« 天皇杯3回戦 山形戦プレビュー | トップページ | 第29節 鹿島戦プレビュー »

2013.10.16

【天皇杯3回戦 山形戦】

オフィシャルより

天皇杯3回戦 vsモンテディオ山形
16日(水)に浦和駒場スタジアムにて行われました『第93回天皇杯全日本サッカー選手権大会 3回戦 vsモンテディオ山形』の試合結果をお知らせいたします。
第93回天皇杯全日本サッカー選手権大会 3回戦
2013年10月16日(水) 19:04キックオフ・浦和駒場スタジアム
浦和レッズ 2-3(前半1-1) モンテディオ山形
得点者:39分 伊東 俊(山形)、41分 阪野 豊史、67分 宮阪 政樹(山形)、76分 邦本 宜裕、79分 ロメロ フランク(山形)
入場者数:5,890人
試合速報
公式記録】(JFA ※PDFファイル)


「未来と現実と」

純然たる敗戦。

週末のリーグ鹿島戦との兼ね合いから、ほぼセカンドチーム+ユース所属の選手での構成となったが、相手の出足が良くその勢いに終始押されてしまい、なかなかゲームが作れず主導権が握れなかった。それに加え自陣のミスなども重なり、終わってみれば3失点。元日国立への夢は早々に2試合で散ってしまった。

レッズの攻めの形となるバックラインからも押し上げも、決してスムーズなものとはいえず、攻め急ぎの感も見えた。また相手のプレッシャーに後ろ向きな部分も見え、その結果中盤で相手の網にかかってしまいカウンターを喰らうという、まさにこれまで下位相手に苦戦した姿そのものだった。

もちろん阪野や、16歳になったばかりの邦本のゴールなど未来へ向けた収穫はあった。しかし、いずれもセットプレーや強引な形から。相手を揺さぶって押し込む展開は90分通してほぼ皆無であり、固定起用による目の前の現実に対しては、かなり厳しい内容だったと振りかえざろう得ない。

賜杯への道が途絶え、レッズの今シーズンはナビスコカップを含めて残り7試合となった。残念ではあるが、あえてポジティブに捉えるならば、ひとまずゴールテープが定まったのだから、この敗戦をしっかり受け入れ、もう1度切り替えてチーム一丸で最後まで全力で闘いぬいてほしい。

Cimg3632 Cimg3640 Cimg3647

|

« 天皇杯3回戦 山形戦プレビュー | トップページ | 第29節 鹿島戦プレビュー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/58398209

この記事へのトラックバック一覧です: 【天皇杯3回戦 山形戦】:

« 天皇杯3回戦 山形戦プレビュー | トップページ | 第29節 鹿島戦プレビュー »