« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013.06.30

【ナビスコ杯準々決勝第2戦 C大阪戦】

オフィシャルより

ヤマザキナビスコカップ、準決勝へ進出
30日(日)、埼玉スタジアムにて行われました『ヤマザキナビスコカップ準々決勝第2戦vsセレッソ大阪』の試合結果をお知らせいたします。
2013Jリーグヤマザキナビスコカップ準々決勝 第2戦
2013年6月30日(日) 18:00キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 1-1(前半1-1) セレッソ大阪
得点者:6分 南野 拓実(C大阪)、34分 梅崎 司
入場者数:22,743人
※2試合合計スコア3-1で浦和レッズが準決勝へ進出。川崎フロンターレとの対戦になります。
試合速報


「手堅く確実に」

2点のビハインドを追うセレッソは、当然のごとくチームカラーでもある攻撃性を前面に出して、勝負に来るであろうと予想していた。

だが、ふたを開けてみるとセレッソは決して前線からガツガツとボールを奪う訳ではなく、まずは失点を阻止すべく前線のボランチを含めた6人が守備に入り、自陣に引きこんでからのボールロストを狙っていた。そしてレッズはその網にまんまと引っかかり、ボールロストからカウンターを浴び、開始わずか6分で先制点を喫してしまう。さらにそれ以後も何度がゴール前を脅かされた。

34分に梅﨑の同点ゴールが決まり、その後は落ち着きを取り戻したレッズの時間帯が続く中、75分に指揮官は負傷した啓太に代わり、阪野を投入して柏木をボランチに下げる戦術を敢行すべく彼を呼び寄せていたが、急遽山田暢久に変更。カップ戦特有の戦況を判断し、守備的な選手を投入することで試合をクローズさせた。

結果的にホームで引き分けに終わった事は、観る側にしてみたら判断が分かれるかもしれないが、ホーム&アウェーで結果が求められるカップ戦においては、こういう試合運びも重要になってくる。今日は興梠不在の中で内容には不安を残しつつも、指揮官は“結果”にこだわっていたのだと思う。

Cimg1913 Cimg1926 Cimg1936

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.06.29

ナビスコ杯準々決勝第2戦 C大阪戦プレビュー

6月最後の公式戦。明日はナビスコカップ準々決勝第2戦。ホーム埼玉スタジアムにセレッソ大阪をむかえ対戦する。

1週間前に行われた長居スタジアムでの第1戦は、前半9分にマルシオからのスルーパスに興梠が反応。相手GKをかわして無人のゴールに流し込み、先制点かつ待望のアウェーゴールを奪った。その後も緩急をつけた縦パスやサイドチェンジが決まり、試合の主導権を握る。

後半に入ってもレッズの勢いが変わらず、56分にカウンターから右サイドを走る柏木に啓太からボールが渡る。すぐさま中へ折り返し、ファーサイドから抜け出した興梠が決めて貴重な追加点を奪った。その後も何度かチャンスが訪れるものの決め切れなかったが、2-0と勝利し、大きなアドバンテージを持って埼スタに戻ってきた。

もちろん相手のコンディション不足があったようだが、レッズはそれ以上にパススピードに緩急をつけて相手を往なし、特にセレッソの顔である柿谷に仕事をさせずほぼ封殺していた。しかし明日はセレッソは最低でも3点を奪わなければならず、より攻撃的になることが予想され、もちろん柿谷自身もこのままでは終われないだろう。

しかしレッズの選手達のコメントを聞く限り、決しておごりはなく、むしろ久々の埼スタで勝つことを重要視しており、あとはプレーにしっかり反映できるかがポイントになろうかと思う。まずは次の1点を先に奪えれば一気に次のステージへの道筋が開けると思う。

