« 第2節 名古屋戦プレビュー | トップページ | 特需 »

2013.03.09

【第2節 名古屋戦】

オフィシャルより

Jリーグ vs名古屋グランパス
3月9日(土)に埼玉スタジアムにて行なわれました『Jリーグ第2節 vs名古屋グランパス』の試合結果をお知らせいたします。
2013Jリーグ DIVISION1 第2節
2013年3月9日(土)16:05キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 1-0(前半0-0) 名古屋グランパス
得点者:54分 宇賀神友弥
入場者数:52,293人
試合速報


「集中のウノゼロ」

シュート数が16対6。ミシャ体制では、昨年5月以来久々の“ウノゼロ”だったが、内容からすれば完勝の展開。それだけ相手に決定的な場面を許すことがなく、選手達が90分間集中した結果だった。

前半こそ相手のハイプレスに苦しみなかなかボールを前に運ぶことができず、さらに中盤に鎮座するダニルソンの壁は厚く、その類まれなるプレーになかなか攻略することは難しかったように見えた。

しかし後半に入ると、そのハイプレスが鈍くなってくるとみるや、レッズが徐々に前へ押し込む時間帯が増えてきた。そんな中で生まれた54分の先制点も、バックラインでボールを保持する啓太に相手が食いつかないと見るやすかさず縦パスを入れて、それを興梠がしっかりと受けつつサイドにスルーパス。走りこんできた宇賀神が藤本を振りきりシュートを放ち、ゴール右隅に決めるという鮮やかな展開だった。

そして交代枠として、平川、マルシオ、那須と明確な意図を持って投入し、しっかり完封で試合を締めた。

前半こそ苦境に立たされるも、しっかり修正して結果を出した。まだ公式戦3戦目とはいえ、チームの成長を感じるし、闘ってこその自信もあろうかと思う。

1998シーズン以来、15年ぶりの開幕2連勝。そして火曜日には再びアジアの舞台が控えている。日程こそ厳しいが、まだまだ気を緩めるわけにはいかないだろう。

Cimg0724 Cimg0743 Cimg0751

|

« 第2節 名古屋戦プレビュー | トップページ | 特需 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/56920274

この記事へのトラックバック一覧です: 【第2節 名古屋戦】:

« 第2節 名古屋戦プレビュー | トップページ | 特需 »