« 第21節 大分戦プレビュー | トップページ | ヒートアップJ2 第29節 »

2013.08.17

【第21節 大分戦】

オフィシャルより

Jリーグ vs大分トリニータ
17日(土)、埼玉スタジアムにて行われました『2013Jリーグ DIVISION1 第21節 vs大分トリニータ』の試合結果をお知らせいたします。
2013Jリーグ DIVISION1 第21節
2013年8月17日(土) 18:03キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 4-3(前半1-3) 大分トリニータ
得点者:12分 梶山 陽平(大分)、15分 若狭 大志(大分)、20分 松田 力(大分)、24分 興梠 慎三、47分 マルシオ リシャルデス、56分 阿部 勇樹、84分 那須 大亮
入場者数:32,329人
試合速報


「大逆転劇の影」

開始12分にFKから先制点を許してからわずか8分間で計3失点。いずれも崩されての失点ではなかったものの、相手の勢いあるプレスになかなか主導権が握れないまま、あれよあれよというまに自らの首を絞める形から始まってしまった。

ただ選手達はあきらめていなかった。むしろ経験した事がない事象からやってやろうという気概を感じ、それが24分の興梠の鮮やかなゴールがレッズの反撃の狼煙となった。

指揮官の選手交代策しかり、選手達のレッズのサッカーのセオリーから異なった形振り構わないプレーもしかり、それも全ては逆転するためのチームとしての精一杯の努力が実を結んだ結果だったと思う。

3失点という大きな大きなビハインドから、およそ70分間+αでクラブ史上初の大逆転劇をやってのけた事は、上を目指すレッズにとってとても素晴らしく、スタジアムが一体となった劇的な勝点3であったが、落ち着いて振り返ると、第15節からリーグ戦7試合連続失点を喫し、その数は「16」と総失点の半分以上を積み上げてしまった。

この数字をどう評価するのか・・・。今後も対戦相手は、レッズのウィークポイントを虎視眈々と狙っている。それだけに今の暑さを含めて、選手達の集中力だけではこなしきれていない部分もあることは事実である。

大逆転劇の影にある勝負事の深さ。この激戦を糧に残暑の連戦を乗り切ってほしい。

Cimg2529 Cimg2549 Cimg2565

|

« 第21節 大分戦プレビュー | トップページ | ヒートアップJ2 第29節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/58011035

この記事へのトラックバック一覧です: 【第21節 大分戦】:

« 第21節 大分戦プレビュー | トップページ | ヒートアップJ2 第29節 »