« さいたまシティカップ2013 | トップページ | 【第6節 湘南戦】 »

2013.04.13

第6節 湘南戦プレビュー

久々の日曜日開催。明日はホーム埼玉スタジアムに湘南ベルマーレをむかえ対戦する。

湘南は現在、3分2敗の勝点3で第16位。前の試合はナビスコカップ第4節、アウェーで磐田と対戦。

リーグ戦からスタメンを入れ替えて試合に臨んだものの、前半11分に駒野のクロスから前田に決められて先制を許してしまう。その後も磐田の猛攻にさらされ、後半もしばし相手のペース。最後にパワープレーから仕掛けるチャンスもあったがゴールが遠く、結局0-1で敗戦を喫した。


一方のレッズは、火曜日にACLグループリーグ第4戦。韓国全州にのりこんで全北現代と対戦。

開始わずか3分にCKから那須のヘッドで先制。さらに7分に左サイドの崩しから梅崎が決めて追加点と早々に2点をリードするものの、相手がロングボール主体の攻撃に切り替えると、フィジカルに当たり負けしてしまう場面が見えてきたが何とか前半を折り返した。

しかし後半に入り、51分にセットプレーの流れから1点を返されると、パワープレーになかなかラインを上げられず、アディショナルタイムに痛恨の同点ゴールを奪われてしまい結局2-2の引き分けに終わった。追加点を奪うチャンスも多々あったが、やはり逃げ切れる力がアジア相手には不足だったという事を痛感させられた試合だったように思えた。


全州遠征から中4日。先月末の新潟戦からミッドウィークを含めて5連戦だったが、それも明日で一旦終わる。選手起用はおそらく現有戦力での最適なメンバー構成になろうかと思われるが、特に柏木や興梠はメンタル面での疲労が気になるところ。

2週にわたって全北現代に苦杯を舐められる中でリーグ戦をこなすという厳しい日程ではあるが、それも強者に与えられる使命である。連戦中の新潟、磐田と順位こそ下のチームであったが、いずれの試合も相手の守備意識が高く、なかなかゴールまで遠かったが選手達はしっかり結果を出した。

明日の湘南戦もフィジカル高く比較的大崩れしていない相手守備陣に対して、どう攻め切るかがポイントになるだろう。難しい展開が予想されるが、連戦の最後を締める意味でもこれまで培ってきたパスサッカーと個々の能力で相手を凌駕し、勝点3を奪ってほしい。

☆前試合の結果
【浦和】 ACLグループリーグ第4戦 (対全北現代 △2-2)
【湘南】 ナビスコカップ予選リーグ第4節 (対磐田 ●0-1)

|

« さいたまシティカップ2013 | トップページ | 【第6節 湘南戦】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/57166945

この記事へのトラックバック一覧です: 第6節 湘南戦プレビュー:

« さいたまシティカップ2013 | トップページ | 【第6節 湘南戦】 »