« 2012年11月18日 - 2012年11月24日 | トップページ | 2012年12月2日 - 2012年12月8日 »

2012.12.01

【第34節 名古屋戦】

Jリーグ vs名古屋グランパス(レッズオフィシャル)

12月1日(土)に埼玉スタジアムで行なわれました、Jリーグ第34節 vs名古屋グランパスの試合結果をお知らせいたします。
2012Jリーグ DIVISION1 第34節
2012年12月1日(土)15:34キックオフ・埼玉スタジアム
試合結果
浦和レッズ2-0(前半1-0)名古屋グランパス
得点者:23分 柏木陽介、59分 槙野智章
入場者数:51,879人
*来シーズンのACL出場権を獲得
試合速報


「アジアへの扉」

試合終了の長いホイッスルが鳴ってから、しばしの静寂が訪れたスタジアム。しばらくすると来シーズンのACL出場権を獲得した旨のアナウンスが響き渡ると再び大きな歓声が沸きあがった。それはレッズがリーグ戦を3位でフィニッシュし、5シーズンぶりにアジアへの扉を開いた瞬間だった。

とかく前節、難攻不落のベアスタで鳥栖を相手に組織高いサッカーにやられて5位に転落。最終節は自分達の勝利の他に、3位4位の上位2チームの結果次第という難しい条件だったゆえ、まずは自分達の試合に集中するということが大事だった。なおかつレッズの最終節は2007年から5シーズン勝利なし。ネガティブな要素満載だったといっても過言ではなかった。

ただ、選手達は目の前の1勝。さらにこの埼スタで勝ってリーグ戦を終えるために、時にはボールに喰らいつき、時には体ごと投げ出して相手のシュートを弾いてゴールを守り、クリーンシートで試合を終えた。

この日は原口に代えてマルシオを1トップに据えて試合に臨んだ。ただミシャのサッカーは、前線3人のユニットで攻撃を展開していくゆえ特段不安視していなかったが、想定以上にボランチの啓太や阿部、さらにベテランの暢久からの縦パスやサイドチェンジがズバズバと決まり相手守備陣を翻弄させた。


他力とは言いながら勝ちきって3位で終えたのは、このサッカーを信じてブレずにやり通した選手達へのサッカーの神様からのご褒美だといってもいいだろう。それだけ選手達はミシャの教えを吸収しそれをプレーに体現させてきた。しかしこれは単なる通過点にしか過ぎない。まだまだ引いた相手に対しての対応や、メンバー固定による蓄積疲労への対応などいくつか改善すべき課題も見られた。これはしっかり修正すべきものであるし、もちろん補強も重要だと思う。

ひとまず2012年のリーグ戦は終わった。34試合3060分間+αという時間が刻んだ「15勝10分9敗」という結果は十分過ぎる成績だといっていいだろう。そして2週間後には最後のタイトルである天皇杯が控えている。だが今はしっかりと体を休めて次へ向けて備えてほしい。

Cimg0242 Cimg0249 Cimg0271

Cimg0300 Cimg0307 Cimg0320

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.11.30

第34節 名古屋戦プレビュー

3月の開幕から早9ヶ月が経ち、いよいよ明日は最終節。ホーム埼玉スタジアムに名古屋グランパスをむかえ対戦する。

名古屋は現在、15勝7分11敗の勝点52で第6位。前節はホームで鹿島と対戦。

この日は左サイドバックのDF阿部が離脱。代役にベテランの三都主が起用され彼を基点に攻撃を展開するも、開始わずか7分にDFダニエルのミスから先制点を奪われてしまう。その後はリズムを取り戻し、1トップを務める闘莉王にボールを集めるも、なかなかその先が続かずゴールが遠かったが、25分にFKから増川が体制を崩しながらも頭で決めて同点に追いつく。しかし、35分に大迫が3人に囲まれながらもシュートを放ちこれはGK楢崎が弾くも、そのこぼれ球に詰めたドゥトラに決められて再び突き放されて前半を折り返した。

