« ACL Matchday6 ムアントン・ユナイテッド戦プレビュー | トップページ | ACLグループリーグ総括 »

2013.05.01

【ACL Matchday6 ムアントン・ユナイテッド戦】

オフィシャルより

ACL vsムアントン・ユナイテッド
5月1日(水)、サンダードームスタジアムにて行なわれました『ACL グループリーグ第6戦 vsムアントン・ユナイテッド』の試合結果をお知らせいたします。
AFCチャンピオンズリーグ2013 グループリーグ 第6戦
2013年5月1日(水)19:00(日本時間21:00)サンダードームスタジアム
ムアントン・ユナイテッド 0-1(前半0-0) 浦和レッズ
得点者:48分 那須 大亮
入場者数:7,348人
※広州恒大vs全北現代が引き分けに終わったため、残念ながら決勝トーナメントへ進むことができませんでした。
試合速報


「旅路の終わり」

全北の結果如何とはいえ、勝たなければいけない状況において、選手達はアウェーバンコクの地で勝利という結果を出したが、そこにグループステージ突破という朗報は届かなかった。

高温多湿、かつピッチコンディションは芝が長めの状況で、パスサッカーが基本のレッズにとってはやや厳しい状況であったが、相手の状況を見極めながら慌てずにボールを展開し、徐々に相手を押し込んでいき後半早々の先制点に結びつけた。

啓太が出場停止。槙野がケガで先発が外れるというアクシデントの中、先発として起用されたベテランの坪井や若い矢島、さらに左のストッパーに起用された森脇らが奮闘したのは今後を見据えた上でも大きかった。

2008年以来5年ぶりのACLという名の旅路が微笑みの国で終わった。もちろんその中には“たられば”もあろうかと思うが、最後の2試合となる強豪の広州戦、そして灼熱のタイでのムアントン戦でしっかり勝点を積み上げて終えることができたのは成長の糧であり、そしてここまで公式戦連敗を喫していないというのがその証だと思う。

選手達は口々に敗退への悔しさと共に再びこの舞台に戻ってリベンジしたいと話していた。そうなるべく来るべきリーグ戦、そして新たなタイトルへの挑戦となるカップ戦に気持ちを切り替えて闘ってほしい。

<TV観戦>

Cimg1404 Cimg1410 Cimg1412

|

« ACL Matchday6 ムアントン・ユナイテッド戦プレビュー | トップページ | ACLグループリーグ総括 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/57297527

この記事へのトラックバック一覧です: 【ACL Matchday6 ムアントン・ユナイテッド戦】:

« ACL Matchday6 ムアントン・ユナイテッド戦プレビュー | トップページ | ACLグループリーグ総括 »