« 2013年3月3日 - 2013年3月9日 | トップページ | 2013年3月17日 - 2013年3月23日 »

2013.03.16

【第3節 大分戦】

オフィシャルより

Jリーグ vs大分トリニータ
3月16日(土)、大分銀行ドームにて行なわれました『Jリーグ第3節 vs大分トリニータ』の試合結果をお知らせいたします。
2013Jリーグ DIVISION1 第3節
3月16日(土) 14:05キックオフ・大分銀行ドーム
大分トリニータ 2-2(前半2-2) 浦和レッズ
得点者:3分 丸谷拓也、5分 高松大樹、8分 原口元気、42分 阿部勇樹
入場者数:16,510人
試合速報


「勝点1の意義」

年に1度あるかないかの凡ミスの連続で、開始わずか5分で2失点。疲労云々、連係云々以前の問題で、試合の行く末を案じていたが、わずか3分後に原口のゴールで1点を返すと、大銀ドームの長めに芝に対しボールも落ち着いてきてようやく主導権を握れるようになり、終了間際の42分に阿部のゴールで振り出しに戻して前半を折り返した。

後半も攻める時間帯が多く、何度もバイタルエリアへの進入を図ったが、相手の体を張った守備に阻まれ最後の最後が決めきれず結局ドロー。またしても大分アウェーで勝点3を奪い損ねた。

結果的に自らの首を絞めた形になってしまったが、そこから盛り返して守備的なチームに同点に追いついた事については評価していいと思う。ただ、指揮官が前日に「トレーニングが良くない」と注意を促していた中でミスを犯してしまうのだから、まだまだ成長しきれていないと言われても致し方ないと思う。

それゆえ今日の勝点1の意義は、奪ったものなのか失って得たものなのか、いろんな意味で深いし考えさせられる。高い授業料になってしまったが、これを糧にしてしっかり休養し、2週間後から再び始まる連戦に備えてほしい。

P1110432 P1110442 P1110452

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.15

第3節 大分戦プレビュー

明日はJリーグ第3節。アウェー“大分銀行ドーム”にのりこみ、大分トリニータと対戦する。

大分は現在、1分1敗の勝点1で第11位。前節はアウェーで川崎と対戦。

開始早々からハイプレスを仕掛け、相手DF陣の懐深く攻め入り、チャンスをうかがう場面が多く見られた。功を奏したのが27分。左サイドからのクロスに合わせて放ったシュートのこぼれ球を押し込み、2試合連続で先制点を奪う。35分にも右サイドからのクロスに高松が頭で合わせるもわずかに及ばなかったものの、チャンスメイクが続いた。

しかし後半に入ると53分に大久保に決められ同点。その後も足が止まり始めた所を相手に衝かれ何度もピンチに見舞われるも、最後の最後で凌ぎ切り結局1-1の引き分けに終わりJ1復帰後初めての勝点を得た。


一方のレッズは前の試合は火曜日にACLグループリーグ第2節、ムアントン・ユナイテッドと対戦。

1週間前の名古屋戦から先発を4人入れ替えて試合に臨んだ。相手は引き気味であったものの、マンマークというわけではなく中央に絞ってたゆえ、サイドを自由に展開できた。開始早々にCKから先制すると、相手の退場も手伝ってか終始主導権を握ったまま前半を折り返す。

後半に入っても流れは変わらず、65分に関口の移籍後初ゴール、69分に原口のヘッド。さらにオウンゴールも続き一気に試合を決定づけた。しかしレッズも所々でイージーミスが目立ち、結果的に終了間際に1点を返されたのがもったいなかったが、4-1で勝利しグループリーグ初勝利を飾った。


レッズにとっては中3日の日程で、かつアウェーでの試合。戦力差はあれど全員攻撃、全員守備のハードワークを標榜する大分のサッカーに対しどう対峙できるかポイントになる。特に引いてきた場合もそうだが、レッズが広島に仕掛けたような1トップ2シャドーに対するマンマーク対策など、ある程度我慢を有する時間帯が増えると思うが、そこを乗り切って得点を奪えるかどうかが、ミシャサッカー2年目の足掛かりになる。

