« 第16節 川崎戦プレビュー | トップページ | 等々力遠征あれこれ »

2013.07.13

【第16節 川崎戦】

オフィシャルより

Jリーグ vs川崎フロンターレ
13日(土)、等々力陸上競技場にて行われました『2013Jリーグ DIVISION1 第16節 vs川崎フロンターレ』の試合結果をお知らせいたします。
2013Jリーグ DIVISION1 第16節
2013年7月13日(土) 19:03キックオフ 等々力陸上競技場
川崎フロンターレ 4-0(前半3-0) 浦和レッズ
得点者:28分 中村 憲剛(川崎)、30分 レナト(川崎)、43分 山本 真希(川崎)、49分 大久保 嘉人(川崎)
入場者数:19,010人
試合速報


「チームバランス」

公式戦2ヶ月半ぶりの敗戦。川崎の勢いある攻撃に全くもって為すすべなく4失点。連戦云々以前の完敗で、チームバランスの差が結果を分けた。

とかく相手の中盤を形成する中村、稲本、山本の3人のトライアングルは抜群で、ケガの啓太に代わりボランチを任された柏木もすっかり監視下に置かれ、ほとんど仕事をさせてもらえなかった。また、敵将の対策として自陣でボールホルダーに複数でアタックを仕掛けて奪うと一気に攻撃のスイッチが入り、手数をかけないパス交換から素早く前線に繋がれ何度もカウンターを浴びてピンチに晒された。

この日ばかりはまんまと相手の術中に嵌ってしまった。ただそれは前節からの悪い流れを断ち切っていないといってもおかしくはない。2試合で6失点では、相手を誉める以前の問題でもある。啓太が不在という状況下で、反撃のカードが少なかったのも、チームバランスを図る上で気になるところ。ただ投入された矢島も関口も劣勢の状況ながら持ち味は魅せてくれたと思う。

そしてもう4日後には次の試合がやってくる。このような大敗がチームマネジメントにどう影響するだろうか。だからこそ試合後に指揮官が選手達と共にゴール裏にやってきたのであれば、今は信じてついて行くしかないであろう。

Cimg2196 Cimg2203 Cimg2213

|

« 第16節 川崎戦プレビュー | トップページ | 等々力遠征あれこれ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/57783577

この記事へのトラックバック一覧です: 【第16節 川崎戦】:

« 第16節 川崎戦プレビュー | トップページ | 等々力遠征あれこれ »