« 特需 | トップページ | 【ACL Matchday2 ムアントン・ユナイテッド戦】 »

2013.03.11

ACL Matchday2 ムアントンU戦プレビュー

名古屋戦の歓喜から中2日。明日はACL第2節。ホーム埼玉スタジアムにタイのムアントン・ユナイテッドをむかえ対戦する。

ムアントン・ユナイテッドは昨シーズンのタイプレミアリーグの覇者。グループリーグ第1節はホームに全北現代をむかえ対戦し2-2の引き分け。そして金曜日にタイでリーグ戦をこなしてからの来日となった。

近年、Jリーグとタイプレミアリーグとの交流が増え、全体のレベルも上がっている。ムアントンも開幕前に現地で磐田や湘南とプレシーズンマッチを開催し、少なからずもJリーグのスタイルは熟知しているはずであり油断は禁物だ。また、攻撃の核となるタイ代表のティーラシルの決定力に気を付けなければならないだろう。


一方のレッズは、前の試合はホームで名古屋と対戦。

前半こそ相手のハイプレスに苦しむものの、HTでしっかり修正を施した。54分に縦パスを基点に鮮やかにパスを繋げ、最後は宇賀神がファーサイドにシュートが決まり、待望の先制点を奪った。その後は、ACLを見越してか今シーズン初出場となる平川を投入させるなど万全の交代策で危なげなく試合を締め、結局1-0で勝利し開幕2連勝を果たした。


明日は中2日という過密日程も考慮してか、いくつかのポジションで選手の入れ替えが行われると予想される。特に先月の広州恒大戦でブレーキとなったマルシオが復調の気配を見せており、ここ2試合は途中出場ながらも要所要所でキーマンとなっており、期待したいところである。また運動量が激しい両翼も関口や平川の先発起用も考えられる。

広州戦こそ大敗を喫したものの、その反省を踏まえつつJリーグで連勝を果たし、選手達の自信も戻ってきた。しかしながら短期決戦となるグループリーグでは連敗は許されない。それだけプレッシャーもあるかもしれないが、巻き返す力は備わっているはずだ。あとは培ってきた力と技術をピッチで表現できればおのずと結果が出てくるはずである。

前試合の結果
【浦和】 Jリーグ第2節 (対名古屋 ○1-0)

|

« 特需 | トップページ | 【ACL Matchday2 ムアントン・ユナイテッド戦】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/56937270

この記事へのトラックバック一覧です: ACL Matchday2 ムアントンU戦プレビュー:

« 特需 | トップページ | 【ACL Matchday2 ムアントン・ユナイテッド戦】 »