« ACL Matchday2 ムアントンU戦プレビュー | トップページ | ACLグループリーグ第2節 »

2013.03.12

【ACL Matchday2 ムアントン・ユナイテッド戦】

オフィシャルより

ACL vsムアントン・ユナイテッド

3月12日(火)に埼玉スタジアムにて行なわれました『ACL グループリーグ第2戦 vsムアントン・ユナイテッド』の試合結果をお知らせいたします。
AFCチャンピオンズリーグ グループリーグ 第2戦
2013年3月12日(火)19:30キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 4-1(前半1-0) ムアントン・ユナイテッド
得点者:8分 柏木陽介、65分 関口訓充、69分 原口元気、78分 OWN GOAL、90分 シアカ
入場者数:23,246人
試合速報


「ターンオーバー」

ACL初戦の広州恒大戦を落とし、必然的に勝点3が命題付られたこの試合。指揮官は名古屋戦から先発を4人入れ替え試合に臨んだ。

相手が引き気味でかつ中央に守備を絞っていたことから、サイドを自由に展開できたが、なかなかチャンスを生かし切れない。そんな中でCKから柏木のゴールが生まれ待望の先制点を奪った。

その後、相手に退場者が出て以降は数的優位で攻め立てて、一気に3点を追加して試合を決定づけた。ただ所々でイージーミスが目立ち、決して相手を崩しきる事が出来ぬまま、終了間際に1点を返されてしまい消化不良気味ではあったが、命題だった勝点3を奪い、グループリーグ初勝利を挙げた。

決して落とせない緊迫した試合で選手を数人入れ替えるというリスクは考えられたが、指揮官は自信を持って入れ替え、起用された選手は十分すぎるほどその期待に応えたと思う。特に中盤の潰し役となった那須やゴールを奪った関口などは、フルタイム出場を果たし評判以上のパフォーマンスを魅せてくれたのではないかと思う。

今シーズンはこういう選手起用こそが、勝点3への大事な糸口となる。揺るがない戦術の下で、個々の能力と選手間のバランスを生かして試合をコントロールできれば、まだまだ輝けるはずだ。

Cimg0774 Cimg0806 Cimg0818


|

« ACL Matchday2 ムアントンU戦プレビュー | トップページ | ACLグループリーグ第2節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/56942633

この記事へのトラックバック一覧です: 【ACL Matchday2 ムアントン・ユナイテッド戦】:

« ACL Matchday2 ムアントンU戦プレビュー | トップページ | ACLグループリーグ第2節 »