« 第14節 甲府戦プレビュー | トップページ | 第15節 FC東京戦プレビュー »

2013.07.06

【第14節 甲府戦】

オフィシャルより

Jリーグ vsヴァンフォーレ甲府
6日(土)、国立競技場にて行われました『2013Jリーグ DIVISION1 第14節 vsヴァンフォーレ甲府』の試合結果をお知らせいたします。
2013Jリーグ DIVISION1 第14節
7月6日(土) 18:05キックオフ 国立競技場
ヴァンフォーレ甲府 0-1(前半0-0) 浦和レッズ
得点者:83分 那須 大亮
入場者数:28,906人
試合速報


「我慢の末」

待ちに待ったリーグ戦再開。梅雨明けの気候も手伝ってかとても厳しい試合だった。

とかく甲府の守備に手を焼いた。ほぼマンマークを配する中で、なかなか事態を打開できず時間だけが過ぎていったが、レッズはバックラインからじっくり相手の穴を探り、チャンスと見るやリスクを諸共せず勝負を仕掛けていく。

流れが変わってきたのは、啓太に代わりマルシオが投入され、柏木のポジションが1枚下がった60分から。そしてようやく厚い壁を打ち破ったのは82分の那須のヘディングゴールだった。

最初は誰が叩き込んだのかわからなかったが、改めて確認すると、前のプレーから那須がスルスルとバックラインから上がっていき、梅崎のクロスに対して彼が入ることで相手DF陣と同数。そしてボールを見切ったつもりだったDF土屋の背後に回りあわせたボールを叩きつけて我慢の末にゴールをこじ開けた。

今後も今日のような難しく厳しい試合が続くだろうが、堅守の相手に対し勝点3を奪えたことは大きい。だがその流れを次に繋げることもとても大事なのだと思う。

Cimg1980 Cimg1998 Cimg2021

|

« 第14節 甲府戦プレビュー | トップページ | 第15節 FC東京戦プレビュー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/57736620

この記事へのトラックバック一覧です: 【第14節 甲府戦】:

« 第14節 甲府戦プレビュー | トップページ | 第15節 FC東京戦プレビュー »