« 第34節 C大阪戦プレビュー | トップページ | ポストシーズンクライマックス »

2013.12.07

【第34節 C大阪戦】

オフィシャルより

Jリーグ vsセレッソ大阪
7日(土)、埼玉スタジアムにて行われました『2013Jリーグ DIVISION1 第34節 vsセレッソ大阪』の試合結果をお知らせいたします。
2013JリーグDIVISION1第34節
2013年12月7日(土) 15:34キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 2-5(前半1-2) セレッソ大阪
得点者:24分 原口 元気、40分 杉本 健勇(C大阪)、45+1分 南野 拓実(C大阪)、53分 柿谷 曜一朗(C大阪)、72分 興梠 慎三、76分 柿谷 曜一朗(C大阪)、86分 南野 拓実(C大阪)
入場者数:54,905人
試合速報


「かくも浦和らしき幕引き」

守備崩壊の5失点。

目の前に見えていたACLはおろか、6位まで順位を落として今シーズンのリーグ戦は幕を閉じた。

試合の入りから原口の先制点までの時間帯は悪くなかった・・・というか、ようやく落ち着いたレッズのサッカーが見られたように感じた。しかし敵将が戦況に慌てず修正を施して果敢に攻めてくると、徐々に守りに綻びが見え始め、左右に揺さぶってくる相手にアプローチも緩くバタバタする時間帯が増えてきた。

いくら興梠がカラダを張ってボールを収めても、そして失ったボールに柏木が必死に追いかけて喰らいついても、その次が繋がらず相手のプレッシャーに軽く往なされては、やるせない気持ちもわからなくない。それだけにこの5失点、いや1分3敗における15失点に指揮官は何を思うのだろうか。

こればかりは新たな選手を入れようが今のままでは何も変わらないだろう。そして忠実に戦術を理解できる選手だけを配置したところでも、基本中の基本となる約束事がなければいつぞや破綻する。

指揮官は試合後のコメントで、「来シーズン何をしなければいけないかがはっきりしたと思います」と語った。しかしそれはもう言い訳ができない3シーズン目となることを彼自身理解しているのかもしれない…。

ミシャサッカーのデメリットを痛感した最終戦。しかしそれ以上にこういう幕引きをしでかしてしまうのも、かくも浦和らしいといえは浦和らしい。

今シーズンは中国広州の地で始まり、そのリベンジの夢を掴みかけて最後に失なった。そして来シーズンは再び仕切り直しとなる。新たに何を積み上げ何を創り出すのか。長いオフに先にある新たな旅路に期待したい。

Cimg4340 Cimg4379 Cimg4384

Cimg4402 Cimg4404 Cimg4409

|

« 第34節 C大阪戦プレビュー | トップページ | ポストシーズンクライマックス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/58717029

この記事へのトラックバック一覧です: 【第34節 C大阪戦】:

« 第34節 C大阪戦プレビュー | トップページ | ポストシーズンクライマックス »