« 3年ぶり | トップページ | 【さいたまシティカップ アーセナル戦】 »

2013.07.25

東アジアカップ オーストラリア戦

齋藤、大迫のゴールで2点リードしてから、あれよあれよという間に同点に追いつかれたときは、中国戦がフラッシュバックしましたが、直後に速攻から大迫が勝ち越しゴールを決めてこれが決勝点。何とか大会初勝利を飾りました。

1点差になってから勝ち越しまでわずか4分少々の流れは激しかったですねー。

それにしてもスタメン総入れ替えとはビックリしました。それだけにまだまだ守備の不安定さは拭いきれません。それゆえ新戦力の発掘につながっているかどうかわかりませんが、最後の韓国戦にむけてしっかり調整して結果が欲しいですね。

EAFF東アジアカップ2013決勝大会 第2戦
日本 3-2 オーストラリア(JFA)(スポーツナビ

|

« 3年ぶり | トップページ | 【さいたまシティカップ アーセナル戦】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/57866400

この記事へのトラックバック一覧です: 東アジアカップ オーストラリア戦:

« 3年ぶり | トップページ | 【さいたまシティカップ アーセナル戦】 »