明日は2009年以来4年ぶりに大分と対戦する。そして大銀ドームとの相性が良くないのは承知の上。

ここ4試合におけるレッズのサッカーは充実しており、選手達も実感していると思う。ただ、いつも通り、普段通りにできれば…と言われる程こそサッカーは難しい。自信を持って臨んでほしいのは当たり前なのだが、その中での一瞬の油断と隙を相手は狙っている…というのを決して忘れてはならない。

☆前試合の結果
【浦和】 ACLグループリーグ第2戦 (対ムアントン・ユナイテッド ○4-1)
【大分】 Jリーグ第2節 (対川崎 △1-1)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.14

大分遠征とSuica

今週末の大分遠征を控えて、ちょっと1つ話題を。

御存知の方もいるかもしれませんが、大分でバス(大分バス、大分交通)を利用する際に、Suicaが使えるとの事。

そもそも西鉄系のnimocaと大分別府エリアでの「めじろんnimoca」が相互利用できており、
その後nimocaとSuicaが相互利用ができるようになったので、使えるようになったんですね。

関東圏でJRを使う人は、ほぼSuicaを持っているかと思うので、こういうサービスはありがたいですよね。
ただ“Pasmo”は、翌週の23日から相互利用開始なので、残念ですね…。

<めじろんnimoka 利用エリア>
<nimoca相互利用サービスについて>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.13

ACLグループリーグ第2節

昨日今日と、ACLグループリーグ第2節が各地で行われました。

レッズ以外の日本勢では、火曜日にグループEの仙台が、中国の南京にのりこんで江蘇舜天と対戦。終始押し込まれる展開でしたが、GK林の好セーブが続き、スコアレスドローで終了。貴重な勝点1を奪いました。

水曜日は、グループGの広島がアウェーで中国の北京国安と対戦。エース佐藤寿人がケガで離脱。さらに森崎兄弟も遠征に帯同せず、厳しいメンバー構成で臨みました。前半に先制されたものの、75分に石原のゴールで追いつきましたが、わずか4分後に失点を喫してしまい結局1-2で敗戦。グループリーグ2連敗と厳しい結果となりました。

グループHの柏は、ホームに豪州のセントラルコーストをむかえ対戦。開始わずか8分で先制点を許すも、21分にレアンドロ・ドミンゲスのゴールで同点。後半も67分に移籍後初となる狩野のゴールで逆転。そして終了間際の88分にレアンドロの2得点目でほぼ勝負は決し、3-1で勝利。柏はグループリーグ2連勝で一歩抜け出しました。

第3節は4月2日(火)、3日(水)に行われます。

<ACLグループリーグ第2節>
グループE 江蘇舜天0-0仙台
グループF 浦和4-1ムアントン・ユナイテッド
グループG 北京国安2-1広島
グループH 柏3-1セントラルコースト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.12

【ACL Matchday2 ムアントン・ユナイテッド戦】

オフィシャルより

ACL vsムアントン・ユナイテッド

3月12日(火)に埼玉スタジアムにて行なわれました『ACL グループリーグ第2戦 vsムアントン・ユナイテッド』の試合結果をお知らせいたします。
AFCチャンピオンズリーグ グループリーグ 第2戦
2013年3月12日(火)19:30キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 4-1(前半1-0) ムアントン・ユナイテッド
得点者:8分 柏木陽介、65分 関口訓充、69分 原口元気、78分 OWN GOAL、90分 シアカ
入場者数:23,246人
試合速報


「ターンオーバー」

ACL初戦の広州恒大戦を落とし、必然的に勝点3が命題付られたこの試合。指揮官は名古屋戦から先発を4人入れ替え試合に臨んだ。

相手が引き気味でかつ中央に守備を絞っていたことから、サイドを自由に展開できたが、なかなかチャンスを生かし切れない。そんな中でCKから柏木のゴールが生まれ待望の先制点を奪った。

