーグ DIVISION1 第6節
2013年4月14日(日)15:04キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 2-0(前半1-0) 湘南ベルマーレ
得点者:30分 興梠 慎三、73分 柏木 陽介
入場者数:36,477人
※興梠 慎三がJ1通算50得点を達成
試合速報


「欠かせないピース」

低気圧の影響で南から強い風が吹きすさむピッチコンディション。相手のプレスよりも風によるロングボールの対応に選手達は苦慮しながらも、しっかり前後半1点ずつ奪い、今シーズン3試合目のクリーンシートで試合を締めた。

先制点はあまりプレッシャーのかからないバイタルエリアで、興梠、柏木、宇賀神がボールに絡み、最後は柏木が前線にふわりと浮かせたロングボールに反応した興梠がつま先を伸ばしてワンタッチゴール。まさに鹿島で魅せていた彼らしい泥くさい初ゴールだった。追加点も柏木曰く「狙っていない」との事だったが、風を掴もうとして蹴ったのが枠に吸い込まれたのだから、それもまた彼らしいゴールだったと思う。

2週間で5試合とミッドウィークを含む連戦の中で、ACLは厳しい結果となったが、リーグ戦は3連勝としっかり上位に喰らいついている。内容は決して盤石ではない部分もあるが、まだまだそういうものだと割り切れる部分もある。

ようやく浦和の一員になったと思わせる“待ち人”の初ゴール。みんなが待っていたという事は、それだけ彼は今のミシャサッカーに欠かせない重要なピースだという事だ。

Cimg1199 Cimg1221 Cimg1245

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年4月7日 - 2013年4月13日 | トップページ | 2013年4月21日 - 2013年4月27日 »