明日は、第1戦の勝利の立役者である興梠の欠場が予想される。その穴を埋めるのはマルシオと、先週は欠場した原口で柏木と共に1トップ2シャドーを担うことになるだろう。もちろん興梠の欠場は厳しいが、今のレッズはそれを補えるだけの攻撃力を兼ね備えており、バックラインとの連係を密にとれれば大きな心配はしていない。むしろセレッソに押し込まれたときの対応には、十二分に気をつけたいところだ。

“前半90分”を終えて2-0。決して安心できないスコアだというのは誰もが知るところ。それゆえ指揮官も選手達も、明日は第1戦の結果とは別に勝つことを強く意識して試合に臨んでくるだろう。

自分もそうだが、代表よりもレッズに飢えている人たちにとっては、ほぼ1ヶ月ぶりの埼スタでの試合。まずはホームで結果をだして、次のステージへ進み、さらに来週からのリーグ戦再開に向けて弾みをつけてほしい。


☆前試合の結果
Jリーグヤマザキナビスコカップ準々決勝第1戦(6/23) 
C大阪0-2浦和 【C大阪】【浦和

☆今季対戦
Jリーグ第10節(5/6) 
C大阪2-2浦和 【C大阪】【浦和

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.06.27

参加意思

来シーズン発足予定の「J3」に19前後のクラブが参加意思があるとのこと。

来月には参加クラブの数が決まり、さらにクラブからの申請を受けて審査をし9月頃には決定する見通しのようです。

J3に参加申請しているクラブにはより地域密着色が強い所が多いようですが、まずは財政基盤と地元との連係が大切だと思うので、その審査結果やその後の開幕までをしっかり見ていきたいですね。


19クラブ前後が参加意思=来年発足のJ3(時事通信)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.06.25

アウェーゴール

先日のナビスコカップ準々決勝第1戦。久々に“アウェーゴール”の醍醐味を思い出しました。2点を奪ったのはよかったですが、それ以上にクリーンシートで終えたのは大きかったですね。

とりあえず第2戦は、勝ちか引き分けで準決勝進出。仮に敗れても1-2、0-1のスコアなら得失点差で決まります。逆にセレッソはまずは3点差をつけて勝たないといけなく厳しい状況ですが油断大敵。やはり“慢心”に気をつけたいところ。

で、もしレッズが準決勝に進出した場合、対戦相手となる川崎-仙台戦は等々力で行われ、2-1で川崎の勝利でしたが仙台が奪った1点がユアスタでの第2戦にどう影響するのか注目です。

川崎は勝ちか引き分けで決まりですが、仙台は1-0での勝利でも得失点差が同じとなり最終的にあのアウェーゴールが響いてくるので、最後の最後までわかりませんね。


ヤマザキナビスコカップ大会概要(Jリーグオフィシャル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.06.24

3連敗

前半こそスコアレスで折り返すも、後半早々に失点を喫すると、3バックに変えてさらにCKから失点。

1点返すも、悪い流れを断ち切れないまま敗れてしまいグループリーグ3連敗を喫し、日本代表にとってのコンフェデレーションズカップが終了。

W杯予選からの連戦でコンディション調整が・・・など言われていますが、本番の舞台で強豪国と対戦できたのは貴重な経験。これを糧に1年後に向けて仕上げてしっかり結果を出してもらえればいいのではないかと・・・。

自分達の位置がどこにあるのか。それを再認識した大会だったと思います。


『FIFAコンフェデレーションズカップ ブラジル2013 グループA』
日本 1-2 メキシコ(スポーツナビ)
SAMURAI BLUEはメキシコに敗れ、大会を終える
公式記録(PDFファイル)(いずれもJFA)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.06.23

【ナビスコ杯準々決勝第1戦 C大阪戦】

オフィシャルより

ヤマザキナビスコカップ準々決勝第1戦 vsセレッソ大阪
23日(日)、大阪長居スタジアムにて行われました、ヤマザキナビスコカップ準々決勝第1戦vsセレッソ大阪の試合結果をお知らせいたします。
2013年6月23日(日) 19:04キックオフ・大阪長居スタジアム
セレッソ大阪 0-2(前半0-1) 浦和レッズ
得点者:9分 興梠 慎三、56分 興梠 慎三
入場者数:16,602人
試合速報


