« 第5節 磐田戦プレビュー | トップページ | ACL Matchday4 全北現代戦プレビュー »

2013.04.06

【第5節 磐田戦】

オフィシャルより

Jリーグ vsジュビロ磐田
4月6日(土)、埼玉スタジアムにて行なわれました『第5節 vsジュビロ磐田』の試合結果をお知らせいたします。
2013Jリーグ DIVISION1 第5節
2013年4月6日(土)19:04キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 2-1(前半0-1) ジュビロ磐田
得点者:26分 前田 遼一、77分 森脇 良太、90+2分 原口 元気
入場者数:23,295人
試合速報


「敗戦から得たもの」

PKを含めて多くのチャンスを得点に結び付けなかった浦和に対し、ワンチャンスをものにして先制点を奪った磐田。得点こそ0-1であっても内容は両極端だった前半。

磐田は3バックではあるものの、守備時にはしっかりディフェンスラインに5人が並び、レッズはなかなか攻撃の糸口が見出せなかった。また縦へ強いパスが生命線でもあるが、相手の前線4人のユニットに対し、中央の空いたスペースになかなかパスを通せず、阿部や啓太が揃ってDFラインに下がる場面も見受けられ、どうしてもサイドからの展開を余儀なくされた時間帯もあった。

しかし後半に入るとしっかり修正。選手が常に中央に顔を出し縦へのボールを呼び込む事で、相手守備陣を引っ張り出し、ゴールチャンスへと結びつける場面が増えた。それゆえ後半はレッズのワンサイドゲームと言っても過言ではない内容。シュート数も15-1であとは時間との問題だった。

そして実を結んだのが77分。マルシオのCKから森脇の加入後初ゴール。そしてアディショナルタイムには関口のパスから森脇のスライディング。さらに興梠のハイプレスから相手のパスミスを誘い、最後は原口のゴールと劇的な逆転劇を作り出し勝点3を手繰り寄せた。

わずか3日前の全北現代戦で敗戦を喫したものの、しっかり修正できたのは大きいしチームの力強さを感じる。敗れてこそ得たものは大きかった。そして3日後にはリターンマッチを控えているだけに、選手達にとってその思いはますます強くなるはずだろう。

Cimg1111 Cimg1165 Cimg1172

|

« 第5節 磐田戦プレビュー | トップページ | ACL Matchday4 全北現代戦プレビュー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/57118984

この記事へのトラックバック一覧です: 【第5節 磐田戦】:

« 第5節 磐田戦プレビュー | トップページ | ACL Matchday4 全北現代戦プレビュー »