« 第25節 FC東京戦プレビュー | トップページ | 夏休み »

2013.09.14

【第25節 FC東京戦】

オフィシャルより

Jリーグ vsFC東京
14日(土)、国立競技場にて行われました『2013Jリーグ DIVISION1 第25節 vsFC東京』の試合結果をお知らせいたします。
2013Jリーグ DIVISION1 第25節
2013年9月14日(土) 18:35キックオフ 国立競技場
FC東京 3-2(前半2-0) 浦和レッズ
得点者:8分 チャン ヒョンス(FC東京)、36分 森重 真人(FC東京)、51分 槙野 智章、53分 那須 大亮、90分 平山 相太(FC東京)
入場者数:34,756人
試合速報


「同じことの繰り返し」

ほぼ同じような形から3失点。全てがセットプレー絡みゆえ、タイミングしかり駆け引きしかりいろいろあったのかもしれないが、やはり同じことの繰り返しというのは、修正できていないという事であり、優勝を狙う上では軽い失点が続き、あまりにも痛すぎる敗戦だった。

相手のシステム変更にも、この日リーグ戦初先発を果たした山田暢久をはじめとしたDF陣がしっかり対応し、失点シーン以外では崩される事無くしっかり抑えていたように思う。

ただ、やはり指揮官の言うように、後半に入ると運動量が落ちる選手が目立ち始め、それに応じて交代策を用意することになるのであるが、この日ばかりは原口に代わって入った啓太がやや前のポジションにとったことで、ピッチ上の選手達に混乱が生じ、攻めるのか守るのかはっきりしないまま、アディショナルタイムに決勝点を与えてしまったように思えた。

今後は累積警告などの含め主力が外れてしまう試合も多くなることが予想される。もちろんこれまでの戦術にこだわらないやり方もあるのかもしれないが、やはり控え選手達の力こそ必要になってくるはずだ。

リーグ戦は残り9試合。戦術が研究し尽くされている中で、同じことを繰り返さないためには、もう1度自分達の展開するミシャサッカーの基本に戻る事も必要だと思う。それは軽い失点の機会が多いゆえ、どこかでバランスを崩しているという印象が拭い切れないからだ。

Cimg3319 Cimg3330 Cimg3338

|

« 第25節 FC東京戦プレビュー | トップページ | 夏休み »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/58191706

この記事へのトラックバック一覧です: 【第25節 FC東京戦】:

« 第25節 FC東京戦プレビュー | トップページ | 夏休み »