« 第27節 湘南戦プレビュー | トップページ | 平塚遠征あれこれ »

2013.09.28

【第27節 湘南戦】

オフィシャルより

Jリーグ vs湘南ベルマーレ
28日(土)、Shonan BMWスタジアム平塚にて行われました『2013Jリーグ DIVISION1 第27節 vs湘南ベルマーレ』の試合結果をお知らせいたします。
2013Jリーグ DIVISION1 第27節
2013年9月28日(土)16:04キックオフ・Shonan BMWスタジアム平塚
湘南ベルマーレ 2-2(前半0-1) 浦和レッズ
得点者:18分 槙野 智章、75分 ウェリントン(湘南)[PK]、81分 遠藤 航(湘南)、90分 柏木 陽介
入場者数:13,743人
試合速報


「運と不運の狭間」

レッズにとっては苦しみながらも何とかドローに持ち込んだ。ただこれは実力ではなく、あくまで力づくで。

前半こそCKの流れから先制点を奪い、その後も相手ゴールを脅かし主導権を握っていたかのように見えたが、追加点を奪えないまま折り返すと、後半は次第に運動量が落ち相手のペースにのまれコントロールを失った。

もちろんPKというアンラッキーな判定もあったが、逆転を許した遠藤のゴールは速攻で自陣左サイドからクロスを放り込まれ、ニアからヘディングで奪われるという綺麗な形での失点だった。

レッズが同点に追いつけたのは、相手の退場が1つの要因と考えるのが妥当であり、助けられた感は否めない。それまで全くチャンスらしいチャンスも無かったのだからそれはラッキーな形だった。

とかく運動量の激減は頭痛の種であり、時間が経つごとに若い選手を有する湘南との差は明らかだったが、それはこれまでの選手起用を振り返ればそれとなく分かるわけで、今は正念場だと思う。

優勝を狙う上では、首位横浜が引き分けたということはまだ運があると捉えていいだろう。だが実力が備わっているチームは容易に下位に勝点を取りこぼすことはない。それは不運の一言では済まされないのである。

Cimg3473 Cimg3476 Cimg3491

|

« 第27節 湘南戦プレビュー | トップページ | 平塚遠征あれこれ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/58282068

この記事へのトラックバック一覧です: 【第27節 湘南戦】:

« 第27節 湘南戦プレビュー | トップページ | 平塚遠征あれこれ »