« 第33節 鳥栖戦プレビュー | トップページ | 鳥栖遠征あれこれ »

2013.11.30

【第33節 鳥栖戦】

オフィシャルより

Jリーグ vsサガン鳥栖
30日(土)、ベストアメニティスタジアムにて行われました『2013Jリーグ DIVISION1 第33節 vsサガン鳥栖』の試合結果をお知らせいたします。
2013Jリーグ DIVISION1 第33節
11月30日(土) 14:03キックオフ・ベストアメニティスタジアム
サガン鳥栖 4-1(前半2-0) 浦和レッズ
得点者:15分 早坂 良太(鳥栖)、37分 豊田 陽平(鳥栖)、90分 豊田 陽平(鳥栖)、90+2分 那須 大亮、90+6分 豊田 陽平(鳥栖)
入場者数:20,196人
試合速報


「再び打ち砕かれたプライド」

昨年と同じような敗戦。

前節同様、相手の早いプレッシャーになかなか縦へボールが運べず窮屈な展開を強いられ、セカンドボールがほとんど拾えないまま、前半だけで2失点。

後半こそ盛り返し何度かチャンスを作るものの、しっかり守備ブロックを敷いた鳥栖の網をかいくぐるには2点というリードはあまりにも大きかった。

終わってみれば豊田のハットトリックを含む4失点。昨年に続き鳥栖の地でプライドも何もかも打ち砕かれたあげく優勝の可能性が潰え、さらにACL圏内から転落してしまった。

選手を固定してきた弊害もあるが、終盤でこのような結果が続くということは、自分達の力の限界を示している。相手に研究され尽くされているのもあるが、それを盛り返すべく結果的に焦りがさらなる焦りを呼び、チームバランスを崩してしまうという悪循環が続いている。

しかしここまでくると、それを止めるべくの手段はもう指揮官には残ってないだろう。それだけ選手達は言葉以上にココロもカラダも疲弊しているということである。

ただ焦っても嘆いても、レッズに残された時間は90分+α。幸いにも最終戦で勝てば自力でACL出場という3位以内を確保できる。それはこんなふがいない試合をしても、今シーズン何度もあった浮上のチャンスを逃しても、まだサッカーの神様はレッズを見放していないという証でもある。

最後の最後に与えられたチャンスをしっかりと掴み取れるか…。つまりはこの1週間がとてもとても大事なのである。

Cimg4232 Cimg4251 Cimg4255

|

« 第33節 鳥栖戦プレビュー | トップページ | 鳥栖遠征あれこれ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/58671204

この記事へのトラックバック一覧です: 【第33節 鳥栖戦】:

« 第33節 鳥栖戦プレビュー | トップページ | 鳥栖遠征あれこれ »