「再確認と上積み」

スコアこそ2-0であったが、ホーム&アウェーでの連戦における先勝。さらにアウェー2ゴールという大きなアドバンテージを得て、前半の90分間を終えた。

相手の準備不足こそあったものの内容ではほぼ圧倒。特に縦への意識が強く表れ、たとえ相手の厳しいチェックに遭っても、選手間でしっかりと距離感を保ち、意識を高め危機を未然に防ぎボールを繋げていった。

これこそ北海道キャンプで再確認し、それが試合で結果が出た証でもあり、さらに自信を積み上げたのだと思う。また実戦練習を多くこなす上で、見逃せない反省点を選手個々であぶり出し修正できたのも大きいと思う。そして彼の一件も関係なかったとは言い難い。

5月のACLムアントン戦以来、公式戦6試合ぶりの完封勝利とはいっても、まだ前半90分間を終えたばかりで何も得ていない。次週、今度は迎え撃つ埼スタの90分間こそ本当の勝負所となるだろう。

<テレビ観戦>

Cimg1885 Cimg1860 Cimg1880

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.06.22

ナビスコ杯準々決勝第1戦 C大阪戦プレビュー

代表戦で盛り上がる中、明日からナビスコカップ決勝トーナメントが開幕。準々決勝第1戦は、アウェー大阪長居スタジアムにのりこみ、セレッソ大阪と対戦する。

5月に長居で対戦した第10節では、互角の戦いで一進一退の攻防。レッズは原口、那須のゴールで逆転するも、終了間際に同点に追いつかれ2-2のドローに終わった。

セレッソは、リーグ戦では6勝5分2敗の勝点23で第6位。予選リーグは4勝1分1敗の勝点13の第1位で通過し好調をキープしている。特に代表やニューヒーロー賞に一番近いといわれるエース柿谷を中心に、枝村や山口蛍ら攻撃力の高さは折り紙つきである。

一方のレッズは、リーグ戦では8勝3分2敗の勝点27で第2位。ナビスコカップはACL出場のため決勝トーナメントからのシードでの出場となる。中断期間は北海道小樽で短期キャンプを行い、チームとしての形の再確認を行っていたが、原口が先日練習中での指示を不服の態度をとり、チームからペナルティーとして長居遠征の帯同メンバーから外れた。よってその穴埋めはマルシオが務める事が予想される。


明日からのカップ戦はホーム&アウェーでの対戦となり、久々に「アウェーゴール」というのが試合の結果を左右する事になる。特に長居での試合は打ち合いの印象が強いだけに、もちろん勝つことは大事であるが、まずはアウェーで得点を奪い第2戦の90分間につなげられるかが、勝ち上がりへのポイントになるだろう。

キャンプを経てこれまでの積み上げをさらに進化できるか。10年ぶりの聖杯奪取へ向けての闘いが今日から始まる。


☆前試合の結果
【浦和】 Jリーグ第9節 (対仙台 △1-1)
【C大阪】 Jリーグ第13節 (対名古屋 ○2-1)

☆今季対戦
Jリーグ第10節(5/6) C大阪2-2浦和 【C大阪】【浦和

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.06.21

激高の末

いろいろと情報を得る中で、話の大筋は理解しました。

彼の行動はいくら練習中とはいえど、チームプレーの輪を乱したのは紛れのない事実。いかなる理由で交代を命ぜられたにせよ、その態度を指揮官に対して露わにするのは、プロ選手以前に一社会人としてやってはいけない事だというのは彼自身が一番知っているはず。

実力ある選手だけに、こういう形でクローズアップされるのは残念ですね・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.06.20

