« 第24節 新潟戦プレビュー | トップページ | 天皇杯開幕 »

2013.08.31

【第24節 新潟戦】

オフィシャルより

Jリーグ vsアルビレックス新潟
31日(土)、埼玉スタジアムにて行われました『2013Jリーグ DIVISION1 第24節 vsアルビレックス新潟』の試合結果をお知らせいたします。
2013Jリーグ DIVISION1 第24節
2013年8月31日(土) 18:04キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 1-0(前半0-0) アルビレックス新潟
得点者:62分 興梠 慎三
入場者数:40,372人
※柏木陽介がJ1通算200試合出場を達成
試合速報


「宿題の答え」

3月のビッグスワンでの対戦時のように、先制しても最後は相手の攻撃に押されまくってなんとか凌ぐという場面が続き、夏休み最後のホームゲームはとてもタフな試合だった。

とかく相手は対浦和の常套手段であるマンマークを敢行。常々予想されていた“宿題”に対し、選手達はどう対応するか注目された。この日もなかなか前を向けずにさらに強風の影響もあって苦しんだものの、これまでのパスを繋ぐスタイルを極力抑え、ロングボールからの攻撃に主点を変えてチャンスを伺っていた。

先制点の場面こそ、柏木がボランチに下がり相手マークを混乱させ、さらに興梠のポジショニングが彼からの絶妙なスルーパスのタイミングを生み出しだ。振り返るとそれが唯一ともいえるビッグチャンスだっただけに、それだけ相手のマークに相当苦しんで耐え忍んでいたという証拠でもある。

連戦が続いていた中で、相手にボールを持たせることで速攻を防ぎ、逆に自らのカウンターの機会を伺うことで、いかに自らの体力の消耗を抑えるかというのも勝負のポイントだったのだろう。選手達が90分間という限られた時間の中でやり方を工夫した意義は大きいし、全体的に内容が良くない試合でこそ勝点3を奪ったのは、今後においていい影響を与えるはずだ。その結果再び首位に勝点1差と迫った。

リーグ戦も残り10試合。カップ戦を挟むがいよいよ12月の光が見えてきた。敗れても再び立ち上がり、臆することなく次の闘いに果敢に挑めば結果はついて来る…。それこそ選手達からの宿題の答えだったのだろう。

Cimg2928 Cimg2956 Cimg2965

|

« 第24節 新潟戦プレビュー | トップページ | 天皇杯開幕 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/58101188

この記事へのトラックバック一覧です: 【第24節 新潟戦】:

« 第24節 新潟戦プレビュー | トップページ | 天皇杯開幕 »