その後、相手に退場者が出て以降は数的優位で攻め立てて、一気に3点を追加して試合を決定づけた。ただ所々でイージーミスが目立ち、決して相手を崩しきる事が出来ぬまま、終了間際に1点を返されてしまい消化不良気味ではあったが、命題だった勝点3を奪い、グループリーグ初勝利を挙げた。

決して落とせない緊迫した試合で選手を数人入れ替えるというリスクは考えられたが、指揮官は自信を持って入れ替え、起用された選手は十分すぎるほどその期待に応えたと思う。特に中盤の潰し役となった那須やゴールを奪った関口などは、フルタイム出場を果たし評判以上のパフォーマンスを魅せてくれたのではないかと思う。

今シーズンはこういう選手起用こそが、勝点3への大事な糸口となる。揺るがない戦術の下で、個々の能力と選手間のバランスを生かして試合をコントロールできれば、まだまだ輝けるはずだ。

Cimg0774 Cimg0806 Cimg0818


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.11

ACL Matchday2 ムアントンU戦プレビュー

名古屋戦の歓喜から中2日。明日はACL第2節。ホーム埼玉スタジアムにタイのムアントン・ユナイテッドをむかえ対戦する。

ムアントン・ユナイテッドは昨シーズンのタイプレミアリーグの覇者。グループリーグ第1節はホームに全北現代をむかえ対戦し2-2の引き分け。そして金曜日にタイでリーグ戦をこなしてからの来日となった。

近年、Jリーグとタイプレミアリーグとの交流が増え、全体のレベルも上がっている。ムアントンも開幕前に現地で磐田や湘南とプレシーズンマッチを開催し、少なからずもJリーグのスタイルは熟知しているはずであり油断は禁物だ。また、攻撃の核となるタイ代表のティーラシルの決定力に気を付けなければならないだろう。


一方のレッズは、前の試合はホームで名古屋と対戦。

前半こそ相手のハイプレスに苦しむものの、HTでしっかり修正を施した。54分に縦パスを基点に鮮やかにパスを繋げ、最後は宇賀神がファーサイドにシュートが決まり、待望の先制点を奪った。その後は、ACLを見越してか今シーズン初出場となる平川を投入させるなど万全の交代策で危なげなく試合を締め、結局1-0で勝利し開幕2連勝を果たした。


明日は中2日という過密日程も考慮してか、いくつかのポジションで選手の入れ替えが行われると予想される。特に先月の広州恒大戦でブレーキとなったマルシオが復調の気配を見せており、ここ2試合は途中出場ながらも要所要所でキーマンとなっており、期待したいところである。また運動量が激しい両翼も関口や平川の先発起用も考えられる。

広州戦こそ大敗を喫したものの、その反省を踏まえつつJリーグで連勝を果たし、選手達の自信も戻ってきた。しかしながら短期決戦となるグループリーグでは連敗は許されない。それだけプレッシャーもあるかもしれないが、巻き返す力は備わっているはずだ。あとは培ってきた力と技術をピッチで表現できればおのずと結果が出てくるはずである。

前試合の結果
【浦和】 Jリーグ第2節 (対名古屋 ○1-0)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.10

特需

今日は、J2の第2節11試合が開催。

その中で注目されたのは、今シーズンからJ2に昇格したV・ファーレン長崎がG大阪をむかえ対戦した試合。

諫早にある改装された「長崎県立総合運動公園陸上競技場」で行われましたが、J初のホーム開催と日本代表選手も所属するJ屈指のクラブとの対戦も相まって、観客数はJ2では異例の18,153人が来場。まさに「特需」と言っても過言じゃないですよね。

試合はガンバが開始早々から攻勢を強め、前半で3-0と圧倒的な内容でしたが、長崎も80分に1点を返してからスタジアムの一体感も相まって盛り上がったようですが、追撃及ばず1-3で敗戦を喫しました。

長崎は九州で6番目のJクラブ。さらに今シーズンはJ2に限ると、4クラブでしのぎを削る戦いになりますが、切磋琢磨して九州全体でJを盛り上げてほしいですね。

J2第2節
長崎1-3G大阪【長崎

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年3月3日 - 2013年3月9日 | トップページ | 2013年3月17日 - 2013年3月23日 »