« 第20節 名古屋戦プレビュー | トップページ | 名古屋遠征あれこれ »

2013.08.10

【第20節 名古屋戦】

オフィシャルより

Jリーグ vs名古屋グランパス
10日(土)、豊田スタジアムにて行われました『2013Jリーグ DIVISION1 第20節 vs名古屋グランパス』の試合結果をお知らせいたします。
2013Jリーグ DIVISION1 第20節
2013年8月10日(土) 19:04キックオフ・豊田スタジアム
名古屋グランパス 2-0(前半0-0) 浦和レッズ
得点者:60分 玉田 圭司(名古屋)、64分 ケネディ(名古屋)
入場者数:30,478人
試合速報


「妖精の執念」

めったに非公開練習をしない敵将が、浦和戦に向けて木曜日金曜日と立て続けに行っていたのは「攻守の切り替えの徹底」だった。レッズの攻撃を逆手に取り、ミスを誘い一気に得点につなげるというまさに形に嵌めた戦い方にレッズは混乱し豊田の地で完敗を喫した。

相手の攻撃時には、両翼の田中隼磨や阿部が上がって3バックを形成し、レッズの5トップとマッチアップを繰り広げるが、守備時となるとボランチの中村直志、ダニルソンが顔を出し、常に主導権を握られる時間帯が続いていた。

前半こそ体力面からお互い様子見の展開ながらも、レッズは何度かビックチャンスを作っていたが、得点に結びつけることができないまま前半をスコアレスで折り返した。

やはり決めるべきところで決めなければならないというツケが回ってきたのか、後半立て続けのDFラインが崩されて2失点。特に前掛かりとなったところでボールを奪われ、カウンターを喫したのはまさにレッズがやりたいような展開だっただけに、指揮官や選手達の悔しさも大きかったと思う。

相手も77分に中村直志に代わりダニエルを投入すると5バックを形成。さらに壁を作って試合をクローズさせたのも、前回完敗を喫した敵将ピクシーのあくなき執念がこのリターンマッチに注がれたものだと強く感じた。

とかく暑さもそうだが熱気に包まれた豊スタにおいて、条件は一緒だったものの、ピッチコンディションを味方に付けたアドバンテージはレッズにとっては厳しかった。

今宵は完敗を喫したが、そういう中で関口や久々のリーグ戦出場となった山田直輝のプレーを観ることができた。彼らにとって追う展開での起用で難しい状況ではあったが、ゴールへ向かって前を向くプレーは、今後のレッズにとって一筋の光が差し込んできたものと思いたい。

P1140302 P1140319 P1140329

|

« 第20節 名古屋戦プレビュー | トップページ | 名古屋遠征あれこれ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/57965965

この記事へのトラックバック一覧です: 【第20節 名古屋戦】:

« 第20節 名古屋戦プレビュー | トップページ | 名古屋遠征あれこれ »