イタリア戦

あのイタリア相手に善戦したという見方もあれば、まだまだ力不足という厳しい見方もあったこの試合。

攻撃力不足が指摘される中、ここ最近における代表戦で3得点はなかっただけに、やはりブラジル戦での敗戦ショックが逆に発奮材料になったのではないかと思います。特に香川のゴールはすごかったですね。

これで2敗となりグループリーグ敗退が決定。最後の試合となるメキシコ戦はメンバーを変えてくるのか、采配も含めて注目ですね。


『FIFAコンフェデレーションズカップブラジル2013 グループA』
イタリア 4-3 日本(スポーツナビ)
SAMURAI BLUE(日本代表)はイタリア代表に敗れる
公式記録(PDFファイル)(いずれもJFA)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.06.18

辞任

開幕からなかなか内容と結果が結びつかず、ようやくカップ戦に入ってから、チームとして光が差し始めた矢先での辞任。

なかなか一言では片づけられない事案だとは思いますが、お疲れさまでした。

浦和レッズレディース 手塚 貴子監督 辞任のお知らせ(レッズオフィシャル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.06.17

スペシャルマッチ

昨日のスペシャルマッチは、スカパーにてテレビ観戦。

天気にも恵まれたせいか、国立に4万人超でお客さんもよく入りましたね。

試合は、佐藤寿人のいかにも彼らしいゴールで幕が開き、終わってみれば2-1でしたが、スコア以上にとてもフレンドリーでありながらも、時には体をぶつけ合って熱のこもったいい試合だったと思います。

こういう復興支援試合は、選手達も話していますが、継続が大事だと思います。徐々に記憶が薄れていく中でもしっかりとJリーグとして支援を続けていくという姿勢もそうですが、それに快く参加してくれる選手達にも感謝したいですね。


『東日本大震災復興支援 2013Jリーグスペシャルマッチ』
TEAM AS ONE 2-1 Jリーグ選抜(Jリーグ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.06.16

コンフェデ ブラジル戦

開始早々3分のネイマールのゴールは凄かったですね。

で、日本代表はそれで萎縮してしまったのか、なかなかいいプレーが見られなかったですね。もちろん中東からの移動のリスクなどはあったかもしれませんが、それを差し引いても厳しい内容だったのかな・・・と。

やはり本田や香川に頼りっぱなしというのも良くないですし、いくらブラジル相手とはいえベストメンバーでやられるとモチベーションが心配ですね。

開幕まであと1年を切る中で、アジア代表として開催国で強豪国と対戦できるコンフェデレーションズカップは貴重な舞台。だけどいきなり先制パンチを喰らった感がありましたね。

しっかり切り替えて、あと2試合で持ち味を発揮できるか注目したいですね。


『FIFAコンフェデレーションズカップブラジル2013 グループA』
ブラジル 3-0 日本(スポーツナビ)
開幕戦はブラジル代表が勝利
公式記録(PDFファイル)(いずれもJFA)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.06.14

説明会

この中断期間中、J1の各クラブはキャンプなどを行ってさらなる戦術向上を図ったり、チームによっては立て直しをしたりと試行錯誤の時期だと思います。そんな中、名古屋はサポーター向けに“説明会”を行うとの事。

趣旨としては、前半戦の総括とクラブとしての今後の方針を説明する…との事のようで、レッズで言う所の毎年恒例の「語る会」みたいな感じでしょうか。

名古屋としては初めての試みなんですねー。しかも場所が豊田スタジアムのバックスタンドとは、上手く話が伝わるのか、そして無事に仕切ることができるのか、なんともどうなるのかわかりませんね。

もちろんサポーターも言いたい事や聞いてみたい事もあるでしょうしね。

名古屋グランパス ファン・サポーターの皆様へ 説明会開催のお知らせ(名古屋オフィシャル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.06.13