後半開始から、永井、金崎を投入。ロングボールを闘莉王に集め、そこから落としたボールを狙うという手法に変えてゴールを狙う。何度かチャンスを作るものの、逆に両サイドから裏へ狙われる機会も多くみられ一進一退の展開となったがゴールネットを揺らすことができず、結局1-2で敗戦を喫してしまった。


一方のレッズは、前節はアウェーで鳥栖と対戦。

柏木が怪我。槙野を出場停止で欠くという厳しい状況で難攻不落のベアスタに乗り込んだが、開始から相手のエース豊田の高さと両サイドからの上がりをしっかり警戒し、そつなく守備をこなしていた。しかし終了間際に自陣右サイドの上がりを許してしまい金民友からのパスを最後は久々の先発出場を果たした濱田との競り合いに勝った豊田が飛び込んで先制を許してしまった。

後半に入ってもレッズは相手のバックラインの裏を攻め続けるもその後が続かず、また縦からの攻めも生かせずにゴールが遠かったが、58分に梅崎のミドルシュートが決まり同点。さあここから・・・と思っていたが、5分後の63分にクリアミスから野田に決められて勝ち越し、さらにホームベアスタの雰囲気も手伝ってか、前半こそ機能しなかったカウンターが嵌り始め78分にもダメ押しの3点目を決められて万事休す。結局1-3で敗れ3位から5位に転落し、自力でのACL出場権を逃してしまった。


明日はDFの軸となる槙野が復帰。前節怪我の影響で前半だけで交代した坪井も戻ってくるようである。ただ攻撃陣は広島戦である程度得点へイメージを掴み掛けていただけに、前節の敗退は厳しいものだった。ただ名古屋は闘莉王がDFに入るのと入らないのではその影響力は計り知れず、それは酸いも甘いもレッズの選手達が一番知っているだろう。また前節ミスを犯した相手DF陣に対して付け入る隙は十分にあるかと思う。縦への展開とバックラインの裏への展開をどう駆使できるかが、ポイントになろうかと思う。

長かったリーグ戦も明日で最後。昨シーズンと比べるとそれは天と地よりも大きい差である。今シーズンは指揮官が変わり、サッカーの内容も劇的に変化した1年で、最初こそ相手を凌駕する内容と結果を残したが、やはり研究されると厳しい状況には変わりない。ただ選手達のコメントを聞いてもまだまだこの先も延びしろがあるものと信じたい。

まだこの先も天皇杯が控えており、とかく終わり良ければ・・・という思いもあるが、レッズはここ5年リーグ最終戦を勝っていないのが現実である。ただそれを振り払うためにも難しい相手であろうが、今シーズンミシャサッカーで培った力を十分に発揮して勝点3を奪ってほしい。それがミシャに対する感謝の気持ちでもあり、来シーズンへの期待でもある。


☆前試合の結果
【浦和】 Jリーグ第33節 (対鳥栖 ●1-3)
【名古屋】 Jリーグ第33節 (対鹿島 ●1-2)

☆今季対戦
Jリーグ第8節(4/28) 名古屋1-2浦和 【名古屋】【浦和

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.11.29

特別警護隊

暴徒化を防ぐために、プロレスラーを配備ですか・・・。

でもそれ以前に「非常事態」を招かない試合にならないようになってほしいですねー。

暴徒化許さない!磐田―G大阪戦 現役プロレスラーも出動(スポーツニッポン)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.11.25

鳥栖遠征あれこれ

J2で対戦した2000年以来、12年ぶりの鳥栖遠征を振り返りますー。


昨年の福岡戦以来の九州遠征。今回は事情で日帰り往復という事で、朝早くの出発。

出発はいつもの新鎌ヶ谷駅。5:03発の野田線船橋行きに乗車。
Cimg0031 Cimg0033

5:15船橋駅着。5:21発総武線快速に乗り換え。
Cimg0035 Cimg0036 Cimg0039


続きを読む "鳥栖遠征あれこれ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年11月18日 - 2012年11月24日 | トップページ | 2012年12月2日 - 2012年12月8日 »