« 【第14節 甲府戦】 | トップページ | 【第15節 FC東京戦】 »

2013.07.09

第15節 FC東京戦プレビュー

前節から中3日。明日はホーム埼玉スタジアムにFC東京をむかえ対戦する。

FC東京は現在、6勝1分7敗の勝点19で第8位。前節はホームに広島をむかえ対戦。

負傷欠場した渡邉千真に代わり、1トップにはルーカス。空いた位置にリーグ戦初先発の三田を起用し試合に臨んだ。特に目立ったのはルーキーの三田。ルーカスとの絶妙な距離感を保ったパス交換を展開し、広島の守備ブロックに挑み何度かチャンスを作り上げた。

しかしなかなかゴールに結び付けられず、後半のアディショナルタイムに与えてしまったFKから失点。これが決勝点となり0-1で敗戦を喫してしまった。


一方のレッズは前節はアウェーながら国立で甲府と対戦。

守備意識の高い甲府に対し、レッズの攻撃の軸となる縦パスがなかなか入れず、得点への糸口が作れなかった。しかし後半に入り、マルシオが投入されると徐々に試合を支配できるようになり、82分に梅崎のクロスからファーサイドに流れていた那須がピタリと頭で合わせゴールに叩き込んだ。これが決勝点となり1-0で勝利し、大事な再開初戦で勝点3を奪った。


昨年のFC東京との対戦は2戦2分。いずれの試合もお互いの指揮官のプライドがぶつかりあう中での好ゲームだった。それゆえ明日も密度の濃い試合が予想されるであろう。そしてFC東京は、前節に広島と対戦した事で、レッズに対するある程度のイメージを持って臨むことと思われる。

明日は渡邉千真が復帰予定でルーカスとともに前線でボールを収められるポイントが増えるだろう。それゆえ逆に2列目からの東や長谷川アーリアジャスールなどの飛び出し。さらに両サイドバックからの駆け上がりに気をつけたいところだ。

前節から中3日という条件は相手も同じ。灼熱のピッチコンディションが選手達の体力や気力にどう影響するのだろうか。前節のように均衡している状況こそ、那須のような1発で試合を決められる選手の力が必要になってくる。

お互いの手の内は知っているゆえ、2シーズンぶりに決着がつくのか。厳しい連戦が続くが、相手を圧倒してホームで勝点3を奪ってほしい。


☆前試合の結果
【浦和】 Jリーグ第14節 (対甲府 ○1-0)
【FC東京】 Jリーグ第14節 (対広島 ●0-1)

|

« 【第14節 甲府戦】 | トップページ | 【第15節 FC東京戦】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/57759915

この記事へのトラックバック一覧です: 第15節 FC東京戦プレビュー:

« 【第14節 甲府戦】 | トップページ | 【第15節 FC東京戦】 »