表と裏

2ステージ制議論の裏で、なぜかひっそりと秋春制への移行に向けて動き出したようです。

そもそも、秋春制はここ何年も議論を重ねては先送りされてきましが、どうやらJリーグからのリリースを見る限りでは、表向きでとりあえず向く方向だけは決めましょうという感で、実際の裏側では移行に向けては果てしなく先送りに近い結論だったように感じます。

とかく、積雪が多い地域での具体的な対応策もまだなされていない状況ですし、その布石として2ステージ制導入というのがあったのだと思うので、そう考えるとまだままだハードルは高いのかな…と思いますね。

シーズン移行の時期に関する現在のステータスについて(Jリーグ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.06.12

イラク戦

そういえば、昨夜はドーハでのイラク戦だったんですね。知っている方にとってみれば色々なものが思い出してきますね…。

昨日は、NHKBSで20時から「韓国-ウズベキスタン」戦を見てから連続でのテレビ観戦。正直疲れました(笑)。

先発メンバーを大幅に入れかえて臨みましたが、なかなかチャンスが作れなかったですね。特に1トップを張ったハーフナー・マイクには、あまり怖さを感じられなかったのは自分だけでしょうか…。

ようやく終了間際の後半44分に、カウンターから岡崎→遠藤と繋いで最後は岡崎が押し込むという相手を崩した形が決勝点をなって勝ち点3を奪いましたが、指揮官も“らしくない試合”と語っていたようですね。

これで日本にとってのW杯最終予選は終了。ブラジルに移動して、今週末からいよいよ「コンフェデレーションズカップ」が始まります。厳しい日程の中での真剣勝負が続きますが、来年の本番での舞台に向けて現地で新たな発見があるといいですね。


『2014年ワールドカップ アジア最終予選 第8戦』
イラク 0-1 日本(スポーツナビ)
SAMURAI BLUE(日本代表)が、イラク代表に1-0で勝利
公式記録(PDFファイル)(いずれもJFA)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.06.11

帰浦

本日北海道キャンプが終了。選手スタッフ共々無事に浦和へ戻ってきたようです。

キャンプでの成果は上々だったようで、2週間後のナビスコカップから試合が再開しますが、とても楽しみですね。

北海道キャンプ終了、チームは無事さいたまに(レッズオフィシャル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.06.10

交流

小樽を拠点に練習が行われていますが、地元紙である北海道新聞などでその様子が大きく報じられているようです。

地元の子供達との交流も行われたようで、彼らにとっては貴重な経験になったようですね。


浦和レッズ初の小樽キャンプ ファン熱視線、小学生と交流も(北海道新聞)
浦和レッズ、小樽でトレーニングキャンプ-コンサドーレと練習試合も(小樽経済新聞)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.06.09

埼玉新聞

この週末は、東川口にある実家にちょっと所用で戻ってました。

実家では定期購読していた「埼玉新聞」。久々に買って読みましたが、今でもサッカーにあふれている内容で、自分自身もう千葉県に移り住んで5年経ちますが、やっぱりうらやましいですね。

Cimg1851 Cimg1853

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.06.06

ニューヒーロー賞

この投票結果見ると、本命は柿谷のような…。

でも、過去の受賞歴を見ると、やはり決勝戦まで進出しないと難しいようですし、柿谷が受賞するためには準々決勝でうちを破って・・・って事になるので、それはなんともね…。

仮にACL組が受賞するには、わずか5試合しかないですから、予選リーグ組よりも相当な活躍をしないと難しいかもしれませんね。

「ニューヒーロー賞」第3回投票途中集計結果(Jリーグ)


☆“遠征あれこれ”3本ようやくアップしました。お待たせしましたー。
大分遠征あれこれ
新潟遠征あれこれ
大阪長居遠征あれこれ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.06.05

北海道キャンプ

先月29日の仙台戦後、しばしのオフに入っていたレッズですが、今日から北海道キャンプに出発しました。

キャンプ地は、小樽市から毛無山を越えた赤井川村にある『キロロリゾート』。スキーシーズンだと結構有名な場所ですよね。

本来は施設内でのトレーニングだったようですが、今日のリリースで、場所が小樽市の望洋サッカー・ラグビー場に変更になったとの事。どうやら施設内の芝生の状態があまりよくなかったようで・・・。

・・・にしても、よく代替場所が見つかりましたね。はじめから押さえていたのでしょうか?

