« 第8節 清水戦プレビュー | トップページ | 3点差 »

2013.04.27

【第8節 清水戦】

オフィシャルより

Jリーグ vs清水エスパルス
27日(土)、埼玉スタジアムにて行なわれました『第8節 vs清水エスパルス』の試合結果をお知らせいたします。
2013Jリーグ DIVISION1 第8節
2013年4月27日(土)17:04キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 0-1(前半0-0) 清水エスパルス
得点者:64分 バレー
入場者数:37,945人
試合速報


「仕掛け」

清水のシュート数は3本でそのうち枠内シュートが1本。つまりその唯一の1本が決勝点となってしまったのだから、サッカーとは不思議でありそういうものなのである。

とかくチャンスに恵まれなかった。指揮官の言うように相手はFWバレーとGK林を除いた9人でしっかりとワイドに守備網を張り、攻撃の芽を摘んでいた。レッズもその状況を察してか距離を狭めてショートパスをつなげたり、ロングパスでサイドチェンジを仕掛けるが単発に終わることが多く、その結果ルーズボールが相手にわたり、最後は要警戒だったバレーに決められてしまったり、80分にも彼を封じるのがやっとで阿部が退場に追い込まれてしまったりと厳しい結果になってしまった。

これでリーグ戦では大宮戦に引き続き、ウノゼロでの連敗。やはり仕掛けができる原口や梅崎がケガで離脱してしまったのが大きい。専守防衛のチームに対しては、やはり個で勝負ができる選手が必要であり、これまではドリブルで仕掛けることで、相手のマークを引き剥がす狙いもあったが、今はそれができるのが槙野だけであり、いくら彼が仕掛けたところでDFの選手ゆえ前線までトライするのは限界がある。しかも今日はマッチアップしていた河合に難儀していたように見えた。

選手達もそれなりに対策を施している中で相手の策に溺れてしまったのだから、結果は結果で受け止めるしかないだろう。残念な結果に終わったが下を向いている時間はない。短い時間ではあるがしっかり修正をして、決戦の地タイヘ向けて気持ちを切り替えて欲しい。

Cimg1363 Cimg1383 Cimg1392

|

« 第8節 清水戦プレビュー | トップページ | 3点差 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/57258761

この記事へのトラックバック一覧です: 【第8節 清水戦】:

« 第8節 清水戦プレビュー | トップページ | 3点差 »