« 第31節 仙台戦プレビュー | トップページ | 仙台遠征あれこれ »

2013.11.10

【第31節 仙台戦】

オフィシャルより

Jリーグ vsベガルタ仙台
10日(日)、宮城スタジアムにて行われました『2013Jリーグ DIVISION1 第31節 vsベガルタ仙台』の試合結果をお知らせいたします。
2013Jリーグ DIVISION1 第31節
2013年11月10日(日)19:05キックオフ・宮城スタジアム
ベガルタ仙台 3-3(前半1-2) 浦和レッズ
得点者:2分 ウイルソン(仙台)、6分 梅崎 司、31分 興梠 慎三、47分 赤嶺 真吾(仙台)、59分 興梠 慎三、90+2分 石川 直樹(仙台)
入場者数:17,183人
試合速報


「見えない重圧」

終わってみれば、5月の対戦時と同様に終了間際のドロー劇。またしても手から勝点2がするりとこぼれ落ちた。

13時からの試合で横浜が敗れ、広島がドロー。よってこの試合でレッズが勝てば首位浮上というシナリオに、スタッフや選手達にもおそらくその情報は耳にしていただろうし、観ている側もドキドキを通り越して、どことなく勝てるかも…という幻想を抱いていたのかもしれない。

そう考えるのならば、3失点のいずれも、開始直後と終了間際というあまり考えにくい時間帯での失点は多少なりともうなづけるし、最後に坪井を投入し守りに入ったのも、どこかで見えない重圧がかかっていたと言っても過言ではないだろう。

内容を振り返るのならば、吹っ切れた戦いを仕掛けてきた仙台の方がチャンスが多かったように思う。特にドリブル突破に手を焼いてDFラインがズルズルと下がり、止むを得ずファールを犯しプレーを止めるという展開に苦しんだ。

優勝という重圧に押し潰されてしまうのであれば、最後に女神は微笑んでくれない。ただ幸か不幸か、残り3試合での上位陣はいずれも同時刻キックオフ。ゆえに目の前の相手だけを倒すことに集中できる。もしそれで負けてしまったら、まだまだ力が備わっていないという証だろう。

この停滞した状況を破っていくのも、選手達の努力次第なのだと思う。

Cimg4006 Cimg4015 Cimg4022

|

« 第31節 仙台戦プレビュー | トップページ | 仙台遠征あれこれ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/58551198

この記事へのトラックバック一覧です: 【第31節 仙台戦】:

« 第31節 仙台戦プレビュー | トップページ | 仙台遠征あれこれ »