練習場所はちょっと遠くなりましたが、ケガ人が出ず充実したキャンプをこなして、来たるべくナビスコカップやリーグ戦に集中してほしいですね。

北海道トレーニングキャンプ、スタート
キャンプトレーニング会場変更のお知らせ(いずれもレッズオフィシャル)
小樽市望洋サッカー・ラグビー場(小樽市)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2013.06.04

ブラジルへの切符

とにもかくにも、引き分けとはいえ5大会連続5回目のW杯出場決まりましたね。

お互い決め手を欠く中で、後半37分に微妙な形で先制点を許した時はどうなるかと思いましたが、最後の最後でPKを誘って同点に追いつき引き分けに持ち込むんですから、やはり何か持っているんでしょうね。

それと本田の度胸というか、ものすごいプレッシャーがかかる中でPKをど真ん中に蹴り込むっていうのは、相当勇気がいるけども、逆にそれが自信の表れだったいっても、彼の場合は過言ではないでしょう。

今日はテレビ観戦でしたが、代表モードの埼スタっていうのは、いつもと違う独特の雰囲気をもっているんでしょうね。


『2014年ワールドカップ アジア最終予選 第7戦』
日本 1-1 オーストラリア(スポーツナビ)
SAMURAI BLUE(日本代表)が、2014FIFAワールドカップブラジル出場権を獲得!
試合記録(PDFファイル)(いずれもJFA)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.06.03

ヒートアップJ2第17節

今月はJ1が中断でもJ2は開催中。土曜日から月曜日にかけてJ2第17節の全11試合が行われました。

全体の3分の1を越えてこれから夏場を迎える中で、遠藤や今野ら代表選手が抜けても本命と言われるガンバや神戸はしっかりクリーンシートで終えて、しっかり勝点3を積み上げました。3位の長崎もアウェーながらもアディショナルタイムに水永のゴールで勝ち越し、上位2チームに勝点4差で追いかけています。

4位以下は京都、千葉、栃木がいずれも敗れ順位に変動はなく、その千葉に勝った山形が10位ながらも4位京都に勝点3差に迫り、プレーオフ圏内は混沌としています。そして下位に目を移すと、北九州が京都に逆転勝利。順位を20位に1つ上げ、降格&入替戦圏内から脱出しました。

今月を終えるとJ2は日程の半分を消化。上位は関西2強が強大な力を誇示してますが、3位以下は一歩抜け出している長崎の体力がどこまで持つのか注目ですね。

そして今節注目だったというか、注目されてしまったのは、「福岡-熊本」のバトルオブ九州。福岡が先制するも、後半に交代枠を使い切ってからGK水谷が負傷。フィールドプレーヤーの城後がゴールマウスに立ち、何度かピンチを切り抜けるも、9分間のアディショナルタイム中にファビオに決められて万事休す。福岡にイエロー8枚、レッド2枚が出された荒れに荒れた試合は引き分けという結果に終わりました。

次節第18節は今週土曜日に10試合、日曜日に1試合が行われます。

J2第17節 試合結果
J2第17節 終了時順位(いずれもJリーグオフィシャル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.06.01

中間管理職

今宵、テレ東の「FOOTxBRAIN」を見ていたのですが、好調の大宮を支える小倉ヘッドコーチがその要因として、「自分の役割は(選手と監督を結ぶ)中間管理職。」と言っていたのが、印象的でした。

特に外国人監督となると、さらに通訳さんとのコミュニケーションも必要になってきますし、監督が大変というより、むしろこういうヘッドコーチ格の皆さんがチームを支える一番の屋台骨なのかなぁ…と感じますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »